2013年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2013.07.04 (Thu)

30HI】セイロンほぼ絶滅

130704a.jpg

ということで今回は30HI水槽です。
んー、なんか水質が悪化している模様で、
今日は二回の換水をすることにしました。







130704b.jpg
まずは手前でずいぶん賑やかなコイツラ。
ハイグロspダークブラウンですが、水質悪化してたほうがいいのか
急に増えだしましたw

やっぱりコイツら低層な水草なんですかね。見ての通り横ばかり広がっています。







130704c.jpg
今までにないぐらいイキイキとしています。






130704d.jpg
そして・・・本題のハイグロセイロンですが・・・
この一本を残して全滅してしまいました。

何があったのかといいますと・・・成長が鈍ってきたのでソイルを変えたんです。
で、その際に足し水を忘れてしまいまして、乾燥したソイルの状態で一日たったら
しなしなにしおれてしまっていた・・・というワケなのです(ノω`)

水上葉といえどやはり水草、ということなんでしょうね。乾燥にめっぽう弱かったようです。
で、残ったコイツはなんなのかというと・・・
前回30HIの記事で書いたアイツです。
水面に着水して根っこを伸ばしていた部分です。
ここだけが、別途給水路を確保していたおかげで生きていたのです。
で、今はこうやって水中に植えて再繁殖中、という事なのです。

まさかの着水根っこのおかげで完全絶滅が免れたセイロンでした、と。
あともう一つ。絶滅して撤去したのですが、
枯れて散った葉っぱが大量にたまってまして、腐葉土にでもなりそうな勢いで焦りました。
掃除しにくい所でやたらめった茂らせるもんじゃないということを痛感( ´ω`)







130704e.jpg
黄緑で波打ってる葉っぱが水上葉、オレンジがかっててまっすぐな葉っぱが水中葉です。
新たに水中葉が展開して目下成長中。








130704f.jpg
ロタラもちょっと色が薄めですが元気に伸びて太い葉っぱを広げています。
この後トリミングして一部60HIに移しました。
なお先陣が先週移ってますが今のところ枯れずに元気な状態をキープしています。
底砂の徹底掃除が効果を出しているものと思われます。






130704g.jpg
こっから生き物編。
相変わらず奥でかたまっているブリジッタエ。
ゴハンのときは出てくるんだけどね。






130704h.jpg
水質の悪化を来にしだした原因はエビが減っている気がする為です。
そこそこはいるんだけど、どうにも数が思ったほど増えていない。
近々こっちも底砂大掃除をすることになりそう。






130704i.jpg
もいっちょミナミ。
アカハナですがLEDの影響ですw






130704j.jpg
あとこれも水質悪化が原因だと思うんですがスネイルが増えてきているようです。
これはカワコザラガイ。これだけでも3匹写ってます。
そこら中にいて結構うっとおしい。







130704k.jpg
こっちはヒラマキミズマイマイ。
コイツラはほんと、どっからやってきたのか不明でどんどん増えます。
厄介ものですわー。







130704l.jpg
ラスト。
撮影してたらひょっこり顔をだした黒コリさん。
今や我が家唯一のコリドラス(ノω`)








130704m.jpg
オトシンネグロ。二匹元気にやってます。



あと、ゴールデンテトラですが一匹死んでしまったかもしれません。
最近見かけなくなりました。金色なオスは生きてます。本日確認しました。







130704n.jpg
ということで、水槽裏のセイロンがなくなってちょっとサッパリした30HI水槽でした。
あんまり面倒はないんだけど底砂の奥が酸素不足になって整体に悪いガスが発生するのだけは
避けなければなりません。前にそれでエビが死滅しましたからね。
あとは徐々に溜まっていく底砂の汚れですか。
エビがある程度分解していくものの、それでも溜まっていっちゃいますからね。
年に一回は大掃除が必要ようです。

まあ、水槽も小さいので掃除そのものはちょっと気合入れればできるんですが、
問題はエビの撤去ですね。稚エビとか見えないので取り出すのも限界があるんですよ。
若干数残って掃除で死なせてしまうのは諦めるほかない感じですが、
それでも限界まで救出はしたいわけで、そのために水をギリギリまで抜いた水槽とにらめっこして
必死に取り出したりします。これが一番の重労働w

様子見ながらそのうちやろうかと思いますヽ(´ー`)ノ



スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

タグ : ボララス・ブリジッタエ 熱帯魚 ミナミヌマエビ

16:29  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2013.07.11 (Thu)

60HI】レアな日

130711a.jpg

ということで、本日は60HI水槽です。
え~、掃除の真っ最中。

あと、本日30HIからキューピーアマゾンを一株もってきました。
ヘンに大きくなっちゃったもんで30HIに2つは手狭だったんですよね。

あと、ロタラも先週植えたのがまだ健在です。調子はイマイチかもしれない。


さて、本日何がレアな日なのかというと・・・






130711b.jpg
コイツですよコイツ。
クラウンローチ。カメラ構えていても随分平然と手前まで出てきています。
いつも裏っかわから出てこないのに今日はやたら前にきて主張してますよ。






130711c.jpg
特集は後ほど。まずは植物編。
持ってきたキューピーアマゾン。
ちょっとコケってて、ヤマトが早速ついばみにきてますね。







130711d.jpg
ロタラ。なんか黄色い。
この色は元気いいように見えないんだよなあ。
多分調子が悪い?






130711e.jpg
こっちはちょっと赤みのある葉っぱ。水中根がでてきてますね。
こっちは調子がいいんだろうか。うーん。






130711f.jpg
こっからお魚編。
hanabi2匹健在です。あとグリーンネオン。こいつらも元気元気。
右下の模様がちょっとボロボロなのが古参のお年寄り。







130711g.jpg
白化したコも元気。







130711h.jpg
ブリジッタエは相変わらず左奥済が定位置。
ネグロさんは気まぐれであっちこっち移動します。
一番人間に対して関心をもっていない魚。
手で触ったら触られるのが嫌だから移動するだけで、警戒して逃げるというふうでもない。
この温度差はなんなんでしょうねえw







130711i.jpg
キューピーアマゾンの日陰で動かなかったヤマト。
なにかついばんでいたんだろうか。






130711j.jpg
おまたせしました、ここから底モノ編。
クラウンローチ元気いっぱい。
間に出すぎて頭のピントが外れてしまった。
ヒレの赤さがスゴイですね~。明かりの下だと一層映えます。






130711k.jpg
サカサナマズ。
コイツも今日は珍しく手前を泳いでました。
この背中が白っぽいヤツが一番逆さじゃない事が多い。






130711l.jpg
そしてこっちがだいたいサカサのその他二匹。
今日は何があったのかしらないが底モノの手前フィーバーで写真の撮影しがいがありましたw

背後にクラウンローチも写ってますね~。






130711m.jpg
甘い甘い、手前で2種類三匹同時に写っちゃいました!
いや~、ここまでクラウンローチをガッツリ撮影できたのって初めてじゃないだろうか。
で、今回手前に出てきてくれてよくわかったんですが、
死んでしまったクラウンローチは一番バンドの色が薄かったコですね。
この二匹は見ての通りバンドが黒々としてます。
左のコは特に鮮やかですね~。お腹もポッコリしてます・・・w






130711n.jpg
コケを枯らすために天日干ししていた流木類を再セットして本日の掃除終了。

以前話した、底砂の回収・掃除ですが、大分効果上がってる気がします。
が、これをやると底砂に溜まっている汚れが全部水の中に浮いてしまうのが問題ですね。
水草の様子を見ながらちょっと控えてつつ、まんべんなくやっていこうと思います。






130711o.jpg
流木がないから前に出てきた、ってことじゃないよってことで
流木設置後も前にでてきたクラウンローチさん。
良い感じに健康そうですね~よかよか。



ちなみに本日30HIのほうを大掃除しました。
大きいミナミヌマエビがほとんどおらず、小~中サイズばかりになってしまっていました。
この大掃除でまた元気になってくれると期待しておきます。






130711p.jpg
ということで、本日レアな写真が撮影できた60HI水槽でした!
この写真でもクラウンローチが前に出てきてますねw


ではまた来週~


テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

タグ : クラウンローチ 熱帯魚 サカサナマズ

20:09  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2013.07.18 (Thu)

ウサ】新たなタレモード

130716a.jpg
ということで、今日はハルです。

元気にやってますが、日別で変わることが少ないので
記事にするのがむずかしいんですよねぇ。








130716b.jpg
今の頭の模様はこんな感じ。
前回のお外で遊ばせた記事の時とほとんど変わってないかな。







130716c.jpg
そういや、鼻先のケガはすっかり綺麗になりました。
怪我してたなんてまったくわかりませんね。
結構治療費高付きましたがキレイになって何よりですヽ(´ー`)ノ








130716d.jpg
換毛期ということで、こんな感じにところどころ抜けている毛が。
キレイにしても次から次へと抜けてきてキリがない( ´ω`)

ウサ飼って一番大変なのはこの抜け毛の処理かもしれない。
最初の一ヶ月のドタバタの次に、だけど。あれは最初だけだけど、抜け毛は毎年だからねえ。
ちなみに夏→冬は大したことないんですよね。冬→夏がヤバい。






130716e.jpg
抜け毛のほんの一部。
毎日会社から帰ってくるとこれの数倍の抜け毛がトレイに落ちており、
またブラッシングするとさらに数倍ごっそり抜けます。
それでも体毛が減った気がまったくしないんだから恐ろしい。






130716f.jpg
相変わらずトイレやエサのトレイに顎を乗っけてのびてたりしますが、
最近はこっち向いていてタレるようになりました。

なんでかっていうと、この姿勢のまま牧草をボリボリかじるためなんですよね。
寝転びながらくっちゃねしてるグータラっぷり。






130716g.jpg
新しいタレモード2。
撫でているとそのままトイレに顎をのっけてタレる。
前は撫でられてる時は猫の箱組みみたいな状態だったのに、
ここ最近は撫でていると姿勢かえてタレます。

撫でられる抵抗を首で支えるのが面倒になったということなのだろうかw







130716h.jpg
なでられてうっとり、それでいて眠い。そんな状態。
ウサは夜行性なので日中は寝てるんですよね。
特に昼過ぎからは本格的に寝ています。

人間と12時間反転とすれば日付変わって深夜、といった手合いなんでしょうね。
夕飯の時間ちょっと前まで眠そうにじっとしてます。

ウサギの場合は熟睡することはなく、大抵物音がすると敏感に察知しますけどね。
しかし、時々反応が遅れてビクッ!と驚くことがありますw





130716i.jpg
顎の肉垂れが厚くなったので箱状態になると頭から首周りにかけて
キレイな楕円形になってたりします。
さらに垂れ耳もぴったり張り付いてなんとも言えない一体感のある流線型(?)にw


ということで、新たなタレ技を習得した換毛期中のハルでした~。



テーマ : うさぎ ジャンル : ペット

タグ : ホーランドロップ ロップイヤー ウサギ

17:12  |  リチャ・ウサギ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2013.07.25 (Thu)

30HI】大掃除その後

130725a.jpg

はい、ということで本日は30HIです。
水質悪化でエビが減っているくさいので大掃除を敢行したわけですが、
その後の様子、ということになります。





130725b.jpg
手前のモッサリ増えたハイグロspダークブラウンは今も元気にしています。
何が原因でスイッチ入ったのか不明ですが、元気そうでなにより。
見事な茂りっぷりですね。






130725c.jpg
葉っぱのアップ。
葉脈も太くてうっすら毛羽立っているような葉っぱの表面がおもしろいですね。
しっとりとした発色がなんとも上品です。






130725d.jpg
ロタラもまた随分伸びて元気いっぱいです。
コイツらは30HI水槽内ではホント元気いっぱいです。
60HIはなんであんなに育たないんだろうなあ・・・(´・ω・)






130725e.jpg
一本残ったセイロンも元気に水中葉展開中。
そのうち脇芽がでてくるでしょう。
ほどほどに育ったらそれを切って差し戻して本数を増やしていきます。






130725f.jpg
水を全部入れ替えたんですが、その影響でどうもよくないものが育って来ました。
黒ひげコケの一種ですね。
60HIでよくみるフサフサしたものではなくて、硬いコケです。
幸い数は多くないのでこの後つまみとりました。
このタイプが大繁殖した事は今の所無いですね。






130725g.jpg
こっから生き物編。
オトシンネグロ。

口周りが透けちゃってますねw






130725h.jpg
ブリジッタエは今日も元気でキレイな発色をしていますw


あと、今回写真に撮れませんでしたが、ゴールデンテトラは三匹生きてました。
大掃除の時に生存確認できましたw








130725i.jpg
ミナミヌマエビ。数は減ったものの生きてる連中が元気にやっています。
大掃除以来目立った死骸はないので大丈夫だと思います。






130725j.jpg
真っ青に輝くミナミ。
周りも青いのでお分かりのように青色LEDの光に照らされて青くなってますw

にしてもなんかキレイに青いですよね~。






130725k.jpg
ということで大掃除して再出発した30HI水槽でした。
基本大きな問題はないものの、やはり生き物が狭い世界の中で住んでいるだけに
いつ何が起こるかわからない、という感じです。

これからも油断せずにチェックしていきます。



テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

タグ : ボララス・ブリジッタエ ミナミヌマエビ

21:27  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。