2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.05.06 (Fri)

60HI】新入り追加と・・・

110506a.jpg
というわけで、今回は60Hi水槽です!

実はちょっといろいろ有りまして、今回魚を追加することになりました。


追加した理由はまず、テトラが思いの外減っていたこと。
グリーンネオンが9匹、ホワイトネオンが3匹の12匹まで減っていました。
そろそろグリーンネオンが寿命で落ちていく頃だと思っていましたが、
思った以上にホワイトが減っていました。


そして、一番大きいのが・・・
前回の大掃除による影響と思われますが、R.T.ブラックシャークが
お亡くなりになってしまったということです。・゚・(ノД`)・゚・。

死んでいたのが見つかったのは、大掃除をして4日過ぎてからのことでした。
気がついたら流木に挟まるように横たわるR.T.ブラックシャークの姿が・・・。
まだ目の色がキレイだったので、死んでそう経っていなかったと思われます。
水があわなくて弱ったのか、流木に挟まって抜けなくなった・・・?それはないな。
大掃除後、水槽内で汚物を多く見かけるようになってしまっていたので
それによる影響も考えられますが、他のコリやらクラウンローチは元気にしています。

詳細は不明ですが、タイミング的にも大掃除が原因とみてほぼ間違いないでしょう。
自身の不徳の致すところです。
今後このような事がないように大掃除には細心の注意を払って行いたいと思います。


というわけで、気がついてみれば水槽のお魚たちがずいぶんと減ってしまった今日この頃。
前々からあった不満解消の為の一手を打つことにしました。

まずはお魚増量!



というわけで、今回増量したお魚をご紹介しましょう!










110506b.jpg
我が家ではすっかりおなじみ、ボララス・ブリジッタエを追加しました!
前回大掃除で一匹犠牲にしてしまい4匹となっていたブリジッタエですが、
この度ドドーンと12匹追加しました!

テトラなら10匹は躊躇するところですが、ひときわ小さいブリジッタエならば、と
今回追加に踏み切りました。

それにしても、こうやってみると発色の違いがすごいですねーw
新入りたちも飼い込んでいればいずれ古参のような鮮やかな発色になるのでしょう。
言うまでもないですが上のほうの2匹が古参ですよ。
















110506c.jpg
まるで別の魚のようですねーw
新入りの白いこと白いこと。早くキレイになぁれ。



















110506d.jpg
そしてR.T.ブラックシャークに変わって投入されたのがこちら!
コリドラス・パンクx3でーす!
いやー、小さい。予想以上に小さいのがやってきたw
今いるメタエの半分くらい?体積なら1/3~1/4くらいじゃないかと思います。
三匹ならんで泳いでますw














110506e.jpg
頬がラメってますねー。
彼らも元気に育って欲しいですね。


















110506f.jpg
そして再び投入されたヤマトヌマエビ!
前回、ブルーラムによって数日で壊滅させられたヤマトを再び投入しました。
ブルーラムいないから今度は大丈夫だよな・・・?

ところが、どうも水合わせ時間が短かったのか、すでに2匹☆に・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
残ってるヤツも一匹調子悪そうでした。うーん・・・早速補充しなきゃかなあ・・・。



あと、水草が全然育たない水質だったワケですが、ひとつ目星がついたので
それを解決すべく手を打ってみました。
何かというと、水の硬度です。30cm水槽と60cm水槽は当然同じ水道水を使っています。
ずっと飼育していればいずれ水質に差がでるのはしょうがないことですが、
大掃除をして水質をかなり新水寄りにしたハズにも関わらず相変わらず調子が悪いです。
となると、新水がよろしくない、ということに。
しかしおなじ水を使っている30cm水槽は大丈夫。この差はどこで生まれるのか。

それはカルキ抜きです。実は、30cm水槽と60cm水槽で使っているカルキ抜きが違うんです。
Charmオリジナルのカルキ抜き、スイッチというのを60cm水槽で使い、
30cm水槽ではテトラのコントラコロラインとアクアセイフを使っています。
スイッチは重金属無害化の効果もある、と書いてあるのですが
使用量はテトラのコントラコロライン(カルキ抜きのみ)と同じ量。
重金属無害化のアクアセイフはコントラコロラインの2倍をリッターあたり使用します。
この使用量の差で本当に重金属が無害化されているのか、頭の片隅で疑問はありました。
が、特に気にせず使っていました。

しかし、こうやって水草の成長という極端な差が出てきた以上、見直す必要がありそうだ、と
スイッチ+アクアセイフという使用状況に変えてみることにしました。
さらに水槽の水に残っていると思われる重金属を無害化する為、
水槽量の8ワリ程度に相当するアクアセイフを水槽に段階を置いて投入。

もし重金属系の問題だったのなら、これで水質は相当改善されるはずです。
今後の変化に注目しつつ、水質改善を続けていきたいと思います。
あとバクテリアも追加投入しておきました。












110506g.jpg
現状問題になっているのは枯れたモスやその他コケですね。
大掃除の時、流木を日干しにしたせいで、モスが結構枯れてしまいました。
木酢では枯れないけど日干しには弱いらしい。当然か。

そのせいかよくわからないけど、水槽内の汚物が大掃除後大幅に増えました。
バクテリアのバランス崩れたかなあ・・・。

なんにせよ、今の水槽はピーキーです。
崩壊させないように毎日チェックしながら安定を目指そうと思います。
















110506h.jpg
ブリジッタエの群れと泳ぐヤマトヌマエビ。
今思えばこのヤマト、水質が合わず苦しんでいたのだろうか・・・。















110506i.jpg
ちょっとピンぼけだけど、メタエx2と手前にパンク。
仲良くやれそうです。親子みたいなサイズ差。
















110506j.jpg
ひっそり減っているグリーンネオンとホワイトネオン。
グリーンは今年中にどこまで減るだろうか・・・。
ちなみに今後はボララス系中心にしてみようかなーとか思ってます。
小さいほうが多く入れられて、群れの見た目も大きさより数だと思うので、
ブリジッタエの群れを見たい感じですねー。

あとはR.T.ブラックシャークにかわる、華のある魚をちょこっといれたいですね。
クラウンローチも相変わらずひきこもりだし、サカサナマズも流木に擬態してるしw



















110506k.jpg
そのひきこもりのクラウンローチ。
まあ、レイアウト変えてから見かけることはできるようになったんですけどね。
手前には絶対出てこないけど。
















110506l.jpg
流木の陰にサカサナマズx3。
下のが白っぽくて一番大きいヤツ。お腹はどいつもまっくろ。
かわいいんですけどねー、こいつらも。地味だけどw


















110506m.jpg
先輩ブリジッタエ。
赤いボディに黒(黒に近い紺?)のラインが美しい。














110506n.jpg
新入りブリジッタエ。紺のラインが黄緑色っぽいのは30HIのほうでも確認してますが、
紺色のノリが強くなると消えていくっぽいですね。
この時期だけ見られるモノ、ということでよさそうです。
























110506o.jpg
メイン照明落ちてから撮影。
青色LEDだけ点いています。青ラインの反射がすごいなあw


というわけで、60Hi水槽でした!
また来月になったら新しく手入れする予定ですヽ(`Д´)ノ
スポンサーサイト

テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

22:48  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2011.05.12 (Thu)

カメ】さようならイシガメ

110511a.jpg

実は、購入して以来ずっと悩まされていたのですが、
このイシガメ、綺麗だし人慣れしてるし元気いっぱいだし、すごいいいカメなんですが、
他のカメの尻尾をかじるという非常に厄介なクセ(?)がありまして。

今まで悩みながらも、短くなったしもうかじられないだろうと思いつつじりじりと
かじられ続けて・・・

そして、冬眠が明けた今年もそうそうにクサの尻尾に新たな噛み傷を発見。
さすがにこれ以上かじられたら排泄口まで危ない、ガマンの限界だ、ということで
この度このイシガメを里子に出すことになりました。


というか、記入している現時点ですでに受け渡し完了しております。















110512a.jpg
発泡スチロールの容器にいれて出発前の最後の1枚。
うーん、やはりキレイな甲羅だ。この、甲羅の継ぎ目が黒いのがいいんですよね~。
これが気に入ってイシガメを買ったんですよ。黄色の斑もいいです。

里親になって頂いた方はイシガメ他多くのカメを飼育されている方なので
大事に育てていただけると思っています。


向こうでも元気にやっていけよ~(ノー`)ノシ

テーマ : 爬虫類 ジャンル : ペット

11:50  |  カメ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2011.05.12 (Thu)

60Hi】まさか2週連続

110512b.jpg
はい、というわけで今週も60Hiです。

ガラス面に茶ゴケが目立ってました。
やっぱりバクテリアのバランスが大きく崩れていたっぽいです。


黒ひげも多く発生していました。
バクテリアの分解が弱っているのが原因と思われます。
そうでなくてもこの水槽は黒ひげ多いけど、大規模リセットしてこの発生量は
バクテリア依存じゃないかと思います。
















110512c.jpg
竜王流木の組み方ちょっといじってみました。
足元がスッカスカになって奥まで見渡せるようにw
そしてメタエがその隙間からよく見えていますね。

そして例によってテトラ連中は後ろに固まっています。
こちらを警戒しているもんだからグループ行動になっていてまとまってるのは
いいんだけど、表に出てきて欲しいなぁw



















110512d.jpg
黒ひげは木酢ふっかけて退治。しかし吹きつけにムラがあったようで
一部退治しきれていないものがあるっぽい。


そしてヤマトヌマエビは一匹だけですが一週間生き延びました。
やっぱり水合わせが原因ぽいなー。
一匹だけ食べられずに残るってのはほぼあり得ません。しかも小さめのヤツだったし。


でもって、昨日なのですが、追加で4匹投入しました。
でもなんか少し見当たりません。飛び降り自殺した・・・?(´・ω・)
















110512e.jpg
サカサナマズ。大きめで背中も黒っぽいヤツ。背後には背中が白っぽいのがいますね。
最初のレイアウトの時はこいつらもホント影から出てこなかったけど
流木いれてからはこうやって毎回撮影出来るようになったのが嬉しい。
それにしてもお腹がパンパンだw



















110512f.jpg
そして同じく撮影しやすくなったクラウンローチ。
キレイな色してますねー。よかよかw
R.T.ブラックシャーク亡き今、クラウンローチがこの水槽の主です。
もうちょい前にも出てくれれば華があるんだけどなあw



















110512g.jpg
ボララスブリジッタエご一行。
なんか一部嫌われている感じ(´・ω・)
こうやって水槽奥隅で怯えている感じです。
慣れてくれ~~~。

そして、発色だいぶよくなってきましたね。
左上にいる古参にくらべるとまだまだだけどw

むしろ、シルバー・赤・紺といいバランスかもしれない?
古参は発色よすぎて赤と紺だけになっちゃってるからなーw





















110512h.jpg
オトシンネグロ。こいつもお腹丸いですねぇw
というか・・・コケかじってる気がしないんだよなあw

エサ(テトラミン)がオイシイもんでそっちにありついている気配がします。


















110512i.jpg
古参のブリジッタエ。赤の発色がすごいですよね~。
蛍光レッドなごとき発色です。


そして!
その左下にいるが、じつは昨日ヤマトと一緒に購入し追加したニューカマー。
多すぎないか悩みましたけど、5匹だけだし小さいし、てことで思い切っていれちゃいました。

今でもエサ上げすぎっぽいんで、エサを増やす必要そのものはなさそうだし。
テトラミンて何気に入れる量のセーブが難しいんですよねえ(´・ω・)



それにしてもこの新入り、ブリジッタエ以上に縦横無尽に動きまわって
しかも小さいもんだからピント合わせる暇もなく・・・
しょうがないのでマニュアルフォーカスがでガシガシ撮影して下手な鉄砲~作戦で
ガンバって撮影し、無事何枚か見られる写真が撮影できました!


















110512j.jpg
というわけで!
ニューカマースタンダダニオ・アクセルロディでっす!
旧名ラスボラ・アクセルロディ。なんか属が変わってスタンダダニオになりました。
小型のコイ科なのでブリジッタエの親戚ですね~。
ただ、ネオンテトラとグリーンネオンの関係よりは血縁が遠いみたいです。
シルエット的にはそっくりさんなんですけどね~。

青系すきなんで、この背中の青さには惹かれるものがあったわけですw
最初にグリーンネオンいれたのも青さ(赤みがない)が気に入ったからですしw

ブリジッタエと混ざって泳ぐことでいいアクセントになるんじゃないかと思っています。





















110512k.jpg
このアクセルロディ、個体差が結構あっておもしろいです。
このコは青の下に黒いくらいに赤いラインがはしっています。






















110512l.jpg
こっちのコは下側がキレイな透明です。





















110512m.jpg
一番キレイに撮影できた1枚。
このコは青がグリーンになっています。



















110512n.jpg
黒いくらい赤いコのベストショット。
グリーンネオンでも、環境や魚の心理状態で赤い色が目立ったりしますが、
アクセルロディの赤い色もおなじようなものなんだろうか?
にしても、個体差で固定されている気がしないでもない。


















110512o.jpg
ちょっと斜めから撮影したのでぼやけてますが、パンクです。
しっかり食べているようですね~w
パンクは私を怖がるコと怖がらないコがいるようです。
怖がるコは水槽左奥の水草の茂みに潜んでいることが多いです。
このコは怖がらないコでワリと近くまで出てきます。

















110512p.jpg
と、いうわけで60cm水槽でした。
水草は相変わらず育たないですが、マツモが枯れ切っていなかったので
少しは改善したのかもしれない、と淡い期待をもっています。
来週どうなってるかなあ・・・。

今ウチにある水槽の中で一番課題が多いのがこの60水槽ですね~。
30水槽は安定してるしカメも、屋外の問題児をひきとってもらえたので平和になりそうだし。

リチャはよくも悪くも変化なし。また病院につれてかないといかんな~。


そんなわけで、水質改善にむけてガンバりまっすヽ(`Д´)ノ

テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

21:16  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2011.05.19 (Thu)

写真】東山公園

はい、ということで1年ぶりに東山公園いってきました!

今回は動物園だけじゃなく植物園も行ってきました。
緩やかな山道を6時間かけて歩きづめて結構しんどかったw







こっちが動物園編でっす

110518/東山公園-動物園編
110518/東山公園-動物園編 by (C)きりんじ/MNW













でもってこっちが植物園編です。


110518/東山公園-植物園編
110518/東山公園-植物園編 by (C)きりんじ/MNW



テーマ : 動物の写真 ジャンル : 写真

21:26  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2011.05.20 (Fri)

リチャ】夏がきたー

夜でも15度を超えるのが当たり前になり、すっかり暑くなってきました。
暑くなると今まで通りにはいられない・・・そう
















110520a.jpg
リチャが仰向けに寝る季節ですヽ(´ー`)ノ

冬場は丸まって寝るんですけどね、夏は暑くて丸まってられないようで、
こうやって仰向けにお腹だして寝てるんですよ。

ちなみにこれはネムです。体のハゲはかわらずで・・・また6月にでも病院にいくつもりです。















110520b.jpg
そしてモグw いやーもう大胆不敵というかなんというか。
もう巣穴らしい巣穴がないのが当たり前で雑魚寝状態。
完全マッスグ仰向けで後ろ足がなんか可愛いことになってますw



こういうあられのない姿をみると癒されますねー(*´ω`)





テーマ : ジリス&ハタリス ジャンル : ペット

20:27  |  リチャ・ウサギ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)  |  Top↑

2011.05.27 (Fri)

カメ】カメ小屋大掃除

110527a.jpg

早いもんで、カメ小屋設置から3年が経ちましたので、ここいらで大掃除することにしました。
というわけでまずは排水~。
クロいのはコケですね~。
かったいのから熱帯魚水槽でお馴染みの黒ひげまで。
見てわかるように、陸地の下に位置しているところには生えていません。
やはり光が必要なんですね~。
奥側もスロープの下になるので光が弱いところです。












110527b.jpg
排水口まわりには黒ひげゴケが多め。
養分が貯まりやすいんでしょうねぇ。




















110527c.jpg
そしてなんと、右奥隅のほうに卵発見!
フナかモロコの卵なんでしょうが・・・
こんなところに産み付けているとは予想もせずビックリしました。

コケ撲滅のためにフル乾燥させたいところなので、フル乾燥させてしまうと
タマゴも全部ダメになってしまう、どうしよう・・・

悩んだ結果、濡らしたディッシュで保護することにしました。
無事だったかどうかはわかりません(´・ω・`)

どのみち生まれても親のエサになる気がしないでもない・・・















110527d.jpg
乾燥中は初代熱帯魚用60cm水槽に移動。
あとバケツも使って避難。
















110527e.jpg
意外とヤマトが多かった。
60cmに加えるとき、10匹で買って来たりして多い分をこっちに回してたんですよね。
その生き残りがこれだけいたようです。
外の連中は貝は食べるけどエビは食べないんですよねー。
タマは用水で捕獲してきたスジエビをみるとバクバク食べてたけど。



















110527g.jpg
濾過槽も掃除しました。
濾過槽は活動シーズンで2月に1回は掃除してます。
一週間に一回足し水、二週間に一回水換え、2月に一回濾過槽掃除、という感じです。
なので、5月、7月、9月、11月の年4回といったところですね。
オフシーズン中は足し水と水換えのみ継続しています。
初年度足し水だけで過ごしたら冬眠明けのカメたちが皮膚病患ってしまったので、
水換えも継続しています。そのおかげで今年はどのカメも皮膚病なしで目覚めました。


















110527h.jpg
昼間水槽にいれていたグループが水温上がって温度差が出てしまったので
魚だけプラケースに写して温度合わせをし、バケツ組を
水槽に移設して水合わせを開始。
適当に水を組んでドバーっと流しこんで水質を新水寄りにするという方法です。
増えてくるといっぱいあたりの質変化が減ってくるので増えたら適度に水を減らします。
それを6回くらい繰り返して夜の7時半ごろにカメ小屋に戻しました。
















110527j.jpg
プラケースで水温合わせ中のグループと後ろにオスのクサガメのけー。
フナはもともと丈夫なので温度差によるショックさえなければ
多分ドボンでも平気なくらい。
というかここにいるフナどもは全部ドボンしても生き続けているやつら。
死んだのは見たことがないくらい。食べられただけかもしれないけど。
















110527k.jpg
大掃除を終えて三日経った今日。


















110527l.jpg
マックロだったコケがずいぶんと減りました。
ちなみにあまりに頑強に張り付いていた為擦り掃除による撤去は諦めました。
乾燥して死滅したコケが消える程度でいいや、と。
どうせまたコケまみれになるし(´・ω・`)



















110527m.jpg
ヤマト部隊も元気にやっています。
なんかこのへんが定位置みたい。



















110527n.jpg
陸にいるケー。
ケーはイシガメにさんざん尻尾をかじられてしまい、そのせいですっかり水上生活が
多くなってしまいました。

一時期エサを食べに降りてくることすらしなくなってしまい、その対策として
スロープを二段にして半水上のポイントを作りました。
今年はちゃんとエサを食べている所をみているので餓死の心配はないでしょう。

















110527o.jpg
カブの妹(同世代のハズ)。カブと同じような口元のクマドリがあります。
カブより細長いかな。カブが屋内飼育やっていた時期のせいで
大きさに差がついてますが元気にやっています。何気に尻尾の被害は一番小さく、
短いながらも尻尾の体裁を保っています。













110527p.jpg
こっちがカブ。カブもけーと同じくらい尻尾に被害をうけていますが
持ち前の性格の差なのか、水中にいることが多いです。
カブは妹?と比べると甲羅の色が明るく、皮膚の色も緑色が強くでています。
この色に惚れ込んで飼育することに決めたんですけどね。

甲羅の1枚のてっぺんが白く変色してコケがついていますが、体調的には元気いっぱいです。
















110527q.jpg
引いて水槽の様子。
真ん中のが例の半水上の踊り場です。ここでエサを食べられるようにしたワケですね。
踊り場すぐ上のスロープが汚れてますが、あまりエビさんは食べに来ません。
下側より食べ物ありそうな気がするんだけどなあw何が違うんだろうかw


と、いうわけで3年ぶりの大掃除をして3周年となったカメ小屋でしたヽ(`Д´)ノ

テーマ : 爬虫類 ジャンル : ペット

18:05  |  カメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。