2011年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.12.02 (Fri)

写真】111130-白鳥庭園-紅葉

はい、というわけで白鳥庭園へ紅葉撮影にいってきました!
結論からいえば大当たりでした!快晴で温かく、そして紅葉の色つきもバッチリ。
この日をおいて他にない、というぐらいいい条件の中撮影できましたヽ(´ー`)ノ

白鳥庭園て熱田区で、街中にある庭園ですけどなかなか侮れないですよ~。
入場料と駐車場代だけかかりますけどね。


111130/白鳥庭園 紅葉
111130/白鳥庭園 紅葉 by (C)MNW/きりんじ
スポンサーサイト

テーマ : 季節の風景 ジャンル : 写真

00:07  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2011.12.09 (Fri)

30Hi】変わった葉っぱ?

111208a.jpg
というわけで、今回は30Hiです。

現状かなり完成されちゃってるのでなにか手を打たないと変化が永久になくなりそうだ・・・。
新しい水草植えるにもハイグロセイロンが邪魔になるんだよな~。
こんなにガンガン育つなんて思わなかったもんなぁw









111208b.jpg
で、今回のお題ですがこいつです。
ハイグロセイロンなんですが・・・葉っぱが従来のと違って短めかつ、やたらこゆいです。
調子がいいんでしょうかね。
この葉っぱはほぼ水槽のど真ん中で、照明の赤色LEDを一番浴びているスポットでもあります。
赤色効果で何か普段と違った成長をしているのでしょうか。

とくに左下あたりの葉っぱ。すげー丸いです。
細長く伸びるいつもの葉っぱと全然違います。なんか波打ってるし。






111208c.jpg
その隣の葉っぱもこんな感じ。波打っててなんか肉厚そう。
やっぱり赤色大事ってことなんですかね~。








111208d.jpg
アップ。
葉っぱが斜め上へ広がっててすごいイキイキしてる感じw









111208e.jpg
茶色といえばこちらもじりじりと育ってます。
ロタラが上を覆ってひかりを阻害しないようにトリミングは要注意。
光が当たっていれば育つ感じ。









111208f.jpg
グリーンロタラ。こっちもわさわさ増えてます。
ボールっぽくはなりませんけどね。LEDは光が直進するので、その点はメタハラに近いです。
蛍光灯のように全体的に反射してほわっとした感じになりません。
グリーンロタラを丸くさせるには多分蛍光灯のほうが向いているんでしょうね。









111208g.jpg
キューピーアマゾン。
はやく60cmに移動したいなあw

ただ、60cmは未だコケと格闘中なのでむずかしい。
シダ類はコケたら復帰難しいですからね。
有茎類は育つんでやられたところは最悪トリミングできるけど、こっちはムリ。






111208h.jpg
ロタラ。微妙に色つきつつ元気。
そういや最近CO2補充してないな。今度やっとくかな。
あれやると葉っぱの質が明らかに変るんですよね。







111208i.jpg
こっから生体編。
今回はTamron70-300mmF4-5.6 Macroを使って見ました。
ピンポイントならこっち使ったほうがキレイに撮れますな。









111208j.jpg
ブリジッタエ軍団。遠くから撮影してるもんだから警戒緩め。









111208k.jpg
写真加工でこういう鮮やかな写真にする方法を偶然みつけました。
被写体によっては失敗しますが、概ねキレイに仕上がって良い感じヽ(´ー`)ノ
ちなみにフォトショップ使って特定色の選択でいじってます。
パターン化してアクションに登録して適用して、上手く行ったら使う感じ。









111208l.jpg
こっちも警戒緩めででてきたゴールデンテトラ。ラインの輝きはかなり衰退しちゃった。








111208p.jpg
金色ボディだから多分オス。
こっちも警戒しつつワリと前に出てきましたw









111208o.jpg
3匹で様子伺っているの図。
4匹生存確認しています。









111208m.jpg
稚エビ。ISO8000で撮影。高感度耐えられるのがK-rのいいところ。
背中黄色いのはきっと何か食べたあとなんでしょうねw








111208n.jpg
こっちはオトナサイズ。
目が透き通っててキレイですね~









111208q.jpg
ということで30HI水槽でした。
とりあえず安定しまくりで来年はどう手をいれたらいいものか悩みどころw
底面的には30x30しかないんで、あんまり種類入れられないし。
やるとしたらセイロンをはずして何か、って感じでしょうか。
発酵式CO2を本格稼働させてちょっと難しい水草挑戦してみてもいいかもしれませんね。
底砂が砂なのが気になる点ですけど。
砂は気に入ってるんだけど、現状あんまり意味ないかなあ。底一面草生えてるしw

まぁーおいおいゆっくり考えてみますヽ(´ー`)ノ

テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

00:35  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2011.12.11 (Sun)

写真】皆既月食

111211a.jpg
はい、というわけで今夜は皆既月食です!
皆既月食といえば、太陽に照らされた地球の影に月がすっぽり入る現象です。
ナマで皆既月食みたのは今回がはじめてでした。
一時期、空が雲で覆われたりしてどうなるかと思いましたが無事見ることができてよかったです。

これはまだ始まる前の写真。午後7時前。
キレイなお月様ですね~。









111211b.jpg
そして半分欠けている状態!
日陰側にもうっすら輪郭がみてとれます。
これは加工して見た目に近づけました。写真じゃ月の模様写すと周り真っ暗だったでw








111211c.jpg
ほとんどが影になってしまった状態。
こっちは加工していないので影側真っ暗です。
実際はそこそこ影側も見えました。








111211d.jpg
というわけで影側に合わせた写真。
このあたりで気づきましたが、満月と雲泥の暗さのため、
非常に撮影が厳しい状態に。

三脚も真上過ぎて可動範囲外。
このへんウデの足りなさもあるんでしょうね。お気軽スナップ撮影しかしないので。









111211e.jpg
そして皆既月食!
高感度でなんとか撮影しました。
肉眼より赤みが強調されてます。
ちゃんとした設備とウデのある人はキレイに撮れたんでしょうね~、うらやましいw









111211f.jpg
なんとかふんばってここまで・・・。
ちょっとピンボケしてます。三脚がいいもんじゃないんでぶれちゃってるんでしょうかね。







111211g.jpg
再び地球の影から外れて太陽の光の反射がはじまりました。


ということで、皆既月食でしたー!

テーマ : 写真日記 ジャンル : 趣味・実用

00:21  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2011.12.15 (Thu)

60HI】いろいろ追加!

はい、ということで前にちらっと予告したようにちょっと60水槽を
テコ入れすることにしました!

ここの水槽の一番の問題だった、コケが生えないかわりに水草が死滅する水槽。
それが去年まで抱えていた問題だったワケですが・・・
原因はCharmのカルキ抜きということが発覚し、カルキ抜きをテトラのコントラコロラインにすることで
無事解決、水草がもっさもっさ生えるようになりました!

しかし、水草がロタラとハイグロポリスペルマセイロンだけではどうにも見栄えがよろしくない。
とはいえ水草を増やすにはなんかテクニカじゃ明るさ足りないんだよなあ(昔より暗くないか?コレ)
ということで!

まずは照明をどうにかしようとずっと悩んでいました。
悩むポイント。最近は高周波インバーター管、通称T5管と呼ばれる細い24W蛍光灯を使った照明器具が
流行ってます。一番の売れ線はオプティマス60ですかね。24W管を4本使った100Wクラスの蛍光灯です。
それでもってお値段2万円くらいってことで、テクニカより安くて明るい照明です。
欠点は蛍光灯が4本ということで、交換費用が高いのと、W数が倍なので照明費が二倍。
まあ50Wって0.05Aということで、月間でみると電気代大したことないんですけどね。
メインは交換球のランニングコストでしょう。

でも、これを買うということは今使ってるテクニカを使わない、ということで
2万円だして買ったものがパア。これはちょっともったいないので、何か別の手で・・・

と、いろいろ考えた結果出した結論がコチラ!







111215a.jpg
NISSOのLUCIFER LED LIGHT 600 POWER。
こちらにしました。お値段14000円弱。たっけえw
これならオプティマスでも・・・てきがするけど、テクニカムダにしないし、
交換球のランニングコストは当然LEDだから採算無視できる(公称4万時間)。
なによりスリムで場所も取らず、テクニカ+αとしては最適。









111215b.jpg
20W蛍光管x3なみの明るさ!・・・誇大広告すぎるぁw
とはいえ、アクアリウムでこのタイプのLED蛍光灯で20W出力の商品て少ない。
さらに14000円という値段も考えると選択肢はない。オンリーワン。そんな商品。

アクアリウム用のLEDって10W前後のものが多いんですよね。
省エネ謳うためにそうなってるんでしょうが、求めるものはそういうんじゃないんです!
ということで、この20WLEDを使って見ることにしました。
ネットで調べてみても利用者すっげー少ないんですよね。個人Blogじゃ1つしか見当たらなかったw
あとはお店のものとか、旧型の11Wのヤツとか。これはPOWERってことで20Wになってるモデル。

色温度は9000kとちょい高め。










111215c.jpg
裏はこんな感じ。
四角型のLEDチップが並んでいます。
蛍光体が黄色なので、青LEDに黄色蛍光体の標準的なLEDチップですね。
演色に関してはテクニカで補えてると思っておく。









111215d.jpg
ということで、明るさチェック!
例によって設定固定です。ISO800 F4 蛍光灯N シャッター速度1/60の固定設定で撮影。
やっぱテクニカ前より暗いぞー。
どうなってんだー。一本赤にしてるとはいえなんか暗い。
インバーターが寿命とでもいうのか!?


あと、今回レイアウト変えています。
ハイグロセイロンをかなり間引いて、ロタラも根っこのほうを処分して
頭の方だけ差し戻し、という感じでスペースを作りました。
あとで説明しますが新しい水草が中央付近にあります。

左側に流木組み。






111215e.jpg
そしてこちらはLUCIFER LED LIGHT POWERのみ。
テクニカと比べて全体的には暗いのに、水草や底砂は明るい。
この不思議な光加減がLEDならではという感じですね。
明るさだけなら一般的な20Wx2以上はありそうですね。テクニカはブーストさせてますから
20Wx2でありながら20Wx3並の明るさがあります。今のウチのテクニカはそこまで明るくないっぽいけど。

水草やらないんならコレで十分じゃないでしょうかね。
周りが暗くなるから、むしろ魚のネオン的な明るさが際立って
魚鑑賞には向いているんじゃないでしょうか。







111215f.jpg
最後にフルライトオン!
間違いなく明るい!
中央すぐ右に置いた今回新入りの水草をみると如実に差がありますね。

これで光量だけなら大抵の水草がいけそうな感じになりました。
実際どうなるかはわからんけど。なんかテクニカのレフレッドがイマイチ暗いんだよなあ。
最初からあんなだったけか・・・?





111215g.jpg
LUCIFERのスタンド。針金みたいなのです。
照明本体は天井にスリットが入っていて放熱板になってます。
アルミ製。









111215h.jpg
こんな感じで上に載ってるだけ。
ただ、凸型になっている部分で本体側の黒いパーツがひっかかるので左右にはズレないようにできています。
最低限必要十分ですね。









111215i.jpg
新たに植えた水草。
まずはこちら、ベトナムゴマノハグサ。
Charmで最近登場した、中~前景向けの水草。
グリーンロタラみたいに、それ以上に丸まりつつ横へ伸びる水草です。
背が高くなりにくいので優秀。
グリーンロタラは上にも伸びてきてくっちゃくちゃになるからねぇ、環境悪いとw








111215j.jpg
あとはこちら。ロトンディフォリア コロラタ。
通常のロトンディフォリアよりも赤くなる種類です。ウチのロタラ緑ですからねえ。
これでちょっとは彩り良くなるんじゃないかなあw









111215k.jpg
最後に中央付近に植えたヤツ。
ホムセンで300円、名無し。ネットで調べたトコロ、ハイグロフィラ・ロザエネルヴィスっぽい。
飼育難易度は低いみたいなんで、ウチでも育つんじゃないでしょうか~。










111215l.jpg
こちらがベトナムゴマノハグサ。ただし水上葉でまだ寝てる。
こっからガンガンモフモフしてってくれると期待します。









111215m.jpg
奥の一本赤いのがコロラタ。水中葉だった。
ちゃんと育つといいなぁ。
少し30HIにも植えておいた。彩り要員として期待。


というわけで、本日の追加要素でしたーヽ(´ー`)ノ
水草が育つようになり、さらに照明追加で安定して明るくなった水槽で
どこまで水草が育つか楽しみですわー。


さて、こっから先お魚部門。
ちょっと写真多くなったんで折りたたんでおきます。


テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

19:17  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2011.12.21 (Wed)

スマホ】102SH購入!

111221a.jpg

はい、102SHです!
先日発売されたSoftbankのSHARP製最新スマートフォンですね。
スペックは
1GHzDualCoreCPU、RAM1GB、ストレージ4GB+SDHC、4.5型1280x720 1677万色表示の3D液晶
通信はULTRA SPPED 下り21Mbps。
前まで使っていた003SHは
1GHzシングルコア、RAM512MB、ストレージ1GB+SDHC、3.8型800x480 6万5千色表示の3D液晶
通信はHSDPA 下り7.2Mbps。

見事なまでに全てで上回っていますね~。OSだけは一応どちらも2.3で同じです。
003SHって発売されて1年なワケですが・・・ちょっと裏技?を使って(比較的)お安く運用しています。

まず、もともと持っていて2年間過ぎた933SHというガラケーから102SHへ機種変しました。
さらに、003SHのSIMを102SHでも使えるマイクロSIMに変えてもらったんです。
そして003SHのSIMを102SHにいれています。これで102SHで003SHのプランで使えます。
ウルトラスピード対応端末ということでパケプラン違ったら使えないなーて思ったんですが、
同じプランで利用出来るのでこの手が使えました。

102SHのほうのSIMはどうしたかというと、003SHにはいるSIMサイズにするアダプタを付けて、
3G通信をOFFにして、パケットS390円のプランで申し込みをしてあります。
つまりこっちは通話とSMS専用

003SHで契約したパケットプランが、パケットし放題MAXといって、712万パケまでで3985円、
上限5985円というパケットプランなんですよ。そして今までこのラインを超えたことがありません。
そのプランは現状なくなっており、申し込めるプランは390円からだけどすぐ上限いくSか、
5480円のフラットかです。フラットだと1500円も月額高くなっちゃうわけですよ。
だからなんとしても003SHのSIMをメインで運用したかったワケです。

おかげで933SH維持と比較しても差分月額1000円程度で済みました。
ガラケのパケット二重定額が1039円~なのがスマホのパケSで390円になったのがポイントです。



というわけで、あの手この手でお安く102SHをゲットした、という寸法です。
色は黒にしました。
この機種は全面がどの色でも黒で、横の半分から下が各種カラーという構造で、
真っ黒の機種に白いカバーを付けても違和感はないんだけど、白に黒いカバーをつけると
ボタンまわりだけが白く残るというちょっとした罠があるので黒にしました。

まだカバーとか買ってないですけどね。そのうち買います。







111221b.jpg
裏面。この102SHは003SHと違って防水仕様となています。
なので防水に関する注意書きが書かれています。
防水は電池パックまわりなどだけで、内部は一部浸水する仕様です。
カバーあけると水が入ってるのでビックリする人もいるらしい。






111221c.jpg
カメラ周り。今回はレンズシフト式の手ブレ補正がついています。










111221d.jpg
ストラップホール。今回ストラップは本体の左下側に付きます。
003SHは左上でしたね。









111221e.jpg
充電用の端子。防水機種ということで、閉じたまま充電出来るようになっています。
もちろん錆びないように金メッキ加工。









111221f.jpg
画面点灯。とりあえず003SHとおなじアプリをいれましたが、壁紙はデフォルトのまま。
解像度が上がっている上に、縦横比が16:10から16:9になり縦長に。
同じウィジェットを表示してもなんかスペースに違和感がありますが、なんとか収めました。
アイコンの列数を横5列、縦6列にしています。
ただ、横長にするとスペースが足りずにちょっと縦に重なっちゃいます。
縦横比率がちょっと変わっただけでこうまで影響するかぁ。
まあ、ホーム画面を横長で使うことはまずないので無視します。









111221g.jpg
4.5型に1280x720の高精細パワー。超接写でかろうじてドット判別できる感じ。
上の写真の、時計下にあるカレンダーです。ここまで大きくしてもこの精細感。










111221h.jpg
003SHと比較。
縦はちょっと102SHのが長いです。









111221i.jpg
これくらい。カバーつけてるから実際はもうちょい差があります。









111221j.jpg
厚みは003SHのがあります。102SHは限界まで薄くしてある感じですね。









111221k.jpg
画面点灯で比較。
アイコンの列が1列分まるまる長いですねw
102SHは最初についている傷防止シートが貼られたままなのでマットな感じになってますが
画面の鮮やかさは実際は102SHのほうが鮮やかです。










111221l.jpg
003SHのSoftbankロゴのあるスペースまでもガッツリ画面に使って
サイズを限界まで押さえ込んでいます。





あとは使ってみての感想ですが、
デュアルコアCPUに下り21Mbpsのウルトラスピード対応、ということで
ネットブラウジングは快適そのもの。
液晶も大きく鮮やかなので動画なんかも今まで以上に迫力があります。
あと、006SHからなんですが画面とガラスの隙間を極力詰めたのでiPhone4ほどじゃないですが
ガラスいっぱいまで画面がきていて、奥行きがなくなった分、
体感的に画面がより大きく感じます。102SHをみてから003SHをみると額縁の中感がありますw
あとRAMの容量アップが大きいですね~。前はネット見てから残りメモリ確認すると30MBとかでした。
今回は倍増してますからVRAMに128MBとられても384MBアップしてる計算です。
そして実際それくらいの空きメモリが維持できています。空きがある素晴らしいw

ただ、いいことばっかりでもなく、
なんかADWランチャーの相性なのか、ドロワー(アプリ一覧)表示の時に妙にカクつきます。
原因不明ですが、デュアルコアCPUが相性悪いんじゃないかと思ってます。

あとは現状未知数なのがバッテリーの持ち具合ですね。
理屈でいえば前より持つハズなんですが、私の003SHは他の人と比べても妙に持ちが良かったので
比較するとどうなるか。

どれくらい持っていたかというと1日15分のネットブラウジングと少々のメールと電話で
一日25%程度の消費。三日間充電なしで余裕でした。
はたして102SHはこのレベル、それ以上持ってくれるのだろうか。
しばらくは電池の慣らしが必要なのでそれまでは劣るでしょうけどね。

テーマ : スマートフォン ジャンル : 携帯電話・PHS

21:34  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2011.12.30 (Fri)

スマホ】102SH使用レビュー

111229a.jpg

はい、ということで102SHをいろいろいじったので追加レビューでっす。
とりあえず、ラスタバナナのハードケースの白を買ってつけました。
LABI名古屋みましたが、あんまりいいのなかったのでとりあえずです。
ストラップは003SHの使い回しです。そのうち色違いで102SHに合いそうなの買い直します。

なかなか実用性重視のストラップってないんですよねぇ。
このストラップは指三本はいるし、合皮で耐久性も高く、紐系と違って擦れにも強いです。
紐系のストラップって擦れて繊維がボロボロになってすぐダメになっちゃうんですよね。

このストラップはシンプルでいてデザインいいし、実用性も高くて気に入っています。
ちなみに本体指から滑らしたことが数回ありますがストラップのおかげで落下事故は免れています。




なお、保護フィルムはRAYOUT製の抗菌光沢フィルムです。
防汚能力もあり、滑りも悪くないですよ。
マットタイプはさらさらしてて手触りはこれよりもいいですが、一応画質優先で
光沢タイプにしてみました。






111229b.jpg
さらに電池カバーの白を買って付けてもいいですね~。
SH102のいいところはDocomoのSH01Dとほぼ完全に同型なので、アクセサリーが共用ということです。
Softbankのスマホって全体的にアクセサリーが少なめですが、この共通仕様のおかげで
Docomo用のSH01Dのアクセサリーが使えるので、Softbankのスマホとしてはアクセサリーに恵まれています。

あと、ラスタバナナのハードケースは予想外のトコロでいいところがありました。
何かというと、脱着がし易いということです。







111229c.jpg
ポイントはこのストラップホールまわりの仕様。
ロの字型ではなく、コの字型に抜けてるんですね。
このおかげで、ストラップにひっかかることなく簡単にケースが外せます。
ロの字型だと、ケースは外せてもストラップが通らずそこでひっかかる、
完全に外そうとしたらストラップも一度取らなきゃいけないんですよね。

これはストラップ付けたままの完全分離が可能なので非常に便利です。





111229d.jpg
特に、このSH102は充電用のクレードルがついています。
このクレードルで充電する為にはケースを外さなきゃいけない、付けたままじゃ
クレードルにはめられないという仕様なので、完全分離はありがたいです。
なお、クレーフォルは見ての通り右側にストラップを逃がすスペースが設けられています。




111229e.jpg
クレードルの裏面。
クレードルへの接続はスマホ用のMicroUSBではなく、3Gタイプのコネクタになってます。
めんどくせーw なんでMicroUSBにしてくれなかったんだろう(´・ω・)







111229f.jpg
さて、中身のほうですが、まずはホーム画面。
最初は003SHのころとほぼ同じ仕様でしたが今回ちょっと変更しました。

変更点は時計ウィジェットをAdvanced Clock Widgetに変更したのと、
ホームアプリはADW.LauncherからGo Launcher EXに変更した点。

102SHはどうもADWと相性が悪いようで、ドロワー画面のカクつきがひどかったです。
他にもいくつか試しましたが、ADWにはGOが一番近い操作が可能、ということで
これにしました。こちらだとドロワーも快適に動作します。
が、一回目だけローディングかしらないけど操作不能な時間が発生する場合があります。

時計ウィジェットは前は青空クロックでしたが、どうも102SHで使った場合、
スリープ中に時間が進んでくれないという事象が発生しました。
なので変えました。こちらのAdvanced~は正常にスリープ中も時間が進みます。





次に、バッテリーの持ちですが、スリープではやや003SHより持つものの、
使った時の消費は003SHより多い、といった感じです。
1280x720の高解像度パネルとデュアルコアCPUが稼働することになるのでしょうがないんでしょう。
しかし、私の場合なら3日充電なしで使えそうです。つまり一日30%未満程度。
まあ、しばらくいじり倒していたので3日持つことはなかったですが、それでも2日は
充電なしで使えました。


あと、102SHには003SHにはなかったエコ技がついています。
省エネ設定の進化版ですが、初期設定で液晶がエコバックライトモードになっているのが
クセモノです。

エコバックライトモードの設定は省エネ設定→各エコ技モード(通常・技あり。お助け)内の
明るさ設定のトコロにあります。エコバックライトは、バックライトを暗くしつつ、
画面表示を明るい方向にすることで結果かわっていないように見える、でも省エネ
というモードです。が、やはり本来の色はでておらず、一部不自然な描写がされます。
さらにコントラストも実質半減。本来のキレのある画質ではありません。
まあ、寿命優先したいならオンでもいいと思いますけどね。

私はせっかくなのでキレイな画質で見るためオフにしています。




スマホでバッテリーが一日も持たないって人多いようですが、
多分使用頻度か設定によるものなんでしょうね。
使ってる人が持たないのはしょうがないでしょう。
使ってないけどみるみる減っていくという人はどこかでスマホが動いています。

具体例でいうと、
ホーム画面に貼ってあるニュース等、定期的に通信して新情報を取得するアプリは
確実に電池を消費します。公式のMixiアプリなんかもそうですね。
新着メッセージ等を随時取得する仕様だったはずです。

なので、私はこの手のアプリ・ウィジェットは一切使っていません。
ニュースはWEBからYahooトップページ開けばいいし、MixiもWEBで十分です。
今はスマホ用フォーマットもしっかりしてますからね。

当然ですが、GPSとBlueToothは使わない時はOFF。無線LAN(Wi-Fi)もです。
このあたりがONになってると無駄に動いてバッテリーを消費します。


あとはAdvanced Task Killer等の、不要なアプリを定期的に終了させるアプリと、
スリープする前に起動してあるアプリを毎回終了するクセをつけるといいでしょう。
WEBを見終えた後はMENUからブラウザの終了を選択、他のアプリも開いてるなら
ホームキー長押しで起動中のアプリ一覧を出して一括終了。
その後でAdvancedTaskKiller等でアプリではないタスクも落として、
それからスリープ。

これが私がいつも行なっている流れです。

●常時通信系のアプリ・ウィジェットは極力控える
●スリープ前にできる限り不要なアプリ・タスクを終了させる

この2点を実行すればかなり電池がもつようになるはずです。
一度御試しあれヽ(´ー`)ノ

00:23  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。