2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.01.01 (Sun)

60Hi】あれから2週間

120101a.jpg

はい、新年明けましておめでとうございます!
早いもので2012年。2000過ぎてから干支一周しちゃいましたよ。

震災、原発事故、それに伴い原発再稼働全面中止でついには可動原発0に。
激動の2011年でしたね。

元旦早々すごい沖のほうで地震があったようですが、東海地震に繋がらないか不安です。
もし今年東海・東南海・南海連動地震がおきたら日本はどうなっちゃうんでしょう。
不安がっててもしょうがないんですけどね。
なったらなったで必死に生き延びることを考えるとして、それまでは準備はしつつも
平常運転でいきたいと思います。

手回し充電機能付きラジオとか最低限の非常食・カイロとかはあるといいよね。
あと、玄関がツブれた時用に別途靴を一足部屋においておくといいそうですよ。
ガラスとか散乱してる中でも歩けるよう、靴底がなるべく丈夫なヤツで。



では水槽の話にもどりましょう。
まずは上の写真。
どの水草も顕在です。溶けちゃわないでよかったw
というか、ロザエネルヴィスは最初の一週間、葉っぱぬけまくりで溶けるかと思った。
どうやらとどまってくれたらしく、葉っぱが増えてきています。
よかったー。






120101b.jpg
あと、前回ちょっと紹介し忘れてしまったんですが、ヤマトヌマエビいれました。
水合わせ中の写真撮ったんだけど、キレイに写ってなくて・・・。



無事に顕在なのでこないだみたいに落ちることはなさそう。
クラウンローチに食われてるんじゃなくて水質だったんだなあ。








120101c.jpg
今日も元気なさかーさなまず。
こいつらも一切何もなく平常運転です。








120101d.jpg
ホワイトテトラ。赤目です。
こいつらも数減ってきたなあ。
追加については慎重にいきたいところ。
しばらくは保留。








120101e.jpg
グリーンネオン。
こっちも減りつつも元気なのは元気。
夏までにどれくらい残るか。








120101f.jpg
アクセルロディ。4匹くらい生き残ってます。
LEDにしてから青が映えるようになったけど、高いので追加はちょっと躊躇。
写真も撮りづらいしw








120101g.jpg
ブリジッタエ。
前回、左側でよく見ることができたんですが、
どうやら右に移した茂みに気づいてそっちに引っ越したらしいw
また姿隠れちゃったけど、たまにこうやって出てくるので
見ることは可能、写真もなんとか。







120101h.jpg
Hanabiはあいかわらず一目気にせず自由に動いてる。
あと、テトラ類も前よりは隠れなくなった感じ。
写真取ってるとそこそこ手前まできます。
警戒はしててちょっと変に動くとすぐ逃げていくけど。






120101i.jpg
コリドラス。ぼけちゃってるけど手前はメタエ。
どっちも元気にやっとります。
撮影してたらなんか手前にでてきた。
怖いけど興味あるみたいな感じw






120101j.jpg
メタエのみ。このマエタエはなにやら長いこと手前にいた。
こっちを観察していたんだろうか?







120101k.jpg
最後に安定のクラウンローチ。
絶対ここでこっちを見てるw

隠れてても見える位置にいてくれるのはありがたいんだけどねぇw






120101l.jpg
こっから植物偏。
ロザエネルヴィス。最初のころほどピンクいところがなくなっちゃったけど、
新しい葉っぱがピンクになってます。
枝分かれも始まっています。キレイにたくさん育ってくれるかなあ。







120101m.jpg
1株だけ60水槽にうつしたキューピーアマゾン。
ヤマトのおかげかあまり黒ひげには覆われていない感じ。







120101n.jpg
ベトナムゴマノハグサ。
明らかに伸びています。
どこまでもさもさになってくれるのか楽しみw







120101o.jpg
ロタラ・ロトンディフォリア・コロラタ。
新芽は緑。この先どう育つかな・・・?








120101p.jpg
と、いうことで順調に育ち出した60cm水槽でした~。



これからも平常運転で続けていくので本年もよろしくお願いしますヽ(´ー`)ノ
スポンサーサイト

テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

22:00  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.01.05 (Thu)

リチャ】初めての生牧草

120105a.jpg
Charmで他のもの頼むついでに安かったので購入してミました。
イタリアンライグラスです。
この量で150円。

しかも、刈り取ってあげたあとにまた次の葉っぱが出てくる。
いつまで出続けるかはわからないけど150円で新鮮なナマ牧草を与えられるのはうれしいですね。
これだけでもリチャx2には多すぎる気がするけどw


ボチボチ刈取りつつ夕飯と一緒に与えたりしてみようかと思います。








120105b.jpg
ポットは再生紙でできたECOPOTです。
ポット自体が保湿効果をもっています。
私はずぼらなので周りに最初から入れられていたビニール袋で覆って
このままにしておくことに。

一日一回水をやって牧草を維持します。
リチャ用に使っていたフルスペクトル蛍光灯を使って維持してみます。
枯れそうならとっととリチャに食べ尽くしてもらおうw









120105c.jpg
土ではなくてチップ的なもので栽培されてるようです。
園芸詳しくないので土の種類まではわからない(ノー`)










120105d.jpg
とりあえず、少しカットしてさっそく与えてみた。モグさん。
お気にめしたようでガツガツ食べてしまいました。早すぎて写真がブレまくったので
食べてる様子がおみせできませんヽ(´ー`)ノ








120105e.jpg
ネムさんも気に入ったらしい。もっしゃもっしゃと平らげてしまいました。
さすが生牧草。いい食いっぷりだ。









120105f.jpg
こっから先は年末に撮影したものでーす。

私が目の前にやってきて掃除?追い出される?と警戒しているネムさん。
昼間に近づくとすぐこうやって警戒します(´・ω・)

でも、上のライグラスみたいにオヤツを見せると警戒といて寄ってきます。
ちょろいなーw
でもつかもうとすると逃げるから掃除の時の捕獲には使えないんですけどね。
逃走先の筒を用意することで、筒ごと取り出すという手で退いてもらってますw









120105h.jpg
一方モグさん。
こっちは扉が開いたらとりあえず寄ってきますw
そして指をだすと毎回とりあえず匂いを嗅ぐw
そしてすぐ興味をなくして外へ出ていく。









120105i.jpg
手乗り中にパシャリ。
胴体にピントあって頭がボケちゃった。
一眼はボケがウリである一方、こういうことになっちゃうのが難しいところ。










120105j.jpg
カクとご対面させてみた。
ネムはまったくもって興味がない様子w

一方カクはとりあえず食べてみようとするのであった。
リチャって匂いがないと動体でも興味もたないんだろうか。









120105k.jpg
一方ネム。
なんかわからんけど時々手前に来るんですよね。
毛は相変わらずじわじわ抜けて行っていますが活動的にはかわらず元気です。
尻尾もだいぶ薄くなってしまい、ネズミみたいに尻尾の地肌が出てきてしまってます(´・ω・)
うーん・・・毎日ちょっとずつ寒い風にも当ててみようかな。
冬眠しないようちょっとだけ・・・。
毎日ちょっとずつでも季節の気温を感じさせれば何かがかわるかもしれない。
リチャの負担にならない程度にいろいろやってみよう。











120105l.jpg
上の写真のあと、扉をあけてちょっと遊んでたら飽きたのか牧草をかじりだした。
何気に牧草をかじってるトコロを写真で撮る機会ってないんですよね。
暇つぶしの余事なので、カメラ向けるとこっちに注意いって手が止まっちゃって
写真撮れないんですよ。









120105m.jpg
最後にもう一度モグさん。
出るよ。出ちゃうよ。いつものとこ(横の机のテレビの裏)行っちゃうよ。
いいね?いいよね?いっちゃうよ。
そんな感じ。

モグのアクティブっぷりは扉閉めるときも閉めるより先に出てきたり、いろいろ大変ですが
ストレスとは無縁なようで気遣いの面ではかなり楽させてもらってます。
外にいるモグを掴んでケージに戻す、手を戻す速度に負けじと入り口まで戻り
そのまま飛び出す、というのを繰り返すんですよw

まあ、奥角にある巣へ、奥へ頭を向けていれてやると貯蓄してあるエサの匂いに
気を取られて止まっちゃうのでおいかけっこに飽きたらそれで終わらせてもらってますw


そんなこんなで平和にやってるリチャx2。
今年の6月で3年目ですね。早いものです。
リチャの寿命的にそろそろ折り返し地点ですね。
病気なんかにならないよう元気に長生きしてほしいもんですヽ(´ー`)ノ

テーマ : ジリス&ハタリス ジャンル : ペット

21:16  |  リチャ・ウサギ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.01.05 (Thu)

日記】2012年賀

120105n.jpg

はい、ちょっと遅くなりましたが今更ながら新年のご挨拶をさせて頂きますw
去年は大震災にはじまり原発事故、それに伴い夏の電力不足、
この冬も万全とは言いがたいもののなんとかなってる、そんな感じみたいですね。

日本の政治についてはいろいろと不満も募るところですが、
選挙の投票くらいしかやれない身としては耐えるしかない所なので
ここではおいておくとしましょう。

ちなみに前の衆院選、私は民主には投票してませんし最初から期待してませんでしたよヽ(´ー`)ノ




さて、世俗の話はおいといて、ウチの話をしましょう。
去年1年で一番変わったのは・・・60cm水槽ですかね。
課題だった、植物が育たない水槽。この原因を突き止め、ついに解決に至りました。
植物が枯れなくなったので、ここでLED照明追加しつつ水草も増量。
これで景観もよくなってくれるんじゃないかと思いますw
今年は60cm水槽の成長にご期待くださいヽ(´ー`)ノ

カメもリチャも、課題はありますので地道に解決に向けて取り組んでいきたいところですね。
30cm水槽は・・・完成されちゃった感じがすごい・・・どうしようか・・・w


次に、現状決まっている今年の予定ですが・・・ミラーレス一眼か、ハイエンドコンデジ、
どちらかを購入しようと思っています!


一昨年の年末前にK-r買いましたね。ただ、動物園なんかで写真撮ってて思ったんですが、
一眼のメリットであるレンズ交換。これって外でやるとなるとすごい面倒なんですよ。
被写体見るたびにレンズ変えていたら時間がいくらあっても足りないんです。
かといって、遠近両用レンズって画質がよろしくない。
それに両用レンズじゃ望遠300mm(35mm換算450mm)までは届かない。

なので、最高は一眼を2つもっていって、それぞれに広角側、望遠側のレンズを付けておくこと。
が、一眼2つも首にぶら下げて撮影するのも、本体を持ち運びするのも大変です。
そこで一眼より運搬に優れ、画質も及第点が見込めるミラーレス一眼orハイエンドコンデジを
1つ購入することで死角ナシの写真撮影が出来るだろう、という考えというわけですね。

去年動物園にいったときは防水コンデジのTX5を広角側担当として使ってましたが、
なんか画質が残念なんですよね。色を弄って補正するにも限界があって
なかなか思ったような色にならない。特に空や緑の色が悪いとなると
風景撮りとしての広角側の役目は果たせていないといえます。

というわけで、持ち運びに優れた、広角側撮影用カメラが欲しいということですね。
ただ、正月は新機種がいくつか発表されるというウワサなので何を買うかはそれをみてじっくり考えます。
購入予定は2~3月。決算セール狙いですねw

そのカメラを追加で携えて春の写真撮影に言ってみようと思いますヽ(´ー`)ノ



というわけで、今年もかわらずペット写真中心にあれやこれや雑多なBlogを
週一ペースで続けていきたいと思っていますのでよろしくお願いします!m(_ _)m


テーマ : 年末&お正月 ジャンル : 日記

22:16  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.01.07 (Sat)

スマホ】電池カバー到着

120107a.jpg
注文してあった電池カバーが本日到着しました。
Docomoから。

ばっちり書いてありますね~w

以前も書きましたが、Softbank102SHとDocomoSH-01Dはまったく同じ形状の
兄弟機どころか双子機なのです。

なので、電池カバーもまったく同じ形状をしており流用できるのです。
一応、公式HPのそれぞれの寸法をみると、何故か厚みだけ0.1mm違います。
でも実際のところは同じ。突起部含む含まずの差なんだろうか?それとも個体差?

Docomoの電池カバーはオンラインストアでDocomoユーザーじゃなくても購入可能ですヽ(´ー`)ノ



というわけで、注文したのはホワイトとブルーです。







120107b.jpg
ご開帳~。
青が思ったより落ち着いた色だった。もうちょい明るいハデなブルーを想像していた。
102SH標準カバーだとSoftbankと書いてある場所にAQUOS PHONEと書いてある。
つまり、102SHにSH-01Dのカバーをつけると、Softbankのロゴを消せるのだw

逆にSH-01Dに102SHのカバーをつけると、前はDocomo、後ろはSoftbankとなる(’’








120107c.jpg
まずはホワイト。綺麗なパールホワイトです。うん、素敵。
ソフトバンクのホワイトはただの真っ白。Docomoのほうがリアカバーは凝ってる模様。
 ソフトバンクもパールホワイトだそうです。誤情報失礼しました。







120107d.jpg
こちらがブルー。このブルー、一応メタリックブルーです。
ラメっけは少ないんですが、ギラリと輝く光沢がかっちょいいです。
どう表現したらいいか・・・アルミ板にクリアブルーを吹いたような感じ?

ただ、こういう色って写真で見たとおりに出にくいんですよねえw
公式HPのブルーだとだいぶ明るめなブルーなのですが、実物はおとなしめで
かつ、ロイヤルブルー的な青みになってます。







120107e.jpg
そしてこれが本体に取り付けてみた様子。
黒を選んだ意味がここにあり。

狙いばっちり最高ヽ(´ー`)ノ
各色を選ぶと、この青のすぐ上、画面側との狭間にラインがあるのわかりますでしょうか。
そこが白なら白になってしまうんですよね~。
ボタンも本体カラーに準じます。黒にすることで、画面側と統一され、
黒と青のキレイなツートンに分けることができます。









120107f.jpg
本体下部。こちらもバッチリ。
ちなみにDocomoのSH-01Dの場合、表面ボタンすぐ下の部分も購入カラーに準じます。
Softbank 102SHの場合はここは全て黒。









120107g.jpg
そして白装着。
当然コチラも良い感じヽ(´ー`)ノ








120107h.jpg
そうそう、ストラップも新しいの買いました。
といってもデザインまったく一緒w
なかな実用重視でオシャレな感じなのないんですよねえ。
今回は白系で購入しました。

前のグリーンのは再び003SHへ装着。
それにしても102SHはストラップが取り付けにくすぎる。
これ設計した時装着テストしてないだろ。








120107i.jpg
ちなみにこの電池カバー、塗装です。
メタリックブルーの裏面は普通にただの青。
もちろんパールホワイトの裏もただの白。
傷づいたりしちゃうと地の色が出てきちゃいそうなので、
クリアカバー付けたほうがいいかも。









120107j.jpg
クリアカバーは今ないので、とりあえず白電池カバーにこないだ購入した白のハードカバーで
使おうと思います。

そのうちクリアカバーを買って、気分で白と青をとりかえて遊ぶつもりヽ(´ー`)ノ
こういう楽しさも102SHの良さ・・・なのかもしれないw

テーマ : スマートフォン ジャンル : 携帯電話・PHS

21:03  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(8)  |  Top↑

2012.01.12 (Thu)

30HI】赤色パワー

120112a.jpg
はい、ということで今回は30HI水槽です。
さーて、今年はこの水槽、どう手をつけていきましょうかね。
やることがなさすぎてネタにならない・・・w








120112b.jpg
相変わらずなハイグロセイロン。
中央の赤色LEDが当たっている部分だけ、如実に葉っぱの形状が違います。
赤色LEDじゃ必要な波長に届いてないって話もありましたけど、
実際問題影響はある、ということみたいですね。






120112g.jpg
アップ。
あからさまに茶色く、また肉厚で縮れたような葉っぱになっています。






120112h.jpg
そしてこれが赤色LEDの当たっていない周辺のハイグロセイロン。
ま緑です。葉っぱも赤色LED当たっているのと違ってまっすぐ気味です。

赤色LEDだけでこうも成長・・・というか、状態が変わるものなんですね~。
クリスタルエリートさんの水草用RaBなんですが、今は赤色が中央から周辺に移動してます。
面積あたりのパワーは弱くなってるけど、拡散して全体的に効果がありそうです。
発光効率が1.4倍になった14W改ってモデルあるけど・・・どうなんだろうなあ。







120112c.jpg
もう一つの赤、ロタラ・ロトンディフォリア・コロラタ。
なんかすげーうねってる!
ぼけちゃって見にくいですが、写真右下あたりからうにょ~って水槽端っこの方へ曲って、
そこから上へ向かっています。明るいの苦手なのか?w







120112d.jpg
そして根っこのほう。脇芽が三本も生えてきています。めっちゃ元気そう。
ただ、赤みはちょっと抜けちゃってます。それでも普通のロトンディフォリアよりは赤いけど。






120112e.jpg
こっち普通のロトンディフォリア。緑だったり薄いピンクだったり。
そういや発酵式CO2まだ動かしてないや。そろそろ中身一新してCO2補給させるか。









120112f.jpg
グリーンロタラもキレイに育ってます。


最近どういうわけか、ロタラが上へ伸びず中層あたりにとどまってるんですよね。
葉っぱは元気に大きくなっているので調子が悪いわけじゃなさそうだけど、
何か栄養素が足りてなかったりするんだろうか?









120112i.jpg
こっから生体コーナー。
かわらず元気なブリジッタエさん。

写真撮れず恐縮ですが、青コリは元気にやってます。
最近餌の時間になると積極的に前に来ます。
が、それ以外は水草の茂みの中w
あとオトシンも夜中にはよく水槽壁面にきています。
が、こちらも日中は不明。明るいとこ苦手なんだろうかw








120112j.jpg
60Hiのブリジッタエはおもいっきり隠れちゃってますがこっちは平気で
いつも手前にきます。

こっちのブリジッタエと60HIのブリジッタエを混ぜたらどうなるんだろう・・・。
多分隠れるよう優先になっちゃうんだろうなあ、基本臆病だろうから(´・ω・)









120112k.jpg
ゴールデンテトラさん。こっちも元気にコソコソやってますw
マトモに表にでてくるのっていつもこのコだけなんだよなあ。
他の連中は一匹がたまに出てきて後の二匹は餌の時くらいしか出てこない。








120112l.jpg
たまにでてくるコと一緒に撮影。
唯一のオスらしい、金色のゴールデンテトラは一番警戒心強いみたい。
餌の時は出てくるけど、私がマトモに起きだすとすぐ引っ込んじゃう。



ちなみに適当に起きたら、てのはどうもクセになっちゃってるのか
目覚まし関係なく、その前に一度目が覚めちゃうんですよね。
時間はまちまちで、だいたい5時半~6時半くらい。目が覚めたらまだ暗いなんてよくあるコトですが、
とりあえず目が覚めたらリチャやカメ含めて餌をやって、それから二度寝、
目覚ましで目を覚まして~というのがいつものパターンになっておりますw







120112m.jpg
最後にミナミヌマエビさん。
60Hiにいれたヤマトのことを思うとホント小さい。
こっちはガンガン増えるのはいいんだけど、60Hiだとストレーナーの口が大きいから
稚エビが吸い込まれちゃいそうなんだよなあ。
スポンジつけると間違いなく黒ひげに侵略されるし。
困ったもんだ(´・ω・)






120112n.jpg
ちょっと色が綺麗なコ。
白いボディだけど背中だけが茶色に染まってます。
ミナミは個体差でいろんなバリエーションがあったりするのが面白いですね。
上の写真だと黄色いコですね。










120112o.jpg
というわけで一番平和な30HI水槽でした~。
バランスとれ過ぎてて手をつけづらいんですよねえw
これからどうするか、のんびり考えて暖かくなったら何かしらやってみましょうかね~w


テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

タグ : 水草 ミナミヌマエビ ボララスブリジッタエ 熱帯魚

23:59  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.01.18 (Wed)

102SH】いろいろ補足記事

ということで、いってみましょい。


ウチのBlog、アクセス解析いれてあるんですが普段は滅多に見てませんw
が、たまーに今みたいにカウンタが妙に回りだしたりすると気になって見たりします。
そんな解析結果で検索キーワード、つまりどういう検索をしてウチにたどり着いたのか、
というのを見ますと、やっぱり102SHが多いんですよね~。ついでPENTAX K-r。
あとはウチが飼っているペットに関するワードですね。
なぜかiPhone4関係のワードもあったりします。どっかでそんなの書いたっけか・・・?

人工太陽 コロニー なんていう検索キーワードもありました。
このコロニーってガンダムとかのコロニーで、そういう空想技術としての人工太陽の理論なんかを
検索してたんだと思いますが・・・
ウチで人工太陽ってワードといえば一時期使っていたカメ水槽用のメタハラですねw


さて、話を戻しまして、
今回は特にワードが多い102SHの中で、本文でテキトーに流しながら書いている部分を中心に
分かる範囲で望んでいるだろう、お答えを書けるだけ書いておこうと思いますヽ(´ー`)ノ



●102sh sim
Simに関する調べ物をされてる方がそれなりにおられるようですね。
102SHのSIMはMicroSIMといって、昔からあるSIMより一回り小さいものになっています。
このMicroSIMは最近の機種から導入されたようですね。006SHは通常のSIMでした。
小さくなるので本体内の専有面積も微妙ではありますが縮小できます。

最初の記事にも書きましたが、私は003SHのSIMを、内容そのまま割賦も維持したまま、
MicroSIMへ交換してもらいました。店員さんいわく、持ち込み機種変という対応らしいです。
これは変更したい機種を自ら持ってきて、SIMだけを対応させる、という方法になります。

こうすることで、102SHのMicroSIMと、003SHのSIMを持ち込み機種変で変更したMicroSIM、
2つのMicroSIMが手元にある状態になりました。

そして、MicroSIMをSIMサイズにする枠だけのアダプターというものもネット上で販売されています。
これを使うことで102SHの正規機種変したMicroSIMを、アダプタをかまして003SHへ入れています。
003SHと102SHは適用される料金プランは共通なので、アダプタでサイズさえ合わせれば
102SHのMicroSIMを003SHに入れて運用することが出来る、ってことです。


ちなみに003SHは予備としておいておくだけのつもりなので、パケットプランは一番安いのにしています。
それだと、自動通信だけで上限簡単に突破しちゃうので、003SHへ入れる前の段階で
3G通信は一切しないよう本体の設定をしておきます。

設定はMENUボタン→(Android)設定→ワイヤレスとネットワークの設定→モバイルネットワーク
にあるデータ通信のチェックを外せばOKです。無線LANでは通信できます。

ワイヤレスとネットワークの設定にある電波OFFモードにすると無線LANも使えなくなります。
なお、この設定をするとMMS(普通の件名付きメール)が送受信できなくなり、
同キャリア間のみのSMSと通話しかできなくなりますのでご注意下さい。


ちなみになんで私がスマホ2台も持っているのかというと、元々一台ガラケがある状態で
別途003SHを1台契約したんですよ。で、ガラケがちょっと物理的に欠陥仕様があった為
変えたくなったんだけど、ガラケで今いいのってないし料金を考えると
ガラケ→102SH、ただしパケットは003SHで契約したパケホMAXで使った方が安上がり
ということで、上記の方法を取ることとなりました。機種変前と比べると月額は端末台込で+1000円程度です。




●102sh ウルトラスピード
一番気にしてる人が多そうな項目ですが・・・
すみません、私全然気にしてませんヽ(´ー`)ノ
WEB見るくらいしか通信使ってないので、通信速度は003SHでも特に不満ありませんでした。
不満ある人は動画みすぎて(見すぎて、というほど見てなくても1GBなんてあっという間)
帯域制限されてるか、首都圏等の混雑している地域に住んでいるかとかじゃないでしょうか。
動画って一本100MBとかあったりするんで、十数本3Gで受信しただけで帯域制限の対象となりますよ。

まあ、おっせええ!ってイライラするような事はないのは確かですw
実測の数字気にする人もいるでしょうが、体感で不満なければ私はOKとしてるので、
この点に関しては参考にならなくてすみません。




●スマホ カバー102SH
これは・・・ショップの検索でもしててひっかかったのか、
それとも使ってる人の様子を知りたくて検索したのか・・・w

前にも書きましたが、102SHとSH-01Dの形状は一緒で、カバーも両対応と謳っていなくても
使えます。液晶保護フィルムも一緒です。102SHと検索しても数が微妙だったりする場合には
SH-01Dのカバーを検索してみましょう。きっと種類が増えますよw


自分が使っているのはラスタバナナのハードケース ホワイトです。
給料入ったらクリア買おうと思ってます。前に記事で書いたように
せっかくDocomoのキレイなカバーを買ったので、見えるようにしたいのでw

私の買ったケースは、プラ製で薄く、外傷対策にはなりますが、耐衝撃対策にはなっていません。
耐衝撃が欲しい人はシリコンジャケットのほうがいいんじゃないでしょうか。
自分調べではシリコンジャケットのクリアなんてのもあるみたいですが、
スリガラス的な半透明の白らしいのであんまりオススメじゃないみたいです。
色を見せたいなら耐衝撃を諦めてハードケース、耐衝撃ならシリコン、じゃないでしょうか。

ちなみに裏面の滑りやすさでいうと滑りやすい気がします。
ラバーコーティングのハードケースもあったと思うので、それなら滑りにくそう。
私の場合はちゃんと手を通せるストラップをつけていて、毎回きちんと手を通して使っているので
万一手が滑っても本体が落下することはありません。
ちなみに一度手を滑らせてますヽ(´ー`)ノ


あと、カバー付けたまま充電出来るのか?みたいな感じの検索されてる方もいるようですね。
残念ながらカバーつけながらクレードルでの充電は出来ません。
なのでクレードルで充電する場合はカバーを外す必要があります。
その点でもラスタバナナのハードケースは簡単にはがせるので楽ですね。
記事にも書きましたがストラップ部分がコの字型になっていて完全に紐から抜ける為、
ストラップとして外したカバーがぶら下がってる、みたいなコトにもなりませんw

本体横の端子カバー開けてMicroUSB経由で充電するならカバーつけてても当然可能ですね。




●ウィジェット 削除 003sh
003SHの検索もまだあるようですw
このへんはAndroidの基本操作に関わる部分での疑問でしょうね。
Androidの場合、Windowsの右クリックに該当する操作はタップしっぱなしです。
タップして、動かさずじっとしてるとアイコンを移動できたり、サブメニューでてきたりします。
ウィジェットの削除も、タップしっぱなしにして、動かせるようにして、そのままゴミ箱アイコンへ
放り込みます。タップが上手くいかない場合はウィジェットの下辺あたりを狙ってみましょう。
下過ぎない程度に。




●006SH 102sh どっち
私も悩みましたねーw
結論102SHにしたワケですけど。
選んだ最大の理由はなんといってもメモリですね。
PCでいう、HDDじゃなくてRAMのほう。1GBとか、今だとメーカーPCでも4GBや8GBも珍しくないですね。
600GBとか1TBとかのほうじゃありません。
006SHは512MB、102SHは1GBです。003SHを使っていて、Android2.3で512MBが結構カツカツだったんですよね。
なのでRAMが多い102SHにしないと、3Dカメラのためだけに機種変をしたような感じになってしまい、
画面解像度がちょっと増えるものの使用感の向上が見込めないなあ、と
そういう結論になったワケです。

3Dの写真や動画が楽しめるってのは非常に興味があるんですが・・・
結局3Dを使う機会って多くはないのであればあったで面白い、なくても困らない。
それが結論です。
オマケよりも本体の性能を優先した、ということですね。
102SHでも3D視聴は可能(液晶は3D対応)なので、youtube3Dとかで楽しむことはできます。





●壁紙サイズ
Android端末の壁紙サイズってよくわからないですよね~。
左右ページ変えると壁紙も動いちゃうし。

でもそんなに難しくありませんよ。
Android機の壁紙サイズは横サイズの2倍x縦サイズとなります。
003SHだと480x800なので960x800、102SHだと720x1280なので1440x1280が壁紙サイズになります。
なので、102SHで壁紙をお探しの方はPC用の1920x1200サイズの壁紙を探し、
左右が切れる感じで利用すると少しだけ拡大することになりますが、いい感じになります。
また、Androidのメニュー上の”壁紙に設定する”を使うと小さい範囲を拡大して設定することしか出来ない
っていう謎仕様があります。
それを解決するアプリがDbDWallpaper。DbDはDot by Dotの略ですね。
これを使えばピッタリキレイな壁紙を貼り付けることができますよ。

壁紙の検索はGoogleで”壁紙”と設定して、イメージサイズを”大”に絞るといいでしょう。
私が使ってる壁紙も上記条件で検索したものです。ちなみに画像検索はデータ量多いんで、
出来ればWifi環境下でやったほうがいいでしょうw



●使用感
これはまあ、前にも書いたんですけどね。
003SH比で待機消費電力減少、可動消費電力上昇です。
なので、使えば使うだけみるみる減っていきます。
とはいえ、私の使い方では2日は余裕でもちます。
動作自体は概ね良好、ストレスなく使えています・・・と、ひとつ問題点あった。

どうも、WifiがOFFの状態からONにしても繋がらないことが多いんですよね。
いつまで待ってもつながってくれない。ただ、解決策が結構簡単で、
一回スリープして復帰すればOK。これで繋がらなかったコトがありません。
一手間かかるので面倒ですが、Wifi使うのは腰をすえて使う場合しかないので、
この程度の手間はそんなに気にならず使えています。いずれアップデートで治るでしょう。

あと、Go LauncherEXの影響なんでしょうが、ドロワーページを開いた直後、
全部の情報を読み込むのに時間がかかるって感じで5秒~10秒くらい操作できなかったりします。
なんかドロワー表示がうまくいかないなあ、102SHて。003SHだとADWで普通に表示できたのに。
普段アクセスするアプリは一通りホームにショートカット置いてあるのでドロワー開くことって
滅多にないからいいんですけどね。
ちなみにドロワーってのは平たく言うとアプリ一覧です。


省エネ設定ももう一度書いておきましょうか。
まず、夜中寝てる時間帯はお助けモードで電力を最大限カット。
起床前に10分だけ通常モード。このとき、Wifi・Bluetooth、GPSはOFFのまま。
その後技ありモードへ移行させ、日中は技ありモードのままで使用という感じです。
液晶はエコバックライトは常時OFF。






120118a.jpg
前と変わってませんが改めてホーム画面です。
前はデジカメ撮影でしたが今回はスクリーンショット。
画面が大きいのでちょいと縮小しています。
ちなみに102SHでスクリーンショットを撮影する方法は電源ボタンとホームボタンの同時押しです。

ホームアプリはGO LauncherEX。設定でアイコン表示を5x5にしています。
画面解像度が高い分、これくらいにしておかないと全体的に配置が間延びしちゃうんですよね。
ちなみに最下位列は(通話等の列)ホームページとは別にページ切り替えができるようになっていて、
そこにAndroidマーケット、SoftbankWifiスポット、おサイフケータイ、赤外線通信、QRコード読取を
並べてあります。

左下の緑の(ドロイドくんお胸にバッテン)はAdvanced Task Killer。
欠けた円に46と書いてあるのはCircle Battery Widget。ちなみにこれで二日目です。
最終充電は前日の午前7時すぎ。

時計アプリはAdvanced Clock Widget。水面みたいに下に反射してるのがオサレですねw
最後にカレンダーはExtDate Widgetです。

ホームは全部で4ページにしてあります。
左側はカレンダー兼予定表のジョルテ。5x4で配置して下の4つに災害用掲示板、
乗り換え案内、方位磁石、メモ帳、電卓を配置。
右の2ページは使用量に併せてアプリのショートカットだけが配置されています。
すぐ右はyoutubeやギャラリー、カメラにファイラー(ESファイルエクスプローラー)といった感じ。
一番右のページはマクドナルドやロッテリアなんかのクーポンとか。




●102SH ストラップ
これで最後にしましょう。
ストラップ!はい、これめっちゃくちゃ付けづらいですねー。この点だけはホント頂けない。
こんな小さなスペースにこんな深いくぼみつけて、キレイにストラップつけられると
開発者は思ってるんでしょうか。多分何も考えてないんでしょうね。
ストラップは需要あるしなければ文句いわれるから付ける、ここが開いてるからここでいいや、
そんな感じなんでしょうね。

さて、苦労するストラップの取り付けですが私の場合は折り曲げのクセをつけて頑張って
反対側からちょろっとでも出します。そしてちょろっと出た部分をホチキスの針一本で
引っ掛けて強引に引っ張り出しました。こうでもしないと無理!

ほかに今思いついた方法としては、
まず釣り糸みたいな細い糸をストラップの紐の先端に結びつけて(後で解けるように注意)、
それだけを通しちゃえばあとは引っ張れば通せそうな気がします。
ただ、やわらかい糸だと中でふにゃっとなって終わっちゃいそうなんで、ある程度
ハリのある糸のほうがいいでしょうね。



といったところで、これで結構な検索対象はフォローできたんじゃないでしょうか。
トラブル系の検索もあったようですが、これは上記Wifi以外に私は該当していませんので
お答え用がありません。
あと、裏技なんてキーワードもありましたが知りませんw

なんでそんなワードでウチのサイトがひっかかったんだろう・・・多分それを無視した
102SHのサイトいろいろの中にウチがあったんだろうなあw

全体を通して、電池カバーと使用感、レビューに関する検索内容が多かったです。
このあたりは定番ですからね。ウチの書いたコトでも参考になるなら幸いです。

テーマ : スマートフォン ジャンル : 携帯電話・PHS

タグ : 102SH Android

18:07  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.01.19 (Thu)

デジカメ】予定繰り上げで買っちゃいました!

120119a.jpg
どーん。
ということで買っちゃいました!






120119b.jpg
ご開帳~。
購入したのはコチラ!
Panasonic LUMIX GX1(DMC-GX1X)です!
本体、GX1と薄型ズームレンズLUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.(長)の
セットとなっています。以下レンズはX14-42mmと表記.
手前にあるのは液晶保護フィルムとトランセンドの16GB(クラス10)となっています。
こちらのカメラはフルHDのAVC-HD及びMP4動画の撮影も可能となっています。
Panaのカメラでは初めてMP4動画に対応したカメラじゃなかったでしょうか。
いつもAVC-HDばっかでしたからね。テレビやレコーダーで扱うならいいけど、
PCで扱うならMP4が圧倒的に有利です。






120119c.jpg
はい、本体です。最初からレンズ付いてました。
色はブレードシルバーになります。

どうですかこれ!
これでもミラーレス一眼なんですよ。
普通のコンデジ(コンパクトデジカメ)よりは大きいですが、一眼レフと比べると圧倒的な小ささです。
とくに小ささに貢献しているのがレンズ!
この厚みでズームレンズなんですよ。交換式でここまで薄いズームレンズは
少なくともレンズ交換式のデジカメでは初めてじゃないでしょうか。
あ、PENTAXのQならこれより薄いかもしれない。あれはセンサーサイズが圧倒的に小さいからこそ
できた裏技みたいなカメラだからなあw

1インチ以上のセンサーを搭載しているカメラでは間違いなく最薄の、
ズームレンズを付けたレンズ交換式デジカメです。






120119d.jpg
裏面。このカメラはファインダーは別売りとなってます。
必要な人は買ってカメラの上に取り付けるようになっています。
右側に操作系を集約。
電子ダイヤル装備で押し込みに対応して、押し込みで操作内容を切り替えられます。
絞り優先ならダイヤルでまず絞り、押し込みしたらで露出変更といった感じ。






120119e.jpg
上から。
モード変更ダイヤルは最小限。
ダイヤルにくっついて電源スイッチ。
あとはシャッターボタンにiAモードボタンにムービー録画ボタン。
iAモードってのは平たく言えば自動シーン認識モード。
カメラが勝手にシチュエーションを判断して、最適な設定にするモードで
初心者ならこれでとりあえず撮っておけばOKといったものです。






120119f.jpg
レンズ部分。
先端にちょっと飛び出してるのがレンズキャップ。
本体外径に対してレンズ部分は小さめ。
そしてレンズ操作レバー。

普通の交換レンズって手回しでズームやピントを合わせるんですが、
このX14-42mmは電動式でズームレバー・フォーカスレバーを搭載しています。
手回しリングを排除して最小限のスペースで操作を実現すること、
またムービー録画中に手回しだと手ぶれを起こしやすいが、レバーなら手ぶれが起きにくい、
というムービーデジカメ的な配慮としてこのようになっています。




120119g.jpg
レンズキャップを外して電源ON。
レンズが自動的にここまで伸びてきます。
このあたりコンデジっぽい。レンズ経がコンデジの比じゃなくデカいけどw

操作はあくまで根元のレバーのみとなっています。




さて、今回GX1を買うにあたって他2つのカメラと悩みました。
そのカメラとは、Sony NEX-5NとCanon G1Xです。
どちらもGX1より高画質なカメラなんですが、
NEXはズームレンズが本体の幅くらいあって分厚い。
G1Xはレンズ固定式のコンデジ型なので後先考えると~。

さらにGX1はAFがこの中じゃ圧倒的に早く、重量も軽い。
そしてなんといってもコスとパフォーマンスに優れている。
最後に後継機が出た時も移行しやすい。

といったところでしょうか。
コスパについてですが、実はこのカメラについているレンズ、X14-42mmは
価格コム最安値でも32500円くらいするんです。
そして私はカメラを58000円弱で買いました。
てことは本体だけだと実質25500円で買ったということになるんです。
GX1が出た時、1万くらいで下取りしてもらえたら、GX2にもすんなり変えられるってもんです。
その時はレンズはいらないので58000円てこともありません。

という、先も見越してのGX1選択となりました。
NEXが次期モデルでAF速度速くなるとも、さらには薄型の新ズームレンズを出すとも思えないし
G1Xは74800円くらいで出そうだし、さらにレンズもセットだから買い換えるとなるとまるごとで
値段もまた高そう。ってことですね。




さて、こっからはGX1で撮影した実写レビューになります!




120119h.jpg

ということでまずは30HI水槽撮って見ました。
うーん・・・?
眠い?

こう、ぼや~っとした感じの写真のことを眠いっていいます。
眠い目で見てる感じってことですね。
どうも、彩度が弱く、暗部にも締まりがない。

ヒストグラムを見てみると、なんか黒つぶれしないよう無理に暗部を上げている感じが。
これは設定で煮詰める必要ありそうだなあ。

ってことでいろいろ煮詰めて見ました。
最適かどうかまでの確認はまだしきれてませんが、だいぶ良い感じになった気がします。
そのへんはまたいずれ。

ちなみにその設定はフォトスタイルをヴィヴィットにして、彩度を-2、コントラスト+2、シャープ+1
ついでにノイズリダクション-2。Panaはノイズリダクション効き過ぎてるので落としてあります。

これでだいぶ暗部も締まった写真になりました。






120119i.jpg
上の写真の等倍トリミング。
葉っぱとか結構塗り絵っぽくなっちゃってますが、
ディテールはまずまず残っています。カメラは1600万画素ですが、私は3:2にして使ってるので
実質1400万画素くらいになってます。

等倍で使うことはまずないんで、許容範囲でしょう。
ちなみに暗部締めもしてないので眠いまんまです。





120119j.jpg
こっから写真編集ソフトでいじった写真です。
ちなみにウチのBlogでアップしてる写真全部弄ってます。カメラのままってのはまずなしw

見て欲しいのはこのサイズの魚でもクッキリハッキリ写せているということですね。
ちなみにこいつら、AFは合わせられませんでした。小さすぎてAF対象として見てくれなかったw
X14-42mmがあんまり近づいて撮れないレンズなのでなおさらといった感じ。
もうちょい大きく写せるレンズがあれば違いそうなんだけど、あいにくないんだよね・・・。
このへんの倍率じゃなかったら次はもう、マクロレンズしかない。
しかも換算90mm程度なので相当よらなきゃダメ。それはそれで魚が逃げる。
てことで微妙。

今のところ熱帯魚撮影はK-rに任せるのが吉っぽい。
GX1のAFで合えばバシバシ撮れると思ってただけに残念w






120119k.jpg
ネム。
毛並みもディテール十分残ってます。
これたしかISO1600で撮影。
こういう小動物なら高速AFが存分に生きます。
あとはキットレンズじゃ暗いので、そのうち20mmF1.7の単焦点でも買おうかな。






120119l.jpg
お次。
60cm水槽のアクセルロディ。
これもAFじゃ拾ってくれないのでマニュアルフォーカス。
そうそう、このカメラはマニュアルフォーカス時に真ん中を拡大して表示する機能があります。
なので、一番大きく写すならズーム最大、ピントは一番手前にして、
自分が前後に動くことでピントを併せて合ったら撮影、という方法がやりやすくなっています。
上はそういう方法で撮影した写真。

拡大って、液晶画面に写っているものをそのまま拡大してるカメラもあって、そういうのは
使いづらいんですが、こっちはちゃんと実寸からの拡大をしてくれるので液晶ですごいパリっと
写ってて気持ちイイですw

あー、そうだ。さらに、液晶が中の映像がなんかすごいぬるぬる動くんですよね。
なので被写体を見失うこともあまりなさそうです。







120119m.jpg
今度はモグ。
いくらAFがよくても動きっぱなしの相手をピタっと撮影出来るわけじゃありません。
動かれたら当然被写体ブレでブレブレになっちゃいます。
こればっかりはK-rでもGX1でもどうにもならないw

が、AFが速いと止まった瞬間ってのは狙いやすくなりますねヽ(´ー`)ノ






120119n.jpg
今日はケージ掃除日だったので、退避させているところをパシャリ。
手前の柵にピントが合っちゃうのでマニュアルでモグに併せて撮影。
マニュアルもぼちぼち使いやすいです。
光学ファインダーだと、詳細なピント合わせがシビアだったりしますが、
こっちはデジタルで拡大表示もされているのでバッチリ合わせられます。







120119o.jpg
最後にタマさん。
これは水槽内(not水中)に手を入れての撮影。
液晶見ながら撮影するミラーレスだからこそ撮れる写真。
一応K-rにライブビューあるけどね・・・電池消費ハンパないしAF遅いし
レンズがういんういんうるさいしでやっとれんわーw
静かな超音波モーターのレンズが欲しいなあ、とも思ってしまう。

GX1の液晶は角度がつけられるバリアングル液晶ではないものの、視野角は結構広いので
上からとか下からとかも結構撮りやすくなっています。

あと、別売り2万ちょいの電子ファインダーを買うと真横から真上まで90度可動します。
天体撮影なんかで三脚にとりつけて見上げ撮影する時なんかは効果を発揮しそう。
また、ファインダーの画素数が多く、かなりキレイに見えると評判ですよ。



ということで、ここまで!
これで外で撮影するときは広角側をGX1、望遠側をK-rというカタチで撮影できそうです。
ちなみに逆にするという手もちょっと考えたりしました。GX1だと換算600mmなんていう
超望遠レンズがあって、これで月とか撮影したらすごいだろうなーって思うんですが・・・
600mmなんて月か野鳥くらいしか出番ないし、そもそもそんなのつけたら最初の目的、
一眼とセットで持ち運びやすいカメラという原点が破綻してしまうということで
その案は却下となりましたw

将来、ミラーレスでもK-r以上の画質となったら、ミラーレス二台体制にするってのは
悪くないかもしれませんね。とりあえず今のところはミラーレス+一眼レフで
写真撮影を楽しもうと思いますヽ(´ー`)ノ

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材 ジャンル : 写真

タグ : GX1 ミラーレス Panasonic LUMIX

20:18  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.01.21 (Sat)

102SH】クリアカバー購入

120120a.jpg
はい、20日は給料日なので購入してきました。
ラスタバナナのハードケースクリア。









120120b.jpg
クリアって考えてみたら傷とかついたら目立ちますよね。
ひどくなったら買い替えかなあ。

そうなる頃には別の機種になってるかもしれんけど。
もしくは後ひと踏ん張りをカバーなしで使うかといったところ。







120120c.jpg
付けてみた感じ。
ホワイト同様薄くて良い感じ。
ただ、素材がホワイトと違う感じでこっちのが割れやすそう。
ホワイトのほうは柔軟性がある感じでした。






120120d.jpg
青に装着~。
K-rよりGX1のほうがDocomoの青がそれっぽくでるなー。

ホワイトケースの都合で今までずっと白だけだったから
しばらく青を堪能するとしますヽ(´ー`)ノ






120120e.jpg
何度も語ってるストラップホールまわり。
見て分かる通り、そのままひっぺがせばストラップがひっかかることなく
ケースが外せます。”ロ”型になっててケースつけてからストラップつけないといけないものも
少なくないのでこれがすごいありがたいんですよね。

特にストラップがつけにくい102SHなら尚更のことw



ということで、クリアケースレビューでしたヽ(´ー`)ノ

テーマ : スマートフォン ジャンル : 携帯電話・PHS

タグ : 102SH ラスタバナナ ハードケース

00:21  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.01.26 (Thu)

カメ】久しぶりのタマカク~

120126a.jpg
はい、ということで久しぶりのタマカクです。
我が家のガラス水槽で一番大きい90x45x45水槽です。
未だ快適な広さをキープできています。


じりっじりっと育ってますが、じりっじりっとしか育ってないので
大きな変化はありません。
Blogに載せるかどうか迷ったんですが、
実は去年の秋頃、たぶんですが、タマが卵未満の白い物体を産みました。
来年~再来年にはちゃんとした卵を産むようになるかもしれません。
当然無精卵で孵りませんけど。
クサガメとマレーハコガメはさすがに雑種生まれません。

雑種が許されるのはクサガメ系とイシガメ系くらいなもんです。
あとはアカミミガメ系の内輪くらいかな。


卵産んでも気づく前に砕かれて中身食べられちゃいそうですけどね(´・ω・)
気づいたら殻しかないんだよきっと・・・。







120126b.jpg
なんか前にも同じよーな写真撮った気がするなーw
とまあ、今も変わらずにこんな感じですわーw

前と変わった所というと、毎週木曜日にレッドラムズホーンを
餌として与えるようになったくらい。
タマもカクも美味しそうにバリバリ食います。
食いますが、殻は食べないので散らかったまま。

なので、木曜日の水槽掃除の日、掃除の前にだけ食べさせてます。







120126c.jpg
カクさん。
甲羅は相変わらず白いまま。
どうにもならんっぽいなあ(´・ω・)

本人は元気にやってるのですけど・・・
コレどうにかしようと思ったらヤスリがけでもしなきゃってことになりそうだし、
綺麗な部分も削っちゃったりして大変なことになりそう。

ヘタなことはしないのが一番だと思われ。






120126d.jpg
真上から。
輪郭線に近い、新しい甲羅は一応黒いんですよね。






120126e.jpg
タマさん。
こっちも相変わらず脱皮不全の甲羅のまま。
しかしちゃんと成長はしてるようで日に日にじわりじわりと大きくなっています。
でも、もう甲長20cmには到達してるんで、あとはホントじわりじわりですね。
目指せ30cm!






120126f.jpg
ある日のタマさん。だるーん。
タマはよく陸地でこうやってまったり過ごしています。
というか水中にいるとカクがちょっかい出すんですよね。
上だとちょっかいがなくなるもんだから必然的に陸へ・・・。

うーん、カクも別居必要かなあ・・・しかしさすがにスペースもうねえぞ・・・。








120126g.jpg
最後にもう一度元気っこのカク。
ホムセンにいた頃から物怖じしない元気っ子だったわけで、
今でもそれは顕在。いいことなんだけど、困ったことでもあるのでしたw





テーマ : Myカメ日記★☆★ ジャンル : ペット

21:30  |  カメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.01.26 (Thu)

GX1】スタイル設定とAF性能追試

はい、ということでちょっといろいろ弄って見ました。

まずはフォトスタイル。
色とか人によるんでしょうけど、私はK-rでもリバーサルフィルム設定を
常用してるくらい鮮やかな発色が好きです。

ということで、K-rな発色を目指してGX1もいろいろ調整してみました。





120126i.jpg
まずこちらが標準設定。
露出はマニュアルにしています。

やっぱり彩度が足りないイメージ。







120126j.jpg
こっちがヴィヴィッド設定。さらに彩度ましましw
ヴィヴィッドってドギツイ印象あったけど、使ってみると大したことないっすね。
てことで、これを常用することになりそう。

クリエイティブコントロールのPOPカラーはさすがにどぎつい。







120126k.jpg
続いてAF性能について。

こないだ、AFの判定枠が大きすぎてブリジッタエが捕捉できないと書きましたが、
誤りというか、やってないことがありました。

実は、GX1はAF判定枠のサイズをAFF・AFCでは2種類、AFSでは3種類から選ぶことが出来るのです。
説明書読んでないから知らなかったーw

で、AFサイズを小サイズにすると、結構ブリジッタエも補足できるようになりました!
さらにAFS限定の最小だとかなりの精度!

問題は、中央一点すぎてちょっと動かれると追従できないこと。
最小のピンポイントの場合は画面か拡大されるので追従できればいいけど、
おもいっきり移動されると追いつけないこともありました。






120126l.jpg
どーですかこれw
X14-42mmで撮影したものを魚全身だけを収めるように切り出しました。
ものっすごい鮮鋭度ですね~。

この写真が撮れるのはGX1のレンズ性能のおかげですね~。
でもK-rでもレンズ次第では可能ですけどね。
特にコレ、ISO感度が200か400あたりまで下げて撮影しています。
つまり、それだけ魚が止まってくれていたから撮れた写真です。






120126m.jpg
アクセルロディも撮影して見ました。
が、こっちはホント、動きっぱなしなもんでAFSのピンポイントじゃ無理。
合わせてる間にいなくなる。

なので、こちらはAFFの小で撮影。
AFFというより実質AFCで撮影したようなもん。

AF枠固定でAF動作させっぱなしにして、魚にピントが合ったらシャッターを切る。
そんな感じ。

ここで特にキツかったのが、ISO感度上げるとGX1はディテールがなくなりやすいので、
ISO感度を下げて止まった瞬間を狙うしかないということ。
この点感度性能が高いK-rのほうが勝手が良い感じ。

AFで合わせやすい反面、動かれるとどうにもならないGX1。
AFが合いにくい一方、ある程度動かれてもなんとかできそうなK-r。そんな感じ。

ただ、K-rにはひとつ問題がありまして…それをクリアする手を打ちました!
それについては来週記事にできると思います。

目算外れたらどうしようって感じもしますが、多分大丈夫。







120126n.jpg
もういっちょブリジッタエ。
ブリジッタエはわりと定点でいることが多いので撮影しやすいです。
動かないから感度も下げられるし。

逆に言うと、感度耐性がさらに高くなったら最高ということです。
GX2が感度耐性二弾アップとかになったら買っちゃうかもしれない。
買うとしたら来年の春だろうけど。今回みたいに安くなった所で、ということでw








120126o.jpg
さらにさらに。
メインのクリスタルエリートが消灯してからもGX1のAF性能は発揮されるのであった。
3Wのレコルトと、北の窓から入る多少の自然光(真横は遮光してある)のみという状況で
バッチリAFが魚をキャッチしてくれます。ちなみに補助光はOFFにしてます。







120126p.jpg
これも消灯後の写真。

これでISO3200まで常用域になったらK-rはホント、いらなくなっちゃうかもしれない。
とはいえ、光学ファインダーは光学ファインダーのメリットもあるんだけど。
拡大表示は合焦確認に優れている一方、目標をロストしやすいんですよね。

というわけで、GX1のAF性能はやっぱりスゴイ、ということに。
一方で動きっぱなしの相手を撮影するのは少々骨が折れるという感じ。
しかしそれはAF性能ではなくセンサー性能によるもの。
AFCは水槽程度の移動であれば十分追従できています。

しかし、動体ブレを抑えて撮影するとディテールが溶けちゃう。
RAWならいいかなあ・・・でもノイズ多そうだ。
次週ちょっとその辺テストしてみるとしましょう。

てことで、今回はこれまで!

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材 ジャンル : 写真

タグ : GX1 ミラーレス Panasonic LUMIX

22:34  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。