2007年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.06 (Thu)

熱帯魚】お魚到着~~

090905a.jpg

まずは今朝の水槽の様子。
水槽表面に糸状のコケが張り付いてました。
あと水草の配置を若干変えたくらい。
水が減ってますね。ファンで気化熱を出すために蒸発したためです。







090905b.jpg

到着したお魚さんたち。
ナマモノ・・・いやイキモノだw
購入の品目単位で袋に入ってました。
10匹セットで売ってるものは10匹1袋、1匹ずつなら1匹1袋。
なんかメンドいやり方だなあw







090905c.jpg

第一陣の水合わせ中。
熱帯魚は水質が一気に変わると体調が悪くなっちゃうのです。
そこで、点滴により少しずつ水質を変えていってやるのです。
3つ又のところのコックで水滴量を調整できます。






090905d.jpg

およそ3時間の点滴による水合わせの後水槽へ放流。
この際、水合わせに使った水は使わないようにしましょう。
病原菌がいたりすると一緒に混ぜ込んでしまうことになります。







090905e.jpg

第二陣も同じように水合わせ。
合わせ終わったら水槽へ魚だけを移し完了です。







それでは、我が家にやってきた熱帯魚をご紹介しましょう~~









090905f.jpg
エントリーナンバー1:グリーンネオン 10匹導入

熱帯魚の定番、ネオンテトラを始めとするカラシンの仲間です。
ネオンテトラとの違いは、下半身の赤身がなかったり薄かったりと、
ブルーのラインが尾びれの付け根まで続いていること。
ネオンテトラは途中で消えています。
見た目以外の違いとしてはネオンテトラより草食よりで、水草も食べます。
生態的にはネオンテトラより若干弱い程度で、さほど気にするほどではないですが、本来なら水槽立ち上げ一週間より数ヶ月経ってからの方がいいようです。我が家のグリーンネオンはどうなることやら。





090905g.jpg
ピンボケ写真です(´・ω・`)
グリーンネオンを水槽に移したら、まずは奥角で隠れてました。
その後、群泳しながら水草の裏を泳いでました。
濃く鮮やかなブルーのラインが映えます(*´ω`)










090905h.jpg
エントリーナンバー2:グローライトテトラ 10匹導入

銀色のボディにオレンジと黒のラインが入ったテトラです。
白っぽいプラケースから出たばかりのせいか、色が薄いですが、
濃い色につられて体の色素が濃くなるとこのオレンジが映えます。












090905i.jpg
エントリーナンバー3:オトシンネグロ 3匹導入

コケ取り役として有名なオトシンの中でクルスに次いでポピュラーなネグロです。
オトシンは人工のエサを食べず餓死してしまうケースが多い魚です。
ただ、ネグロは比較的食べてくれやすいそうです。
とはいえ全部のネグロが食べてくれるかどうかはわかりませんので
確認とれるまで油断できません。
しばらくはコケで大丈夫そうですが・・・。
飼育についてはオトシンクルスよりオトシンネグロのほうが飼いやすいのですが
オトシンネグロはショップではなかなか見かけないのが現状です。
そして少ないワリには安いのがネグロの謎。




090905j.jpg

水温計についたコケをさっそくモフモフしているネグロ。
彼らの働きに期待する(´・ω・)ゞ










090905k.jpg
エントリーナンバー4:コリドラス・メタエ

コリドラスは略してCo.って書かれたりします。
上の写真の発泡スチロールの中の袋もCo.メタエになってます。
白・薄黄色と黒のツートンカラーと、コリの中でも寸詰まりな
コロっとした体型がカワイイヤツです。
水槽にいれたトタン、物陰に逃げ込みなかなかでてきません。
かなりの臆病者らしいです。
でも物陰で砂をモフモフしてました(*´ω`)

田砂はコリドラスと、今後導入予定のある魚の為にいれたものです。
いわゆる底モノってヤツです。
砂ごとエサを含んで、砂だけをエラからはき出す、エラ吐きが
この種の魚の観賞の楽しみでもあります。









090905l.jpg

以上26匹でお送りします。ヨロシクお願いします!(´・ω・)ゞ
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

00:04  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(4)  |  Top↑

2007.09.13 (Thu)

熱帯魚】第五の魚

まずは今日の水槽の様子から。






090913a.jpg


ウォーターウィステリアが伸びてきたかなー?
あと、全体的に粘性のコケがついてきちゃっています。
原因はわかってます。植えたばかりの水草は水に馴染むまで
栄養をとらない状態になるのにかかわらず、肥料をあげてしまったせいです。
ついウッカリ忘れていれてしまいました。
しばらくコケとの戦いにもなるかもしれません(´・ω・`)









090913b.jpg

オトシンネグロ。クリクリっとしたお目々がカワイイヤツです(*´ω`)
コケコケしてる石シェルターの上をモフってます。
オトシンの食料には困らずに済みそうか(´・ω・`)







090913c.jpg

人前では絶対表にでないCo.メタエ小隊。離れたところで様子をみていると
左奥隅で上に昇ったり降りたりしてました。遊んでるんだろうか。
そういえばその真下辺り、底面フィルターからの水が
わき水っぽく出ていてちょっといい感じになってました。








090913d.jpg

水草のロタラ・インディカ。なんか下の方の葉っぱが溶けちゃってます。
肥料がマズかったのかなあ・・・マツモは伸び伸びなのに(´・ω・`)







実は先週、病気予防としてテトラバイタルヨウ素殺菌筒を導入していました。
魚の導入で一番コワイのが病気と、その感染ですからねえ。

ヨウ素殺菌筒というのはフィルターの中や入り口出口に取り付けて
水が通ってそこに病原菌がいた場合、ヨウ素を放出して殺菌するという
ちょっと変わった殺菌アイテムです。
◆こんな◆やつです。フィルターの吸水口に取り付けています。

結構いいお値段しますが、魚たちの健康の為です。
未熟な私ではまだ病気の魚を立ち直らせることが出来るか不安なので、
病気にならないよう出来る方向で尽力しています(`・ω・´)


テトラバイタルはビタミンによる粘膜保護とヨウ素による殺菌効果です。
こちらは液体を水槽に投入するタイプ。これで水槽内の病原菌は
ほとんど死滅していると信じよう(´・ω・`)






と、水槽立ち上げから2週間、ヨウ素殺菌を開始して一週間と
なんとか準備整ったかな~ということで、新入り導入です!
熱帯魚を飼っている人には結構オナジミ、
ゴールドなボディに黒く太いバンド、そして真っ赤なヒレを備えた
その派手な外見から名前がつけられた・・・

エントリナンバー5:クラウン・ローチ 三匹導入
です!








090913f.jpg













090913g.jpg














090913h.jpg















090913i.jpg















090913j.jpg








え~・・・と言うわけでっ(?)
新入りさんはCo.メタエ小隊に負けない臆病なお魚さんです(´・ω・`)

生物的な補足に入ります。
クラウン・ローチ。ローチとはズバリ「ドジョウ」
東南アジアに生息するドジョウの仲間なのです。
どう見ても普通の魚、どっちかと言えば鯉の類にすら見える外見で
ドジョウの仲間というちょっと変わった魚です。
しかし、土をほじくってエサを探したり等、ドジョウ的な行動をします。
寝るときには横たわって寝るなど、一般の魚ではあり得ない姿をするため、
知らずに飼うと死んでいるのではないかとビックリします。

大きさは60cm水槽内で最大10cmちょいくらいまでは育つようです。
飼育スペースの広さ等、環境次第では30cmや40cmにもなります。
時々輸入でジャンボサイズが入ってくるそうです。


ローチ・ボーシャ等ドジョウの類は結構気性が荒く、混泳には向かないと
言われていますが、その中でクラウンローチは上の通り臆病で
比較的穏和な為、混泳も結構出来ます。エビの類はローチのサイズ次第で
エサとなってしまうこともありますので注意。
また貝類は好物です。その為スネール(勝手に増える雑貝の総称)退治には
バツグンの効果を発揮します。

飼育するときは複数匹同時にいれてやると群れをなして泳ぎます。
というか臆病なので一匹だけというのはやめてあげましょう(´・ω・`)
また、白点病に非常にかかりやすいので注意して見てあげましょう。







090913k.jpg

というわけで、新入りクラウンローチもヨロシク(´・ω・)ゞ
これで当初予定していた魚全種類導入完了。
あとは様子をみつつ考えます。



これで合計29匹になりました!
と、言いたいところなのですが・・・
どういうワケかグリーンネオンが8匹しか見あたらない(´・ω:;.:... 
2匹が行方不明。死体も見ていません。ミステリーだ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そんなわけで?とりあえず27匹になりました。
クラウンローチやグリーンネオンは今後大きくなるのでしばらくは
この数で様子見します。ある程度大きくなって余裕がありそうなら
追加も考えます。グリーンネオンだけ追加あるかも?(´・ω・`)

テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

22:53  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(3)  |  Top↑

2007.09.17 (Mon)

カメ】祝!一周年

月日が流れるのは早く、あっという間でございます。


今日で、タマが我が家にやってきて1年が経ちました!
(日付変わっちゃったので昨日ですネ)

思えば1年前、発泡スチロールに梱包されてやってきて、
初めは死んでるんじゃないかって思うほどガリガリで軽石のように
水にプカプカ浮いていたものです。

どうみても栄養失調状態で、マブタが腫れる炎症を併発しており、
栄養剤を溶かしたぬるま湯の入ったバケツでエサをやりつつ
翌週には病院へ連れて行ったりもしました。


環境がストレスにならないように最初は水も陸もOKな環境を用意して、
陸にダンボールのお手製カメハウスを作ったりして、
毎晩そこで寝てくれたのは本当に嬉しかったです。
お陰で水替えは夜、カメが寝てからすることが出来ました。


最初はレプトミンは食べるんだけど、他のエサや乾燥エビにすら
見向きもしないのでオソロシイ偏食家だったらどうしようかと
思案もしたものです。

今では元気いっぱい、エサもなんでも食べるリッパなマレーハコガメに
成長しました(*´ω`)
それもこれも、インターネットなんて便利なものがあり、
先人の方々がネット上に記してくれた情報のお陰です。

やっと1年、しかしまだたったの1年です。
健康に育てばこの先20年30年と付き合っていくことになりますが、
最後まで決して手放さず飼育していきたいと思いますので
今後ともよろしくお願いします(`・ω・´)+




オマケ:1年間の系譜

090916a.jpg

我が家にやってきた日のタマ。
あまり動きませんでしたが、初日からエサは食べてくれたので
比較的楽にスタートできたと思います。

むりやりバスキング台に乗せて写真撮りました(´・ω・`)
自主的なバスキングをするまでは一ヶ月かかりました。



090916b.jpg

水陸両用のセッティングから一点、水棲スタイルに。
両用スタイルでも普段は水の中に居たため、水の中が好きと判断しました。
水が深く広くなり、元気に泳ぎ回るようになりました。

写真はさらに水場スペースを広げるべく作った、
今も続いているガレージ型の陸場のスタイルのものです。





090916c.jpg

飼育から半年経ち、最初に使った紫外線蛍光灯の交換時期に、
初期費用は高いけどランニングコストと紫外線量、光量で勝る
メタハラを導入しました。併用していた熱源用のバスキングランプも
一緒に取っ払いました。十分な熱量が出ておりメタハラ1つでOK。

ライトを交換して光がまったく変わった翌日からも何食わぬ顔で
バスキングしていました。図太いヤツだ(´ω`)





090916d.jpg

新たな仲間カクを迎え、あまりのサイズ差にカクがタマのエサになったり
しないだろうかとビクビクしながら一緒にしてみましたが、
今現在に至るまでケンカすることなく仲良く一緒にやっています。

最初は4cm程度だったカクがあっという間に大きくなった為、
衣装ケースでは狭く感じるようになり思い切って90cm水槽に変えました。

そして今に至ります。
今後はどのようになっていくのでしょうかねー。楽しみです(´・ω・`)
00:32  |  カメ  |  Trackback(0)  |  Comment(5)  |  Top↑

2007.09.22 (Sat)

カメ】最近のタマ

まずは夜。






















090922b.jpg

でーん。
だらけきった下半身がオヤジのようにも見えます。
これでもレディみたいですよ?タマは(’’
一年経ってスッカリユルんできたようでw



そして、次が今朝の様子。
























090922a.jpg


親ガメの上に子ガメ状態w
気のせいかカクが誇らしげです。タマはあんまり気にするようでもなく
マイペースにバスキングしていました(´・ω・`)

ところでカクの顔の横、乙って書いてありますね。
小さい時から気づいていたんですが、大きくなっても変わらないようです。
ただ、カクは多分オスなのでいずれ消えてしまうでしょう(´・ω:;.:... 

テーマ : 爬虫類 ジャンル : ペット

22:45  |  カメ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2007.09.28 (Fri)

写真】アクアトトぎふ

岐阜県にある世界最大級の淡水魚水族館。
岐阜は海がないため海水魚の水族館はムリだけど、
淡水魚ならキレイな木曽川の水を使える、ということでしょう。

なかなか見応えがあり、さらに木曽川水園もあるため、
見応え十分でした(*´ω`)



070927/アクアトトぎふ
070927/アクアトトぎふ by (C)MNW
02:19  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。