2008年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.07 (Fri)

カメ】この子、泳ぐんです

先の記事でもふれましたが、地を這うカクに対し、新入りはしっかり泳ぐんです。
でも、ある程度以上の水深を維持できないといずれカクみたいに泳がなくなるのかなぁ。





080307a.jpg
脱皮してる皮をひらひらさせながら泳いでます。












080307b.jpg
水面付近もなんのその。
というか、こいつは用水の水面付近を泳いでいるところを捕獲したので
泳げるのは当然なんですけどね。

それにしても、いつのまにやらすっかり私の存在にも慣れたようで、
このようにエサクレダンスを見かけるたびにしてくれちゃってます。
陸場での日光浴も毎日しています。たいした肝っ玉です。












080307c.jpg
それにしても名前どうしようかなー。
色白だからハクとか?ちなみにメスです。確定です。
スポンサーサイト
00:40  |  カメ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)  |  Top↑

2008.03.18 (Tue)

写真】K20D試写【カメ・メダカ・熱帯魚

いやー、高感度ノイズが少ないということで、室内撮りが多い私にとっては
K20Dはすんごい興味をそそるカメラだったのですが、確定申告の結果
予定よりも7万円も安く済んだので、勢い余って買ってしまいました(’’*
通院費で予想以上に医療控除が受けられたおかげです。
逆に控除がなかったら予想以上の額になっていたっぽい(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

今年から見直しになった確定申告はバカにならんぜ・・・。




さて!気を取り直して、K20Dで我が家のナマモノたちを撮りまくってきました!
ついでにちょこっと、新機能の一部もテストしてみました。
ざっとやってみた感想、K20D・・・使える!(`・ω・´)+





080318a.jpg
はい、まずは熱帯魚水槽の全景写真。
いつも通りですね。ロタラ・インディカとウォーターバコパがかなーり茂ってきました。
ウォーターウィステリアもものすごいことになってきています。
そろそろトリミングだけじゃなくて廃棄も必要な感じです。

さて、ここで新機能のひとつ、ダイナミックレンジ拡張を試してみたいと思います。

ダイナミックレンジ拡張とはその名の通り、ダイナミックレンジを拡張する機能です。
ダイナミックレンジとは写真に収まる明るさの幅、といったらいいのでしょうか。
たとえばよくある逆光写真。肉眼にはちゃんと相手の顔が見えるのに、写真に撮ると
ほとんど真っ黒で顔がよく見えない、なんてことありますよね。
なんでそんなことが起きるのかというと、人間の目が認識できる白~黒の幅と、
カメラが認識できる白~黒の幅が違う、つまりはダイナミックレンジが違うからです。
当然カメラのほうが狭いです。人間の目は優秀なんですねー。

ダイナミックレンジが拡張されるということは、カメラが認識できる白と黒の幅が
より広がる、ということを意味しています。百聞は一見にしかず。
では実際に拡張した写真を見てみましょう。




080318b.jpg
これがダイナミックレンジを拡張した写真です!
・・・・何が違うのかわからないデスカ?(’’

ダイナミックレンジ拡張は白と黒の幅を広げるものです。なので、
もともと範囲に収まっていた中間部分はかわってはいけないので、
ほとんど見た目の変化は現れません。

と こ ろ が

この写真の中で確実に変わっている部分があるのです。
そこだけを拡大してみましょう。







080318c.jpg
上記写真左側のウォーターウィステリアの葉っぱです。
こっちはダイナミックレンジ拡張OFFになっています。
K10Dもこんな感じだったのですが、見ての通り照明が照り返った葉っぱが真っ白に
色が飛んでしまっています。・・・もうおわかりですね?




080318d.jpg
こちらがまったく同じ設定でダイナミックレンジ拡張ONにした写真です。
見ての通り、照りかえって真っ白になった葉っぱに階調が現れました!
200%までの拡大で、それでも足りていないようでギリギリもいいとこですが、
それでもダイナミックレンジが広がっていることがハッキリ見て取れます。




さて、次にK10Dと比べハッキリとした強化ポイントその2、ISO感度拡大。
と、いきたいところですがすみません、K10Dの撮り比べわすれました。
それはまた次回ということで。
とりあえず純粋にISO6400のパワーがわかる写真を用意しました。

080318d2.jpg
こんな感じです。エアストーンから出てくる気泡の形状で
シャッター速度による写りの変化、被写体ブレの差が明確にでています。
ISO6400は気泡が止まって見えます。水族館でISO1600でも撮れなかった写真が
K20Dなら撮影できそうです。これは期待(’’*


あと、K20Dにはレンズごとのピントのズレを調整する機能がついてます。
私も詳しい原理はわかりませんが、オートフォーカス時にカメラやレンズ原因で
ピントの位置が毎回ちょっと手前だったり後ろだったりするものがあるんです。
ズレてるかどうか知るには土壁みたいなものを解放で撮影して、
被写界の中心を探れば簡単です。フォーカスポイントは当然中心で。
撮影してみるとなぜか真ん中にフォーカスがきてなかったりします。
そういう場合、普通は修理だしになるんですが、K20Dはプログラムで
調整出来るようになってるんです。

ウチのカメラかレンズは見事に前ピンになっていて、この機能が早速役立ちました(’’*
かゆいところに手が届くK20D。ステキです(’’b






ではここからは純粋にK20Dで撮った写真を並べていきまーす。










080318e.jpg
まずは熱帯魚水槽のグローライトテトラ!
どうですか、この解像感。








080318f.jpg
こっちはグリーンネオン。かなり露出落としたのに
それでも青色が飽和しちゃっています。
そしてこれ、等倍に近いぐらいまで切り抜いています。なのに全然ノイズなし。
これはスゴイ。








080318g.jpg
こっちもグリーンネオン。鮮やかな青が相変わらずステキです。


あと、悲しいお知らせ
銀色モーリーと、クラウンローチの一匹がお亡くなりになりました。・゚・(ノД`)・゚・。
銀色モーリーは最近オスの黒モーリーたちにつつかれまくって衰弱していたのを
隔離していたのですが、元気が戻ったと思い戻したところ、再び彼らの猛攻を受けて
死んでしまったようです。オス4に対しメス1というのは過酷な環境だったようです。

クラウンローチの一匹はある日気づいたら身体がもう真っ白でした。
まだ泳ぐ元気はあったのでガンバって捕獲して隔離してグリーンFゴールドで
薬浴させていました。数日は白いのが落ちてきて直ってきていると思ったのですが、
ある日を境に再び全身真っ白に覆われ、その後回復することなく息絶えました。
症状からみて白雲病だったと思われます。








080318h.jpg
はい、メダカ水槽です。
ミナミヌマエビです。一時期死滅しかけた彼らはかつての繁栄を取り戻しつつあります。
・・・また減らさねば(´・ω・`)













080318i.jpg
コリドラス・パレアトゥスです。今日も元気に底をもふもふしています。











080318o.jpg
メダカ三世たちも元気にしています。
コイツはヒメダカっぽいんですが、ヒというよりキイロメダカって感じになっています。









080318j.jpg
最後にカメ水槽です。
もうすっかり皮膚はよくなりました。結局脱皮だったっぽいw
最近気づいたんですが、コイツは口の裂け目?のところに黄色い斑がついてて
カブキの口元の化粧みたいになっています。
それにしてもキレイな茶色い甲羅です。









080318k.jpg
タマです。15cm目前になってから急に成長が止まりました。
たぶんそういう時期なんでしょう。元気なんで問題はなさそうです。
フンもこないだ5cmくらいの長さのものをしてたのでお腹の調子もよさそうです(’’










080318l.jpg
カクの写真も載せたかったんですが、今日は手前に来てくれませんでした。
また後日ということで(’’









080318m.jpg
これはISO6400の写真です。肩?のところを見てもらうと
ノイズが載っているのがわかると思います。
ですが、全体的な発色バランスはかなり良く、使えないことはないと思っています。






080318n.jpg
こっちはISO1600。
K10DのISO1600とは比べものにならないキレイな写真です。
これくらいのノイズなら常用出来そうです(’’*


とりあえず今日のところはこれまで!
ダイナミックレンジ拡張は桜の撮影にも効果を発揮すると期待しています。
また、画素数が1010万画素→1460万画素と4割増になったことで、等倍切り抜きの
相対的倍率が高くなることによる望遠撮影の強化もこのカメラ期待のポイントです。
次の満月でも撮影してみてK10DとK20Dのそのへんの比較をしたいです(’’*
19:30  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2008.03.21 (Fri)

カメ】足ピーン

080321a.jpg
クサガメ夫婦(?)でのんびり日光浴。
荒れに荒れたファーストコンタクトがウソのようにおとなしく共生しています。
ところで、カクの後ろ足・・・。おもいっきり宙に浮いていますw

タマはその体型からかこういうポーズはとったことないんですが、
野生のアカミミやクサガメは時々やってるのみかけるんですよね。
結構姿勢維持大変だろうに、なんでそうまでして足ピーンやるんだろう(’’








090524d.jpg
前に撮ってきた野生カメ写真にもこうやって足ピーンしてるのがいましたね。












080321b.jpg
その翌日もカクはやっぱり足ピーンしてました(’’
23:32  |  カメ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)  |  Top↑

2008.03.27 (Thu)

春ですねー

080327a.jpg

家の真ん前の用水にツクシが生えてましたよ。
コンクリとアスファルトの隙間からです。たいした生命力です。

今は近所、全面舗装されてしまったのですが、昔は
家の前や近所の道に昔ながらの草が生えまくった土の道があって、
ツクシもたくさん生えていて、それを摘んで卵とじなんかにしたものです。

こんな町中でも採れる自然の食材なんてのはツクシくらいなものですね~。








080327b.jpg
さて、そろそろいいかげん、名前付けてあげないとな。
白っぽいからハクだとか、茶色と薄緑でお茶の色っぽいからてぃーとか、
いろいろ考えましたが、口元にカブキのクマドリっぽいのがあるので、カブキからとって
「カブ」に決定しましたー!
メスなんでたぶん、すぐにカクと大きさ並んで追い抜くんじゃないかと思います。
次回からカブの成長記録もつけていきます(`・ω・´)+
20:57  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。