2012年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.03.01 (Thu)

30HI】コケたのでトリミング

120301a.jpg
ということで30HIです。


実は先週、時間があったので久しぶりにろ過フィルターを清掃しました。
ぶっちゃけ30HIのろ過フィルターとか半年くらい触ってなかったんですが・・・
やっぱり猛烈に汚れてましたねえ(’’;

それも綺麗になったワケですが、逆に掃除が原因で、黒ひげコケが拡散しちゃったっぽいです。
特にフィルターからの水流を直で受けている水草はガッツリ生えてました。
なので中央あたり中心にトリミングされました。








120301b.jpg
あいかわらず調子のいいハイグロセイロン。
一本水上葉が伸びまくってます。もうちょい暖かくなったら植えてみよう。






120301c.jpg
ロトンディフォリアのコロラタですが、どうも成長がイマイチ。
ロタラのなかでも難しめな種類なんだろうか?

60HIでも成長できていないしなあ。






120301d.jpg
あまり変化がないといえば変化のないキューピーアマゾン。
うっすら黒ひげコケが生えちゃってます。






120301f.jpg
お魚。
元気なブリジッタエ軍団。
最近関東方面で震度5強の地震があったじゃないですか。
その数日前くらいにこいつら東方向向いてとどまってましたよ。
いつもこのへんいるんですが、普段はL時型にいるんですが、その日は東(向かって右)
ばかり向いていました。微妙な変化なのでわかりづらかったですが、一応予兆だったのかも?






120301e.jpg
ゴールデンテトラ。
あいかわらずの人嫌い。
70-300mmで1m離れて撮影しないと出てきてくれない。
結局18-125mmより70-300mmのが熱帯魚撮影には向いているんだろうか・・・。
しかし70-300mmのレンズだとデフォーカス(ピントがわからなくなり無限遠にいっちゃう現象)が
すごいうっとおしいんだよなあ。
となるとm4/3で撮影できれば・・・ってところなんだけど・・・条件あうレンズがないんだよなあ。
なかなか熱帯魚撮影に適したレンズ選びってのは難しいものです(´・ω・)






120301h.jpg
ということで30HIでした。
そろそろ春ということで、水槽いじりもしやすくなってきました。
この水槽は超安定なんですが、そのおかげでむしろ手が付けづらくなっています。
ここいらでいっちょ、フルリセットしてみるのも手かなあ、と思ったりしています。

まあ、何をするかはまたいずれ、ということでヽ(´ー`)ノ


スポンサーサイト

テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

22:36  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.03.08 (Thu)

60HI】メイン照明交換

120308a.jpg

はい、ということで60HI水槽、テクニカインバーターライトのお役御免とすることにしました。
まず、何が原因か、再び水草の成長の様子がイマイチになってしまったこと。

見ての通り、すごい貧弱になっちゃってます。
そろそろ暖かくなってきたし水槽自体も大掃除しなきゃなーといったところですけど、
とりあえず前々から気になっていたテクニカを引退させて、新しい照明にすることにしました。



ホントはオプティマス60てのを狙ってたんですけどね、ほぼ同等性能がすごい安く出ていたので
思わず買ってしまいましたよ。というかそこまでオプティマスに拘る理由もなかったですし。



てことで!



120308b.jpg
今回購入したのはトリオコーポレーションのビバライトスリム デュアルツイン600です!

この蛍光灯は最近はやりのT5管24Wの直管形スリム蛍光灯を4本使用する高出力な蛍光灯です。
上記のオプティマス60も同じです。他にアクシーネクサス604とか、いろいろ出ています。
アクシーはさらに2本追加した606ってのもありますね。

で、次買うなら24Wx4のオプティマス60だな、と思っていたんですが、
いつも利用している熱帯魚ショップのCharmさんでこのビバライトがなんと12800円という破格で
セールに出ていたんです。

え?それって安いの?って人も多いでしょうね、1万超えですからw
ちなみに定価だとどれもこれも35000円くらいになります。
Charmさんの売価でオプティマスは19800円、アクシーネクサスで16800円くらいでしたっけ。
記憶で書いてるので多少誤差あるかもしれませんが、だいたいこれくらい。
そこに12800円ですよ。アクア用品て、デジモノみたいに発売日から日が経つと安くなるってものじゃないので、
この値段より安く買える機会は年に一度あるかもしれない、という程度じゃないでしょうか。

普段のセールでこれを下回ることはない、ならもうコレ買っちゃうしかないじゃない!
というわけですね。


ついでに上に乗ってるピンクいのはスーパートロピカルピンクというピンク系の蛍光灯。
水草育成促進用に一本買っておきました。
ちなみにビバライトは10000Kのホワイトが4本という内容になってます。
一本予備に回すわけですね。







120308c.jpg
ご開帳。これ、唯一の欠点は縦幅がかなり拾いということですね。
水槽上部をおおっちゃう感じになります。
ある意味一体感があっていいかもしれませんが、上部をスッキリさせたい人にはむかないかも?

蛍光灯は組み込まれてなくて自分でいれろ、というのがちょいと残念。
まあそれくらいいけどさ(´・ω・)





120308d.jpg
ちなみにランプと水槽面の間には水しぶきガードのアクリルパネルがついています。
このISO9002とかってのがアクリルに貼ってある保護フィルムみたいなヤツ。
まず、アクリルパネルが横から引っ張り出せるので、引っ張り出してから剥がします。







120308e.jpg
アクリルパネルを剥がした状態。
内部は鏡面仕上げで上部へいった光をこれで水槽側へ反射させて無駄を極力減らしています。
中央左右に2つずつあるぼっちは青色LEDが仕込まれています。
夜はこれで常夜灯に!って書いてあるんですけど・・・タイマーで根っこからOFFになるから
本体の常夜灯なんて使わないんだよな(´・ω・)
常夜灯だけ別コンセントにしてほしかったなー。
もしくは本体にタイマー内蔵してほしいですね~。








120308f.jpg
普通の18W直管形蛍光灯と比較。
左の細いのがT5管24W、右の莞のが通常の18W管。
ちなみにT5 HO(High-Output)管てのが一応正しい呼び方らしいです。







120308g.jpg
アクリルパネルはソケット部分が白く加工されてました。意味あるんだろうか?w






120308h.jpg
設置してみた様子。
水槽上面がみごとに覆われています。
ちなみに筐体はアルミ製なので放熱効果が高いです。

ちなみにビバライトの24W管モデルはリニューアルがされてまして、
この前のモデルはプラ筐体で冷却ファンで冷やしていたらしいです。
このモデルはファンレス。






120308i.jpg
専用リフトがあって、照明を跳ね上げてメンテナンスがしやすくなってるんですが、
その跳ね上げ台座が結構大きくて・・・
後ろめいっぱいまで下げて、前はこれだけしか猶予がありませんでした。
リフトをめいっぱい後ろにしても照明がめいっぱい後ろにならないんですよね。
真上から見ると、後ろにリフトの足がはみ出してる感じになります。

ちなみにリフトの内側についているボッチみたいな板はガラス蓋受け。







120308j.jpg
はい、それでは照明の明るさチェックといきまっしょー。
カメラはPanasonic GX1でISO800、シャッター速度1/60、F5.0固定。

まずこれが現状のテクニカ60+LED20W。







120308k.jpg
次にこれがテクニカ60のみ。
やっぱ暗いっすなー。








120308l.jpg
そしてこれがビバライトスリム デュアルツイン600。
24x4の96W。
W数ではテクニカ+LEDより多くなっているけど、明るさは多少ですがテクニカ+LEDを上回ってますね。
が、色の波長が大幅に拡大しているので水草の色味などはこちらのが豊富に見えますね。
それにLEDは手前側しか明るくなかったけど、今度は裏もしっかり光が回るようになりました。







120308m.jpg
ちなみにビバライトは2灯だけにすることも可能です。
これが2灯(白+赤)状態。
色味の違いもあるので微妙だけど・・・テクニカ60のがわずかに明るい気がする?
赤みはこっちのがハッキリでてますけどね。






120308n.jpg
というわけで、とりあえずコケに侵食されて酷いことになっていた水草をカットして差し戻し。
これで蘇ってくれるといいけど・・・どうなるやら。
キューピーアマゾンも黒ひげはえまくってるけど・・・木酢使ったら枯れそうだしなあ。
一番対応が難しい。ちょっと隔離でもしてみるかなぁ・・・。
まあ、また来週以降にいろいろ試してみることにします。









120308o.jpg
今回は照明レポートのみになりましたけど、これまでということでヽ(´ー`)ノ
60HIも再び再生計画を実行しなきゃならんようです。
今年も春から忙しくなりそうです。


テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

23:46  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.03.15 (Thu)

リチャ】テラス設置してみた

120315a.jpg
その前に。

モグに紫キャベツのおすそわけ。
紫キャベツというとちょいと辛いもんなんだけど、モグは気にせずモリモリ食べました。






120315b.jpg
食べられるものでモグが食べなかったのは、プレ用のフルーツボールというクソ甘いおかしと
生牧草のスーダングラスくらいですね。スーダングラスは少しは食べるけど、結構残してました。
イタリアンライグラスは全部ペロリです。






120315c.jpg
さて本題。
こんな感じになりましたー。
別用途で使っていたスチールラックの棚が1つ、お役御免となったので
どっかで使えないかなーと思ったら、
奥行きが一緒だったのでこっちに転用してみました。
あとは家に余ってた人工芝をサイズ併せて設置。
いい感じのちょっとしたスペースができました。






120315d.jpg
さっそく探検。
まあモグからしてみりゃこの程度のスペース大した意味なさそうだけど(´・ω・)
小動物を遊ばせるならホント、部屋一室くらいの広さがないとダメですね。
70cmのケージだろうが100cmのケージだろうが、運動には足りないんですよ。
人でいうなら6畳まだろうが12畳間だろうが運動量には大差ないわけです。
運動するにはやっぱり運動場とか広場といえるだけの広さがほしいわけですよ。










120315e.jpg
モグさん近いです。カメラが近すぎてピントあいません。






120315f.jpg
モグのおけつ。







120315g.jpg
戻ってきた。







120315h.jpg
だから近いってw
大した広さではないけど、一応起きに召していただけたようでしたヽ(´ー`)ノ






120315i.jpg
横着いので捕縛。そしてケージ内へお帰りいただきましたヽ(´ー`)ノ
ミラーレス一眼だと片手取りもそんなに苦じゃないので助かる。
さすがに一眼レフを片手持ちは無理があるw


左がテレビがのってる学習机なのですが、こっちへ飛び降りるルートがあるので
そこを封鎖すれば多少離れても放置して遊ばせてやれるかな。
様子見つつもう少し手加えてみようかな、というところです。

手前は直で床ですが、床めがけてダイブする度胸はさすがにないみたいw


テーマ : ジリス&ハタリス ジャンル : ペット

21:37  |  リチャ・ウサギ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.03.22 (Thu)

写真】まどかマギカ展行って来ました

120322a.jpg

魔法少女まどか☆マギカ。
アニメ好きな人なら多分ほとんどの人が知っている、そうでない人も
名前くらいは耳にしたことあるんじゃないでしょうか。

魔法少女という女の子向けなジャンルでありながら、”契約”のワードとともに
魔法少女作品の常識、見る側の思い込みを逆手にとりまくった全12話のアニメ作品です。
去年のアニメ雑誌の年間作品賞の、この作品が該当するジャンルをCM賞除いて
過去最高の総なめ12冠達成した話題作でもあります。今年、作品を前後編にまとめた
総集編を、来年にはその後を描く新作映画が公開予定となっております。


軽くネタバレと作品の解説。白字にしとくので興味ある人は反転させて見て下さい。

この作品に置いて話題となったのが、まず3話。
魔法少女作品としては誰も想像が出来ない、1話に登場した先輩魔法少女が
敵(魔女)に食われて死ぬという壮絶な描写で話題騒然となりました。
シナリオ担当の虚淵玄(うろぶち げん)がハードなシナリオに定評のある人だったので、
この人の名前を知っている人はいつかはこうなる、と気づいてはいたものの3話は予想外だったそうです。

その後、魔法少女になるということが人の倫理価値観的に”人でなくなっている”、
もう元には戻れない、さらには契約したが最後、自身が化物(魔女)になるか、殺されるか、
どちらかの将来しかない(あとはその結末が訪れるのを先延ばしにするだけ)という
救いようのないシステムが話が進むことに明らかになっていきます。
3話以降はひたすら落ち続けるだけのジェットコースターのような、タイトルや絵からは想像もできない、
展開もスピーディで凄惨でハードな展開がこの作品の魅力となっています。

あとは、その内容でありながら、いわゆるグロ的描写がほぼない事も広く受け入れられた要素ですね。
先に述べた先輩が食われるシーンも、別に血が飛び散ったりハラワタが見えたりなんてことは
一切ありません。それを見ている主人公らの信じられない光景を見てる顔が写っていて、
そこに食べられている音だけが聞こえる、そんな感じになっています。

キャラクター達も、全12話ということで必要最小限に抑えられ、当然各キャラの性格付も良くできています。
作中における、キャラクターらの想いの強さ・覚悟の描写、声優の方の演技も魅力的なものになっています。
それにその道で有名な、梶浦由記作曲による重めなファンタジーテイストなBGMも伴い、
ハードな内容の作品でありつつ、全体的に完成度が高く、引き込まれる魅力のある作品になっています。



ここまで。


では本題に戻りまして、まどか☆マギカ展について~。
まあ、上記の通り、ご存知だった方はそのとおり、10年に一度のアニメといわれるだけの
盛り上がりを見せている本作、単独展示会になります。
すでに東京・大阪で行われており、名古屋が最終で3月20日~3月25日まで開催です。

会場は吹上ホールとなっています。
以下展示会場内の写真ですが、枚数多い(30枚ちょい)ので続きを見たい方は

  ↓ こちらをクリック。

テーマ : 魔法少女まどか☆マギカ ジャンル : アニメ・コミック

タグ : まどか☆マギカ展 まどマギ展

23:12  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(3)  |  Top↑

2012.03.26 (Mon)

写真】月水金直列

120326a.jpg

今日は月と水星と金星が一直線に並ぶ日ということで写真とってみました。
が、直列というにはちょっとまがってるかなーw

よくわからんけど、カンで上が金星、真ん中が月、下が水星だと思いますヽ(´ー`)ノ


テーマ : ある日の風景や景色 ジャンル : 写真

22:27  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2012.03.29 (Thu)

30HI】紅いロタラ

120329a.jpg
はい、ということで今回は30HIです。
基本、ロタラやハイグロが伸びたらトリミングするだけの水槽となってます(´・ω・)

しかし、そんな中にもたまーに変な変化があったりするもんですね。






120329b.jpg
はいこれ。
1枚目の写真では中央やや上に写ってるヤツですね。
どうですかこれ。赤すぎて紅色になっちゃいましたよ!
いったいなんでこんなことに・・・、と考えると、やっぱり直上にある赤色LEDなんでしょうね。






120329c.jpg
周囲もこのように、中央のヤツほどじゃないですがかなり赤いです。






120329d.jpg
一方周辺のロタラはこんな感じ。
周辺は光量少ないってのもあるかもしれないですが、
赤色LEDによって赤く見えるのと、赤い波長による水草自体が調子が上がって
赤くなっているということだと思います。






120329e.jpg
一方中央付近のハイグロセイロン。
葉っぱすくねえ!
でも確かに育ってます。






120329f.jpg
周辺のハイグロセイロン。葉っぱのびのび。
これって光が足りないから大きくなって光を集めていて、
中央のは十分なエネルギーがあるから小さくていいとか、なんだろうか?
はっぱの質というか、形状も全然ちがいますからねー。
中央の赤色LEDの恩恵なんでしょうねえ。







120329g.jpg
さて、こっからオマケ。
まずは例によってブリジッタエ。

相変わらず元気にやってますよー。
ただ、背骨曲がってるのが出てきた感じ。そろそろ年取ってきたかなー。






120329h.jpg
水草に隠れてる、右下のヤツが曲がってますね~。
でも、まだまだ元気ですよー。この写真には9匹写ってます。
これで全部かな。






120329i.jpg
こちらも相変わらず姿をみせないゴールデンテトラ。
こないだホムセンでこいつ売ってるのみかけましたが、
昔はもっとギラギラしてたんですよね~。
ボディのシルバーが。こんなくすんだ色じゃなかったw

ゴールデンテトラはなんかバクテリアが表面についてて、
それがすごいテカってみえる原因なんだそうです。
で、年取るとバクテリアがいなくなって、こういうくすんだ銀色に落ち着いてしまうんだそうで。

ちなみにこの二匹、まぶたの色が違います。
上がオレンジ、下が水色。
光の加減だけでなく、素で差があるみたい。







120329j.jpg
ミナミヌマエビ。
赤色LED有効範囲。エビもほんのり赤くなってますw






120329k.jpg
水面の裏側に張り付いて何かをかき集めるエビたち。
多分油膜。水面に逆さまってのはなかなか奇妙な姿勢で面白い。






120329l.jpg
水槽から一本飛び出したハイグロの水上葉。
枯れることなく元気に伸びています。

もうちょいあったかくなったら外に植えるよーヽ(´ー`)ノ






120329m.jpg
ちなみにコレが根っこ側。
水上すぐあたりの葉っぱは枯れちゃってるんですが、
一定以上まで伸びた葉っぱは元気。違いは何だろう。窓に近いかそうでないか?

写真ではわかりませんが、水面直下あたりに根っこが生えています。
このあたりで切ってやれば、多分独立して水上葉のみで育つことが出来るはず。





120329n.jpg
ということで、30HI水槽でしたー。
ホントは春先にテコ入れしようと思ったんですが、他にやることできたので
テコ入れするのは夏~秋になるかもしれません。
今年も忙しくなりそうだヽ(´ー`)ノ


テーマ : ☆水槽の中☆ ジャンル : ペット

タグ : 熱帯魚 ミナミヌマエビ ブリジッタエ

21:32  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。