2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.08.02 (Thu)

カメ】仲間が増えました【屋外組

090802a.jpg

まずはタマとカク。カクがまたおっきくなっちゃったー(ぇ
ウソデス。たまたま用水にいるのを見かけたので補角したクサガメです。
18cmのオオモノです。
右肩あたりの甲羅が大きく欠けてました。怪我したのか噛まれたのか。
前に捕まえた15cmくらいのと違い、こちらはしっぽは完品(’’


カクがメスならこんな大きさになるんだなあ。
でもオスな気がする。オスだと攻撃的になるかもだから
そうなったら別居かなあ。どうなるかなあ。







090802b.jpg

りりしいお顔。くちばしが削れてまるっこくなってます。
これ飼ってるカメではなりにくいんだよねえ、あんまり固いモノ食べないから。
時々タニシでも与えてみるかなあ。





090802c.jpg

さて、こちらが本日の主役。
これも用水で捕まえたヤツなのですが、甲長5cm程度のクサガメちゃん。
このサイズのクサガメが用水で見つかるのはマレです。
さらにこのクサガメ、甲羅の色が非常に薄いレアカラー。
最初はイシガメとのミックスのウンキュウかと思いましたが、
甲羅の色が薄い以外にイシガメの特徴は見受けられないので多分、
色の薄いクサガメなんでしょう。






090802d.jpg

さっきと同じに見えますが、実は別のカメ。同じ両親の兄弟じゃないかなあ。
近くにいました。こっちのほうが一回り小さいです。
大きい方はビックリすると手足をにゅっと伸ばして面白いです。
こっちは閉じこもったまんま(’’

屋外のキミミガメと同居してもらいます。
大きくなったらスペース拡張しなくては・・・。






090802e.jpg

以前捕獲したキミミガメは元気元気です。
まだ懐いてはいませんが、エサにはよく食いつきます。







そして、写真なしですが・・・屋内のろ過装置がパワーアップしましたー。
前まではろ過はテトラのEXパワーフィルター60、あと攪拌用にe~ロカを
使っていましたが、今回新たにEXパワーフィルター90ユーロを導入!


内容は60に近いのですが、濾過槽が2つから4つで2倍になっています。
60もそのまま継続利用することでろ過能力3倍に!
ということで、試験的に生物ろ過に挑戦してみることにしました。


上手く回ればさらに水替えの手間も減らせます。
今までは物理ろ過・吸着ろ過しかしてなかったので有機物は一切分解されませんでしたので掃除で対応をしていました。これでどうなることやら。
ちゃんとろ過が回るようになるまで数週間はかかります。
この辺の数字は試験紙を使ってキッチリ計測していきたいと思います。
スポンサーサイト
23:38  |  カメ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)  |  Top↑

2007.08.22 (Wed)

写真】恐竜大陸 in ポートメッセ名古屋

ひさびさの写真ネタですねー。
行ってきたのはお盆の8/14だったりします。
ポートメッセ名古屋の恐竜大陸。9/2までやってます、たしか。

半分化石で半分動く恐竜の模型でした。
でも化石は結構大きいモノもあって見応えはりましたねー。


090822a.jpg
8/14 恐竜大陸(ポートメッセ名古屋)
23:48  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.08.24 (Fri)

メダカ】三代目誕生

いやー、ついにこの時がきたかーって感じです。
カメのエサだったカダヤシが稚魚を産んだのが事の発端、
30cmキューブ水槽でメダカを買いだし、メダカが稚魚を産み・・・
そしてその稚魚が育ち、産んだタマゴから三代目となるメダカが
誕生しました!





090824a.jpg







二代目の時に追加でヒメダカを買ってきて、ヒメダカも早々に
二代目を産み、クロメダカの二代目とヒメダカの二代目を
一緒に飼育していました。

多分、ヒメダカとクロメダカのミックスがいるはずです。
今のサイズではミックスだかなんだかサッパリですがw
成長したら違いがでてくるかなー。ワクワクですよ(*´ω`)


090824b.jpg









以下おまけ。
090824c.jpg

ピンボケでよくわからない写真ですが、エビが交尾してました(´ω`)
上から乗るんじゃなくて正面から取っ組み合うんですなー。


090824d.jpg

さらにもう一匹オスが寄ってきました(黄色いの)。大人気ですた(´ω`)
01:54  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2007.08.30 (Thu)

熱帯魚】新カテゴリ登場~

最近、家中の大掃除で台所の流し台変えたりレンジ変えたり
トタン屋根張り替えたりいろいろやってたんですが、
この度玄関の下駄箱も変えまして、これまで玄関の段の
上まで置いていた分が不要となり、その部分がポッカリ空いたんですよ。

そこで今回、ついに60cm水槽でマジメに熱帯魚を飼ってみることにしました!



実際作業に取り組んだのは29日からです。
全部ネット通販で買いました。これだけ大荷物だと送料無料だから安いです。
0908290a.jpg

一番奥が水槽台、手前に水槽セットと楽天の箱には底砂。
その手前がフィルターです。


水槽セットは楽天のビオトップジャパンで20点セットをお安く売っていたので
そちらで購入しました。
◆こちらのセットです◆
GEXのラピレスRV600のエクストラ9+2点セットという商品がベースで、
それに+9点追加したオリジナルセットです。

どうも、ラピレスRV600セットが新パッケージになったようで、
残った旧パッケージにオススメパーツをセットにして格安にした感じです。
新エクストラ9+2点セットのお値段が約1万円で20点セットは12000円。
値段が2000円の違いで付いてくる追加オプション9点は軽く見積もっても
5千円を上回る内容です。いらないモノもありましたが、おおむね満足。

フィルターは別で外部式買ったので、セットの上部フィルターあまってます(´・ω・`)







090829a.jpg

一通り組み立て完了して水も張りました。
実は水槽が明るすぎて回りが真っ暗になってしまったので、今回だけ
水槽内だけ暗めに写した写真を合成してみました。
横の壁がやったら明るいのはそのためw


29日はここまで。30日は水草を買いに行きました。









090830a.jpg

そしてこうなりました~(’’
合成はめんどいので水槽に明るさを合わせていますw
まだ小さいし少ないけど、これからニョキニョキ伸びて増えてくれるでしょう。

浮かんでる袋は別水槽で長いこと使っていた活性炭ろ材です。
バクテリアが住み着いているのでそれを水槽に入れておくことで
バクテリアをこの新水槽に繁殖させています。




ここで水槽システムのご紹介。

水槽:GEX ラピレスRV600(60cm曲げガラス水槽)
  フロントサイドに柱がなく、曲げガラスとなってるオサレ水槽


底砂:田砂
  たずなと読みます。田んぼの土から粘度質を取り除いたモノらしい。
  砂粒が非常に細かく、また角が立っていないので底を這う生き物に最適。


照明:GEX CL632(20wx2灯)+SUZUKI ファンシーライト(20w)
  エクストラセットに付いていたCL632と以前カメの紫外線灯に
  使用していたファンシーライトを併用し20wx3の強光量。


ろ過:テトラ EXパワーフィルター75ユーロ
  ネット通販のアクアショップCHARMで限定特売5250円(送料込)でゲッツ。
  中のろ材は
  上段:ウールマット+活性炭+ブラックスポンジ(標準)
  中断:サブストラットプロ スモール(20点セット品)
  下段:グラスリング+ブラックマット(標準)

  中断だけ変更しました。サブストラットプロは買うと高いけど
  生物ろ過用のろ材としては定番といえる人気商品です。

  EX75ユーロを底面フィルターに繋ぎ、底面から排水の吹き上げ式に設定。
  底砂の田砂は目が細かいために通水性が悪く、奥底が
  無酸素状態になりやすいという欠点があります。
  新鮮な水を底面から吹き出す今回の方式はこの欠点克服に
  非常に有効な手段なのです。また、底砂の通水性がアップし、
  水草の調子もよくなります。
  ※無酸素になると嫌気性バクテリアが活動し、窒素ガスを放出、
  これが生物に害を与えることがあります。



ヒーター:コンパクトホットパックスリム 150w
  セット付属の150wヒーター。温度調節の出来るスグレモノ。
  欲を言えばヒーター部が壊れても付け替えで対応できるタイプのがよかった。
  来年壊れる前に検討すればいいか。


水槽台:ビバリア ツインキャビネット
  ビオトップジャパンで一緒に購入。低価格なのに扉に柄がついてて
  オサレ。◆商品写真はこちら◆
  トビラの中にEX75ユーロを設置。


その他:エアポンプは水心。これは静かで絶対オススメ。
    セット品はうるさかったので使ってません。
    エアストーンはチューブみたいになっててカタチを動かせるヤツ。
    60cm用を買ってきたら長すぎて曲げて使ってます。45用でよかった。
    あとは◆この◆冷風ファンで水温対策。





次は今回導入した水草のご紹介~~


090830b.jpg

右から行きましょう。ワリと定番の種類、ウォーターウィステリア
葉っぱがモサモサしてる水草です。コリドラスを入れるなら、
こういう隠れ蓑になる水草があるといいということで入れてみました。





090830c.jpg

二本目。確かレッドルドウィジア。赤い葉っぱがカッチョイイ水草です。
赤い葉っぱってのは植物として不利らしく、ある程度環境がよくないと
すぐ色が薄れたり緑になったりして飼育が難しいそうですが、
この種はワリと簡単に赤色の水草が楽しめるそうでっす。






090830d.jpg

前の二枚にも写ってましたヤツですが。3枚目、ウォーターバコパ
BAKOPAです。BAKOBAでもPAKOPAでもありません。
まるっこく、鮮やかで、厚めの葉っぱが美しい定番の水草です。






090830e.jpg

4枚目。後ろのヤツです。赤っぽいヤツです。ロタラ・インディカ
これも赤系の中ではお手軽として有名な種類です。
光の明るさが足りないと赤色が薄れやすいんだそうです。
ウチの水槽だとどうだろうかなー。





090830f.jpg

お次はこのねじれてるヤツ。これで正常です。こういうやつです。
スクリューバリスネリアといいます。まっすぐなバリスネリアもありますが、
マッスグ伸びるとそこいらの川辺に生えてる雑草みたいで・・・(’’;





090830g.jpg

はい、さっきからチラチラ写ってたヤツ。
30cmキューブに入っていた流木+ウィローモスです。
30キューブには大きすぎたのでこちらに持ってきました。




090830h.jpg

水槽システムのところで書いたエアストーン(?)。
長すぎるので巻いています。この黒いのからブクブクと出てきます。








090830i.jpg

水槽で発生する中で一番ヤッカイとされるクロヒゲゴケ
流木についていたので酢を二倍に希釈してティッシュで塗りつけてやりました。
そしたらその部分が真っ赤になってました。効果あり!?
上のほうに塗りもらしがあったようなので明日にでも塗っておきます。






090830j.jpg

最後に。パイロットフィッシュのメダカくんx2。
水槽内のバクテリアが繁殖するにはアンモニアとかが必要なわけで、
生物のいない水はいつまでたってもアンモニアが発生しません。
というわけで、魚をちょこっと泳がせるのです。



本格的な熱帯魚の投入は来週になります。
魚も通販ですでに注文済みです。
来週をお楽しみにっ(`・ω・´)+
23:17  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。