2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.11.02 (Tue)

30Hi】新照明設置!

えー、Twitterのほうで書かせてもらいましたが、AXY X-35がお亡くなりになりました。
先週の木曜日、朝点灯の時間になった瞬間に、バーン!と盛大な音とともに、
テレビで聞くようなズビビビビ!と電気的な音が。
えええ!?と思って飛び起きて、スイッチを消して確認したところ、
X-35の電球が完全に吹っ飛んでました。

X-35は初期ロットの設計上の不備が見つかり、長期にわたる再設計を経て
今年春に再出発したばかり。ウチも最新の安定器がデザインからかわり、
電球の玉もソケットレベルで別物になった新しいX-35に変えてもらい使っていたんですが、
それも半年で球割れしたことに不安を感じずにはいられません。

最初に購入してからで考えると1年半の間に3回も交換し、3回もダメになったことになります。
さすがに商品として信用できないのでもうX-35は使わないことにします(´・ω・)

ちゃんと光ってさえいればいい商品だったのになあ。
ここ数カ月はついてはいるものの、当時の太陽のようなまぶしさはなく、
蛍光灯よりはマシかな、という程度の存在になっていました。



ここいらが、換えどきか、と。ちょうど気になっていたものもあったんで、
今回試しに買ってみることにしました!










101102a.jpg
じゃーん!っと。
こちらは、◆Crystal Aqua◆さんが販売している、LEDライト、
◆Crystal Elite24W 水草育成 RaB◆ です!
メーカーというか、個人販売のブランドみたいですね。
ヤフオクなんかにも出品されていて、このタイプのLEDとしてはメジャーメーカーと比べ格安です。
メジャーメーカーでこのタイプというと、Grassy LeDioなんかがありますね。
あとは私も使っているレコルトですか。

しかし、Grassy LeDioの場合、Charmさん価格で21Wが16400円です。
X-35よりちょい安いですが、かなりの高額です。
しかし、今回買ったCrystal Eliteは24Wで6780+送料500円です。
半額以下でW数もアップ、ということで一度試してみたくなりました。
保証も1年ついてる、ということなので万が一1年未満に球切れが発生すれば
無償交換もしてもらえるって寸法です。

この条件ならコスパでみても悪くないかなーと思ったワケですよ。

















101102b.jpg
箱を開けるとこんな感じ。
球の部分の上に1cmくらいの厚みの発泡スチロールが乗っていました。
今回のは水草育成用 RaBてことで、周辺の8つが白LED、中心の4つのうち
2つが赤、2つが青となっています。全部白でもいいかなーと思ったんですが、
LEDは光の波長が偏っているので、こんな感じでも散らしたほうがいいかなーと思いました。
白に水草育成強化用の赤がつき、色が赤っぽくなってしまうので青で補ったもの、だそうです。
効果があるのかどうかはわかりませんが、問題がなければ良しとしますw














101102c.jpg
手に持つとこんな大きさ。金口はE-26の一般的なものです。
そこいらの照明用ソケットが使えます。
重さは見た目から想像するよりは軽いです。
ふわふわってワケじゃないですけどねw そこまでズッシリはしていません。
重いとソケットに負担がいきそうなのでこんなもんで丁度いいんじゃないでしょうか。














101102d.jpg
ということで、取り付けての設置比較です。
K20Dで、WB 蛍光灯N、ISO400、シャッター速度1/60 F2.8と条件を固定して撮影。
これがLED設置前。
AXY Cute450とレコルト アイ3Wの2つ使用です。














101102e.jpg
そしてこっちがCrystal Elite 24W RaB。
Axy Cute450はPL管27Wなのですが、それよりも明るいです。

が、ぶっちゃけ前のX-35初期ほどの明るさはありません。
WEBサイトではメタハラを超えた!て書かれていましたが、まあそこは誇大広告てことで(´・ω・)
まあ、明るさを出せる玉が8つで16W分、とみれば半分でこれなら上出来でしょう。
白+赤+青の光が混在してるワケですが、照らされた水槽内は特に見た目の問題はありません。
肉眼でも色温度は6000kあたりでナチュラルな感じです。
若干だけ黄色っぽい?個人的に気になる範囲じゃないですけどね。
AxyCuteよりはナチュラル色ですw













101102k.jpg
参考比較に以前同じ設定で撮影した、X-35(初期ロット)設置当時の写真。
水槽が当時30x30x30で、今は30x30x40と条件が異なるので同じではないですが、
それでも水草に当たる光、底砂に当たる光の光量に差があるのは明らかです。

この点はちょっと期待はずれだったかな。
まあ、白LEDx12のパールホワイトだとまた違ったかもしれません。
上にも書いたように中心に青2赤2で4灯ものLEDをカラーに回したモノなので、その分光量落ちてますし。
35WのX-35と比べるのもなんでしょう。多分、明るさだけならWあたりで同程度。
同じ24Wのネオビームと比較した場合、スポットな分だけネオビームが明るくみえる、
という結果になるんじゃないかと思います。


とりあえず、圧倒的な光量、てことは残念ながら今回ありませんでした。
ただ、やはり蛍光灯とは違った光ですね。
あんまり明るいワケじゃないのに、光が底までしっかり届いてて、ちょっと上品でシックな感じはします。
上の写真でいうと、手前下にある、キューピーアマゾンが分かりやすいですかね。
AXY Cuteだとだいぶ暗いですが、CrystalEliteだとしっかり光が届いています。


水草の成長に問題がなさそうなら、そのうち14Wも追加してみるかなあ。














101102f.jpg
一応、最初の設置状態。このあと設置変えました。
光っている様子、ということで。真ん中が青と赤なのがわかると思います。
写真の都合で色がだいぶとんじゃってますけどw















101102g.jpg
設置し直した写真。
あまっていたルミナスの棚板を使いました。
これで真上あたりからいい感じに照らせます。
右はレコルトアイ。右奥がちょっとだけ光が弱いので、ピンポイントでフォローさせてみました。















101102i.jpg
ロタラの先端。ピンク色に染まって調子よさそうです。
LEDといえば演色性の問題がありますが、自分の目では問題なし。
正直メタハラの発色には及ばない、てのはわかるんですけどねぇ。
まあ、それはLEDに飽きたら次に考えましょう。

LEDだと色が白っぽい、てよく言われるんですが、思い返すと反射された色が
LEDだと白いんですよね。照り返しが強いほど白が強く出る感じです。
一方、メタハラだと、照り返しが強くても、その、反射物の色が強く出る感じです。
葉っぱなら、葉っぱの色そのものが強く発色される、というんでしょうか。
同じ眩しい光でも、メタハラのほうが色彩豊かに見えるワケですね。
しかし、このクラスだとX35の他は24Wのネオビームくらいしかなくて、
ネオビームだと17000円くらいして、本体ごと交換になってコスパ悪いんだよなあ。
ネオライト50てのもあるけど、あれは4万するし・・・。
うーん、30cm小型水槽用の照明は選択肢が少ないですねえ(´・ω・)
45になるとテクニカの18Wx3があるんですけどね。









101102j.jpg
水面から。こっちもいい色づきしています。
この水槽の水草は調子いい感じ。

あ、60Hiも調子いい感じになってきています。
やはりイニシャルスティックが効いているんだろうか。






そんなワケで、期待はずれでありつつも、一応妥協はできるLEDライトに切り替えて
30Hi水槽の様子を見ていきたいとおもいますヽ(´ー`)ノ

スポンサーサイト

テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

14:25  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.11.08 (Mon)

30Hi】新照明追試

101106a.jpg
えー、前の写真、水草がちょっと伸びすぎて光妨げて
メタハラと公平な比較ができてないなーと思い、
バッサリトリミングして追試してみることにしました。

で、こんな感じです。




101102e.jpg
こっちがこないだのヤツ。
うん、水草短くしたらだいぶ光が増えた気がする。














101106b.jpg
横長にして、底のほうだけ映してみました。









101102k.jpg
やっぱりメタハラのほうが明るい。
まあ35Wvs16w+(R4W B4W)だからしょうがないか。
水深も10cm違うしね。



そんなわけで、明るさはまずまずです。
白24Wなら、匹敵したかもしれないですね。
メタハラを超えた、てのは24Wのメタハラとの比較であれば超えてるのかな。
ただし明るさ限定。やはり波長はメタハラのほうがたくさん含んでいます。


















101106c.jpg
あと、ロタラを短くして気づいた点がコレ。
やはり赤と青の球による、光のムラが発生しています。





101106d.jpg
真ん中の葉っぱ、同じ写真なのに赤みが違うでしょ。
LEDの赤い光の当たり具合によってこういう差が生じているわけですね。
水面を揺らしてみて気づきました。
多光源のLEDならではの欠点ですね。一点から多波長の光が降り注ぐメタハラや蛍光灯では
こういった現象は起きません。









101106e.jpg
水中の底砂にも、青やら赤やらが反射している様子が見て取れます。

個人的にはあまり気にするところではないのでいいですが、
これが気になる人は白のみもしくは白+青2灯までをオススメします。
水草用の赤波長がないですが、それを求めるならやはり蛍光灯かメタハラ、ということでしょうか。
まあ、白だけでも水草育ってるって例もあるようなんで、
色を重視して白12灯もアリですよ。



あー、あと、この写真は6日の朝に撮影したものですが、見ての通り
水草が上に伸びてきていません。
これはもしかすると横に張って爆殖する兆候かも?
だとするとメタハラよりは水草に適してる、ということになるんだろうか・・・?

この辺は今後の成長を要観察ですね(´・ω・)

テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

00:47  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.11.11 (Thu)

写真】アクアトト・ぎふ 2回目

Twitterで書きましたが、PENTAX K-rを購入しました!
K-5とすっごい悩んだけど、ちょっと今回は予算がないのと、
K-5後継機にMP4なりAVC-HDなりの動画フォーマットが搭載されることを期待して
今回はK-rで一拍置くことにしました。

とはいえ、防塵防滴とファインダー倍率以外はK20D比でパワーアップしています。
ISO最高6400から25600に2段アップ、連写が3fpsから6fpsへ。
液晶も2.7型21万画素から3型96万画素へ。本体自体が小さく軽くもなっています。

画素数が1460万から1280万へダウンしていますが、1割り程度のダウンて
思った以上に微々たる差です。高感度に強くなるほうが圧倒的に魅力。



実際撮影してきましたが、高感度性能、そしてAFセンサーのパワーアップが
非常にめまぐるしいです。
今まではAFが絶対に合焦しなかったであろう被写体でもビシビシ合います。
これだけでもK-r買ってよかったと思えますw


そして、K-rで早速撮影してきたのが、二度目になる淡水魚水族館、アクアトト・ぎふです。
余ったK-20Dにいつもの28-75mmF2.8をつけて友人に貸しました。
自分はTX-5とK-r70-300mmF4-5.6の2つで撮影。
全部ひっくるめて適当に見繕って写真をアップしました。





101111a.jpg
101110/アクアトト・ぎふ by (C)MNW/きりんじ



あと、K-rで初期不良?にあたりました。
どうも測光センサーに以上があったようで、何枚かに1枚、露光量が4~5倍になるという
変な問題が発生しました。例えば適正であればISO6400 1/125、の場合ISO6400 1/30
とかになるんです。同じ被写体でも。
毎回じゃないのが非常に不思議なんですけどね。

お店にいって初期不良交換してもらいました。
どうも、水槽の照明(蛍光灯)に強く影響をうけている気がするので、
また来週の休みに撮ってみて、それでどうなるのかを見たいところですね。
ウチの水槽でもそういう症状でました。LEDの30cm水槽では出ず、
蛍光灯の60cm水槽では用意に発生。蛍光灯のチラツキが関係してるのかもしれない。
これは後日要チェックということで。

テーマ : 動物の写真 ジャンル : 写真

22:38  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.11.13 (Sat)

デジカメ】PENTAX K-r レビュー

さて、ちょっと順番が前後しちゃいましたが、新しく購入したPENTAX K-rを
改めてご紹介。




101113d.jpg
今回はDAL18-55mmF3.5-5.6 AL付のレンズキットで購入。
理由は、一本くらいPENTAXレンズもってないといかんかなあ、なんていう
すごく曖昧なものw

こないだK20Dの修理出すときタムロンつけてだしちゃって申し訳ないなーと
ちょっと思ったワケですよ(´・ω・)


















101113f.jpg
一般モデルで、黒で購入。
レリーズスイッチ(シャッター)の上にK20Dだと液晶があるんですが、そこに
モード変更ダイヤルがついていて、カメラの右側にはなにもありません。
その分右側が短くなっています。








●使用インプレ
K20Dからの買い替えとしてのレビューになります。

まず、持ってみて軽い。明らかに重量が減り、持ちやすくなりました。
ファインダー倍率は下がってますが、以前買って結局使わなくなった
拡大アイカップを再利用することで倍率はほぼ変わらない感じに。
ただし覗き窓的な拡大アイカップのおかげで角が少し蹴られていて
見る角度を変える必要があります。
視野率は意外と変わっていないので余白は気になりません。

撮影しての感じとして、シャッター音はちょこっと大きくなったかな?
という気はしますが、意識しなければわからない範囲です。
K-5と比べると明らかに音量大きいです。


撮影した感じですが、まずはやはりAF性能。
圧倒的によくなりました。K20Dでは絶対合わなかった、リチャケージの
日陰箇所でも何の問題もなく合います。
速度が上がっているのもわかりますが、それよりも合わなかったものに合う、
というのはやはり大きい。これだけでも買ってよかったと思えるレベル。

ライブビューですが、これは動かない被写体限定ですね。
動く被写体をライブビューのAFでピント合わせすることはできません。
動作高速化のために認識範囲を限定している都合、動かれたらすぐに見失います。

なので、大きな被写体を追うときはファインダー越しになりますね。
ファインダーでなら見失うことはありません。

高感度も当然アップしていて、そっち方面でも今まで撮影できなかったものが
撮影できるようになりました。ただ、コンデジのTX5がそのへん割と優秀だったので、
コンデジの出番が減る程度ですかねえ。

ライブビューのAFとTX5のAFではTX5のAFのほうが優秀です。
K-r位相差AF>TX5>K-rコントラストAF といった感じですか。



あと、K20D比で圧倒的によくなったのは連写ですね。
3fpsが6fpsと、倍化した上に、AF速度があがったのでバシバシ連写できます。
これはスゴイ。


上の小窓がなくなりましたが、
背面液晶が見やすいので、特に問題もありません。
あと、ファインダー内でAUTO時に決定されたISOも表示されるようになっているので
そういった確認も前より楽かもしれません。



とりあえず、ザックリとした雑感でこんなところでしょうか。
動画はまだ試していません。電池の持ちもまだなんとも。
K20D比でちょっと落ちたかなあ?という気がしないでもない。
でも、アクアトトで350枚くらい撮影してもまだ電池足りているので心配するほどじゃないです。
動画使った場合はどうなるんでしょうね。











101113e.jpg
2台並べて上から比較。
正面とかだと、高さがあまり違わないのでインパクトがなく割愛w
しかし、上からだとご覧のように目に見えるサイズ差があります。
グリップがK20D比で細くなっていますが、個人的にはK-rのほうが握りやすかったです。
前ダイヤルはなくなりましたが、もともと露出変更くらいしか使っていないので、
ボタンおして後ろダイヤルで調整、に慣れれば何も問題ありません。
露出変更ボタンは押しやすい位置にあるので不満はありません。















101113a.jpg
各種カスタムイメージとデジタルフィルターの作例?
モデルはモグさんにお願いしましたw
K-rは撮影後、1枚分のRAWデータが本体内に確保されており、
そのRAWデータを元にカスタムイメージの色彩変更が行えるようになっています。
なので全部同じ写真から編集されています。
デジタルフィルターはJPEGに追加適用。元データと別途保存できます。
銀残しまでの5つがカスタムイメージ。撮影時に設定できる、色味の加減ですね。
トイカメラ~カスタム(魚眼+α)までは撮影後にカメラ内で編集したデジタルフィルター。

で、すみません1つ間違いました。
CTEではなく、リバーサルフィルムです。
リバーサルフィルムはコントラストと彩度が高めになる感じです。
私好みなんですが、K-xやK-5のリバーサルフィルムと違い、青があまり彩度上がらないです。
なので、なんか違和感のある写真・・・。

ちなみに本当のCTEはホワイトバランス設定で、一般的なオートは、
見た目を白っぽく、というか、白が白に見えるように調整するものですが、
CTEは逆に、全体的に青っぽい光が照らしていれば、より青く写すように調整するという、
色誇張設定になります。これも楽しいですよ。


銀残しは、フィルム写真の現像用小手先テクニックの1つです。
それをデジタルで再現したものですね。このへんの渋さがペンタックスらしいところ。
あと、今回やってませんが、クロスプロセスというのもあります。
これも現像のテクニックをデジタルで再現したものです。
で。銀残しですが、見ての通り彩度を明度を下げた感じに仕上がります。
ただ、最大輝度はかわらないので、ガンマが変わった感じでしょうか。
これを活かして彩度の低い、ハイコントラストな被写体を撮影すると
渋い写真が仕上がるんじゃないかと思います。



デジタルフィルターはトイカメラは少し色味と、暗い部分を落としたもの。
ダイナミックレンジをわざと下げてるわけですね。

ポスタリゼーションはフォトショップでもできますね。
色数自体を減らしたものです。

最後カスタムでやりましたが、魚眼効果ですね。デフォルトの魚眼が微妙なので
カスタムでやりました。あと、少しコントラストも上げています。


カメラ内だけで、こうやってあれやこれやと遊べるようになったのも
K20Dからのパワーアップ点です。














101113c.jpg
で、Twitterにも書いた動作不良の露光異常。
残念ながら今回取り替えたK-rでも同じ現象が発生しました。
これは仕様ということになるんだろうか・・・。

これはちゃんと撮影できた写真です。









101113b.jpg
で、こっちが問題の写真。
AVモードで普通に撮影した2枚ですが、見ての通りこっちは明るすぎます。
見ての通りほぼ同じ条件での撮影にもかかわらず、一方は露光が暴走しています。

なんなんでしょうね、これは。
他の人で問題になっているような話も聞きませんし。

室内撮影しないからだろうか?
個人的な見解ですが、蛍光灯のインパルスで暗い瞬間の露光設定を拾って、
明るいタイミングで撮影するとこうなる、といった感じかもしれません。
露光センサーの反応が瞬間的すぎるから起きる問題?

実は、こういう水槽とかの撮影で起きやすく、屋外の光やLEDの光では
この問題が発生していません。
結構な枚数を撮影して確認したので、光源が問題になっている可能性は非常に高いです。

この件は後日、お店に問い合わせてみます。


とりあえず今回はこれまで!


テーマ : デジタル一眼レフ ジャンル : 写真

22:11  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.11.18 (Thu)

30Hi】いろいろ追加~

101118a.jpg

というわけで、30HIです!
と、こんな感じでいきなり様変わりw
だいぶ見栄えよくなりましたかねーヽ(´ー`)ノ

伸びているのか伸びていないのかよく分からなかったロタラは確実に伸びていました。
再び水中根も展開。元気いっぱいみたいです。
マツモは厚みは並ですが、伸びっぷりがすごかった。間延びした感じ?
クリスタルエリートに変えた影響なのか、別の原因なのかはわかりませんが、
やはりLEDでも水草の成長そのものには問題なさそうです。
キレイにレイアウトを作れるほどコントロールできるかどうかはしりません。
そこまでのことはやっていないのでなんともw











101118b.jpg
いつものCharmさんで水草のお買得パックを買ってみましたw
4色紅葉セット!
ただし水上葉で、現在見事なまでに緑ですw
これ、紅葉の季節に赤い色見えるんだろうか・・・w

しかも一種類、ロトンディフォリア入ってるしw














101118c.jpg
種類よくわかりませんが多分ルドウィジア系と思う葉っぱ。
水上葉だから結構形状違いますからねえ。

他の葉っぱは育ったら検証するとしましょうw
















101118d.jpg
そして流木ですねー。これもSサイズ用のお買い得3本セットです。
ブロック1つにスティック2つとバランスよく入っています。
















101118e.jpg
こんな感じで配置。
ちなみにブロック流木の下にはエビ用のシェルターを置いてあります。
以前左奥、吸水口の手前にあり、ウィローモスで覆われていたものですw
撤去のつもりでウィローモスを剥ぎとっちゃいましたが
結局この位置で利用することにしたのでモスもそのままにしとけばよかったかな、と
少し後悔(´・ω・)

それにしても、育ちまくったウィローモスはどうしようか・・・w














101118f.jpg
相変わらず裏に隠れているゴールデンテトラ。5匹確認しました。















101118g.jpg
そして流木投入が関係してるのか、活発に活動しだしたミナミヌマエビ。
あと、カメラがK-rになって高感度が強いからF値はあんまり気にしなくてよくなったので
久しぶりにシグマの17-70mmF2.8-4.5に付け替えました。こっちのほうがマクロ撮影できて
画角・距離の点では使いやすいんですよね。
F値が最大ズームでF4.5まで落ちるので、前のISO感度では動きの速い被写体が
追えませんでしたが、K-rなら可能です。ということで、今回からまた17-70mmがメイン。

28-75mmも映りいいレンズなんですが、画角が限定的なので今後の活躍の場が見当たらず・・・。
とりあえずK20Dに付けておいてなにか必要なときがあれば使うとします。
しばらくはレンタル用かなあw














101118h.jpg
こんな写真も、K-r+17-70mmだから撮影できる、といった感じです。
28-75mmは明るくて低感度で撮影できるけど、マクロは弱かったですからね。
17-70mmの旧型なんで、マクロは1:2までいけます。














101118i.jpg
流木に集まるエビたち。
気に入ってもらえたようでなによりw















101118j.jpg
そしてふと気づいたのですが、ウチの水槽には緑色のミナミヌマエビが
何匹かいるようです。掛け合わしたら定着するかなあ?w















101118k.jpg
別の個体。上の個体とちがい、鮮やかで透明度のある緑色です。
他にも何匹かいました。色の薄い個体もいます。
しかし、かけ合わせ固定狙うのも面倒だし、固定したからどうとなるものなのか・・・(´・ω・)














101118l.jpg
そして!
今回お魚も追加しました!
多分、そろそろ追加しておかないと寒くなり、通販で魚を送ってもらうのが
非常に大変、というか死亡率とかあがりそうでコワイので、
やるなら今、やってしまおうと、そう思ったワケです、はい。


そして、今回追加したのは、以前60cm水槽にも追加した、ボララス・ブリジッタエです。
いれたばっかりだから発色イマイチだけど、ヒレをピーンと張っててカッチョイイw


















101118m.jpg
そして、60水槽では見かけない、グリーンの鮮やかな発色を持った個体を発見。
そういや、60水槽のブリジッタエ、気づいたら5匹に減っていました(´・ω・)

あっちも追加しようかなーと思ったんですが、ちと過密な気がするので
寂しいですが追加しない方針で・・・。
むしろ60から30に移そうかなあ・・・。














101118n.jpg
鮮やかになってきたところ。
ちなみに今回こちらには12匹追加しました~。














101118o.jpg
キューピーアマゾンがきになるのか、数匹このへんをうろちょろ。
60水槽のブリジッタエはほぼ水面付近にいますが、こっちのは結構潜ってきます。
個体の差なのか環境の違いなのか。














101118p.jpg
久しぶりに視える位置にきたオトシンクルス。
1枚目の写真でも、手前のガラスに張り付いていましたけどねw

















101118q.jpg
オマケで今日撮影したおつきさま。
やはり月の写真は満月よりも少し欠けているくらいがいい。
斜めから光があたっているので、陰影が付きやすいからです。
満月だと、真正面から光があたるので、クレーターの凹凸が消えやすいです。
プリクラとかでフラッシュ焚きまくって陰影消してキレイにみせるのと同じですね。


そんなわけで、今年最後の大テコ入れした30cm水槽でした~ヽ(´ー`)ノ

テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

23:03  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2010.11.26 (Fri)

30HI】いろいろ追加、その後

101125a.jpg
そんなワケで30HIの続報です。




さしあたって、新しく増やした水草ですが、
水中葉を展開しだしてすこぶる調子良さげです。














101125b.jpg
まずは前からあるロタラ。
葉っぱも大きく肉厚です。
元気いっぱいって感じ。



















101125c.jpg
こっちが新しく追加された水上葉のロタラ。
水上葉なのに赤く色づいてきています。
さらに水上葉なのに這うように展開。

そして先端や脇目から水中葉が伸び出しています。
水中根も展開確認。元気すぎますw



















101125d.jpg
ロタラの奥に植えていたのはセイロンですね。こっちはまっすぐですが、先端が真っ赤です。
水上葉の頃はほんのり赤みがあった程度だったんですけどね。

そして右側がハイグロ。こっちも水中葉展開開始。
















101125e.jpg
ハイグロの根元。
脇芽も生えてきています。元気っぽくてなによりw



















101125f.jpg
そしてブリジッタエ。元気にやっています。
すでに私が餌やりマシーンと認知したようで、見ていると寄ってきますw


















101125g.jpg
ブリジッタエのアップ。
横っ腹の黒い模様が短めのコ。














101125g.jpg
例の黄色が乗ってるコ。
ちょっとヒョロいですね。
















101125g.jpg
ゴールデンテトラ。
どうも、ウチのゴールデンテトラはCharmではアームストロンギという種類になっていましたが、
どうやら別種のロドウェイが混ざっている予感。
前にオスっぽいと思っていたのが、どうもロドウェイみたいです。

















101125g.jpg
このコが多分ロドウェイ。
金色っぽいの。アームストロンギは銀色にブルーライン。
ロドウェイは金色にゴールドライン、といった感じ?
アームストロンギのほうが温和で、ロドウェイはややケンカっぱやい感じ。
ウチのロドウェイがちょっかい出すのはアームストロンギだけなんですけどね。
他のテトラ類入れたらどうなるかわかりませんけど。















101125g.jpg
アームストロンギ。
まわりの水中根が・・・w
なんか目の周りまでブルーラインはいってますねー。

























101125g.jpg
今や唯一の青コリ。
今はなき娘コリみたいなオデコの白線がついています。
このコも徐々に大きくなっているみたい。

あまり人馴れしておらず、カメラを向けると逃げて行っちゃいやすいです。
先代みたいな愛嬌はあまりなし(ノー`)















101125g.jpg
遊泳中のミナミヌマエビw
ミナミも元気いっぱいです。
あまり増えすぎていないのはなんでだろう。
謎の抑制能力でも働いているんだろうか。

来年暖かくなったらある程度屋外のカメ水槽にでもいれようかな。


















101125g.jpg
はい、というわけで30HIの経過報告でしたー。
概ね元気よく育っています。

60cmよりもずっと調子がいいw
この差はなんだろうか・・・よくわからん。


60cmは元気がないっぽいながらも、水草は育っています。
でも、なんか貧相というか、葉っぱが半分かれながらも、
伸びている感じ。
こっちのような生命力あふれるような成長ではないです。
とりあえず、水草用の栄養添加剤も試してみているので、
上手く育ってくれるといいのですが、はたしてどうなるやら( ´ω`)

テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

00:06  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.11.28 (Sun)

リチャ】今週のモグ写真

101127a.jpg

いくらリチャがかわいいといっても毎日書くネタがあるワケじゃないんですよ。
特に冬場はだらしねえ寝相になることもなく団子になるのみで、
しかも今、二匹分けちゃったもんだから組み合わさって面白い格好になることもなく。


なんとももどかしいですなーw
















101127b.jpg
そんなワケで、ネタはないけどリチャ写真ですよっと。

主にモグ。ネムはやはり普段動かないので写真に撮りづらい。
なでてやるとへちゃって潰れていってかわいいので、いずれ撮りたいが
カメラ向けながら上手くやれるだろうか・・・(´・ω・)


















101127c.jpg

牧草を入れ替えた翌日の巣。モグといえどさすがに真新しい巣は巣っぽいw
数日もすれば見るも無残な更地になりますが( ´ー`)

















101127d.jpg
一応ネム写真。
寝ぼけてます。牧草かぶってますw
元気ないわけじゃなく、ほっとくと回し車を回したり脱走企てたり
いろいろやってるようです。

新ケージになってから何度か、水とか入れ替えた後に入口閉じ忘れて
ネムが出て行った事があります。

一回はケージの裏側から棚の下へ移動したりして、
どこかでビックリしたらしくあわててケージへ戻ってきましたw

もう一回はアクリル扉の坂を滑り落ちた音で気づきました。
床にコロンと転がってキョトンとしてるネム。
何事もないようにもそもそとケージに戻ろうとするけど
やはりアクリルが滑って戻れないw
やがて大慌てになってきたので後ろから押して戻してやりましたw

ネムはモグとちがってケージからは離れたがらないので
そういう点じゃ安心できますねーw
かといって閉じ忘れしていい理由にはなりませんが(´-ω-)














101127e.jpg

モグのドアップ写真~。
頭にある毛の抜けているように見える部分はただの寝ぐせですw

カメラの普段レンズをTamron28-75mmF2.8からSigma17-70mmF2.8-4.5に戻した為、
こういったアップ写真が撮影できるようになりましたヽ(´ー`)ノ
Sigma17-70mmF2.8-4.5は最大倍率1:2までいけますからねー。
Tamron28-75mmF2.8は明るいので低感度で撮影出来たのはよかったんですが、
最大倍率は低めなのである程度離れなければ撮影できなかったのがネックですね。

K-rになりISO感度の問題がかなり緩和された為に再び17-70mmが活躍出来るようになりました。
そうなると28-75mmF2.8があまり必要ないんだよなあ・・・(´・ω・)














101127f.jpg
リチャの毛並みって根元が黒くて先っちょが白やら茶?色やらって色なんですよね
そして相変わらず首から上が白っぽい。


















101127g.jpg
斜め40度から~見た~(ry

白っぽくキレイなお鼻。
リチャって最初みたときは違いとかよくわからなかったけど、
見慣れてくると一匹一匹違う顔してるんだなーてのがよくわかります。
犬なんかでもそうですよねー。犬種・毛色が似ていても、どこか顔つきが違うもんです。














101127h.jpg
最後に横顔アップ。
耳から目じりにかけて毛が薄いのは・・・音を聞くのに邪魔だからだろか?
リチャの白眼は濃いグレーなんですよね。
瞳に映る四角い光は多分窓。
日中に撮影しましたからね。

しかしこうしてみるとモグはハナペチャ気味かなw






というわけで、特にテーマのないリチャ写真でしたっとヽ(´ー`)ノ

テーマ : ジリス&ハタリス ジャンル : ペット

15:02  |  リチャ・ウサギ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。