2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.05.04 (Tue)

30Hi】いろいろ変化

100504a.jpg
30Hi水槽です。
見事にもっさもさしていますw

以前のCo2添加前はか細い葉っぱだったのが、見事に大きくたくましい葉っぱに。
手前真ん中のグリーンロタラなんか、カットした植えただけのヤツが
即刻地をはう気合いの入りよう。









100504b.jpg
上から撮った写真ですが、最後の一匹となっていた3代目メダカ、
最後の一匹です。

見て分かるように、傾いています。
そう、ついに彼にもお迎えがやってきてしまったようです。

夕方には姿がなくなっていました。
死んで、沈んでしまったんでしょう。
メダカの亡骸はそのままエビのエサとなっています。

放って置くとキレイに骨だけになり、やがてその骨もなくなります。
これで水槽内にいるメダカはすべて4代目となりました。
5代目は多分、誕生しないと思いますが、どうなるでしょうか。
(卵を産み付けてもミナミヌマエビが発見し食べてしまうため。
また、前にも書きましたが、今後卵を確保して孵化させる予定はありません)






100504c.jpg
長寿の話がてら最長老の青コリ。
まだ元気元気です。立派なおひげだ・・・








100504d.jpg
もう一枚。貫禄ありますね。
我が家自慢のお魚です。魚は値段じゃないんだよ、値段じゃヽ(´ー`)ノ








100504e.jpg
4代目メダカたち。まだヤングアダルトといった感じ。
上手くいけばあと1年くらいは生きるかな?
メダカの寿命は最長で2年くらいらしいですね(´・ω・)









100504f.jpg
今後の主役になっていく熱帯魚の第一陣、ゴールデンテトラ・ブルーライン。
最初は貧相だったブルーラインが太くくっきりになりました。
満足じゃーヽ(´ー`)ノ
青から黄色へのグラデーションがまたイイネ!









100504h.jpg
こっちのゴールデンテトラはブルーラインが薄いですが、より金色が強いです。
微妙にシルエットが違う気がするし、こっちオスかもしれない。










100504g.jpg
水草がしげってからあまりみかけなくなったオトシン君。
元気にしているようです。まん丸していて健康そう。









100504i.jpg
抱卵ミナミ。
ミナミもCo2添加前はなんか微妙に勢いを感じなくなっていたけど
最近また調子づいています。これもCo2パワー?








100504j.jpg
気泡付きまくりの水草。右下には再生中のリスノシッポ。
またたっぷりフサフサになる日が来るのだろうか。
成長速度からして遅そうだけどw


スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

20:53  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.05.14 (Fri)

スズメの雛を保護しました

100514a.jpg
雛といっても、かなりしっかり毛が生えています。

保護したのは夜7時過ぎですね。
いたのは庭先。最初は親も居たんですが、暗くなったので帰ってしまいました。
夜は寒いし、近所には猫がいるので襲われたらかわいそうだ、ということで
一晩保護しました。

ちなみに保護した雛は巣立ち直後の雛です。
巣立ちって普通のイメージだと、もう一人前になって自由に飛び回れると
思われがちですが、実はそうでもないんだそうです。

あんまり上手に飛べなくても巣から出てきて、夜は茂みに潜んでやり過ごし、
エサは雛の所まで親が運んでくれて、徐々に立派になっていくんだそうです。

まったく飛べないワケでもなく、多少は飛べます。
ただ、不安定なので長距離飛行は当然無理。


状況からすると保護する必要はまったくない雛だったようです。
さっきも書きましたが猫の心配はあるので保護した理由にはなるかなぁ?
ウチにちょくちょく来るんですよ、近所の飼い猫が。

野良なら飢えてて貴重な食料かもしれませんが、飼い猫にスズメ食わせてやる必要もなく。









100514b.jpg
そんなワケで、一晩常時25度で快適なマイルームにお泊まりいただきました。

そして朝5時過ぎ、どうも親スズメが近所で鳴いていたようで、
その声を聞きつけた雛がビービーと鳴き出して目覚ましw
ちなみに親スズメは4~5日はちゃんと覚えて子スズメの所へ
やってくるそうです。

お迎えが来てるなら、と早速拾ったあたりまでキャリーごともっていき、
フタを開けて離れて様子見。

やはり親がやってきて、連れ立って出て行きました。
これでとりあえず万事OK。


しかし、この雛を連れ込んで気づいたんですが、動物ってなんか
同じような匂いがするものですねぇ。
ウチの昔飼っていた犬も、最近友人が飼いだした犬も、このスズメも
同じ匂いがしました。不思議なものですヽ(´ー`)ノ



ちなみに雛はむやみやたらに連れ帰るのはNGです。
今回は夜になり、潜んだ場所が猫が来る所だった為
一晩のみ保護しましたが、日中の場合は不要です。
上記で書きましたが、巣にいなくとも親がちゃんと世話をしています。

また、雛がまだロクに毛が生えていないようであれば
巣から落ちてしまった可能性があるので、巣を見つけて戻してあげるのが吉。
ただし、ケガをしている場合は獣医師に連れて行くことになりますね。
ただ、犬猫のみの所が大半なので、鳥、さらに野鳥の場合は獣医を選びます。
きちんと調べて連れて行きましょう。

ちなみに雛は2~3時間おきにエサが必要なので、生半可な気持ちじゃ
世話出来ません。餓死させてしまう可能性が高いです。
そういう意味でも連れ帰るのは控えた方が良いでしょう。
保護したつもりが雛に絶食を強いることになってしまいます。
(夜はエサを食べません。その場合、ちゃんと暗くなるまでに
おなかいっぱいまで食べている必要があります。)
21:33  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2010.05.19 (Wed)

リチャ】だらしねぇ季節

100519a.jpg

最近Co2添加した水槽の話ばっかりだったので今回はリチャです。

ていうか5月頭に撮影した藤の写真をスッカリ忘れていた(ぁ
撮ってきてはいるんですけどね。GWは見頃でした。
イイ写真も何枚か撮れたのであとでアップしたいと思います。








今回は、いつも床に使ってる牧草が減ってきたのでいつものCharmさんに
注文したところ、小動物用品購入特典(オマケ)で、オーツヘイが付いてきました。
チモシー以外の牧草はあんまり与えたことがないのでどうなんだろう、と
思って早速投入。








100519b.jpg
こっちはいつものチモシー。
稲穂がついてる葉の細い草ですね。





100519c.jpg
でもってこっちがオーツヘイ。幅広でしっかりした葉っぱです。









100519d.jpg
おいしいのか、物珍しいだけかわかりませんがさっそく食べてました。
モリモリモリモリ。
この牧草も控えないとダイエットは出来ないんじゃないだろうか、と
最近思うようになってきた(´・ω・)










100519f.jpg
この先だらしねぇ写真です。










100519e.jpg
2匹してドーンと仰向け。
最近暖かくなってきたもんだから陽気につられてだらしねぇ寝姿に。
寒い時期は丸くなって寄り添っていたのに、あったかくなったらこれだw

冬見られなかった、仰向けになりながら牧草囓る姿もたまに。









100519g.jpg
ネムのでっぱが・・・w

まあなんていうか、こういう寝姿見られるってことは平和ってことで、
非常にありがたいんですけどねヽ(´ー`)ノ

テーマ : ジリス&ハタリス ジャンル : ペット

22:26  |  リチャ・ウサギ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.05.20 (Thu)

写真】天王川公園藤棚

もう2週間経ってしまいましたが、GWに撮影してきた藤棚です。
ようやっとキレイな藤棚写真が撮れたかなーw

というか、フォト蔵にアップした写真、1年ぶりで前の写真が藤棚だった(´・ω・)
今年はもうちょいどっか行きたいなーというか行く予定はあり。





100505/天王川公園 藤棚 by (C)MNW

テーマ : 花・植物 ジャンル : 写真

00:06  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.05.26 (Wed)

BD】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破【レビュー

買いました!見ました!

待ちに待った破のBDということで、がっつり堪能しましたヽ(´ー`)ノ
1日に複数回再生した映画なんて今まであっただろうか。
それくらいおもしろかったです。

今回の破で何がおもしろいのかというと、要点は2つですね。
まず、使徒戦の迫力アップ。
使徒そのものある種絶望感すら感じるほど圧倒的にパワーアップし、
大迫力の戦闘が繰り広げられます。
劇場ではじめて見たときは本気で鳥肌立ちました。


次に、キャラクターの性格の違いや物語の違いによる、
ワクワク感ですね。特にキャラクターは基本方針は変わらないものの、
細かなところで性格が変わっていて、それが最終的な方向性を変化させました。

少しネタバレになりますが、アスカはどうやら加持と一緒ではなかったようです。
TV版では小さな頃から加持にベッタリだったアスカが、加持と一緒じゃない場合
どういう風に育つことになったのか、その結果が新劇場版:破のアスカだと
思います。

綾波は序の時点で小さな誤差を発生させてましたね。
第6の使徒戦後の「笑えばいいと思うよ」のシーンでTV版にあった
ゲンドウのフラッシュバックがありませんでした。
そのままの誤差が大きな差を生んだ、ということなんでしょうか。
また、それら二人の変化がシンジの心境にもまた変化を生んだのかもしれません。

それらの結果がどうなるのか、そこは是非直接みて感じ取って下さい。


また、今回は途中のイベント内容がごっそり変わっているため、
序の時のような、無理矢理尺を縮めた感がしなくてそこも良かったです。
次のQはこれまでと全く違う展開になりそうで、公開情報が待たれますね。

とにかく新劇場版:破は「おもしろい」作品です。
TV版をみた人なら序はみなくても入れる内容です。
次のQはそうはいかないでしょう。興味あるなら是非みましょうヽ(´ー`)ノ

22:46  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.05.30 (Sun)

訃報】大迫純一先生

porikuro.jpg

好きなラノベ作家、大迫純一先生が25日、癌によりお亡くなりになりました。
闘病していたことすら知らなかったので急な話に驚きました。


愛読していたポリフォニカブラックシリーズはちょうど、
本来終わる予定のところまで終えて、次から新展開という所でした。

有る意味キリがいいところで終わっているのが救いですね。


ただ、ブラックシリーズからスピンオフしたゴールドシリーズが
まだまだこれから、というところだったのでこちらは残念でなりません。

しかしまあ、他の人が勝手に続きを書いてもそれはそれで別物になってしまうので
お亡くなりになってしまったのなら続きはあきらめる他ありません。


何はともあれ、大迫純一先生のご冥福をお祈りします。
すばらしい作品をありがとうございました。

00:38  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。