2013年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2013.11.07 (Thu)

ウサ】冬の準備と新刈り牧草

131107a.jpg
はい、ということで本日は久しぶりにウサ記事。
何ら問題なく元気に毎日すごしております。








131107b.jpg
オヤツのドライフルーツ。
パパイヤペーストのヘアボールリリーフも大好きですがドライフルーツのパパイヤも大好き。
一応、「待て」を仕込んでるんですが、我慢しきれないようでよくフライングしますw






131107c.jpg
最近足場のテラスをパワーアップ。
台で足場の高さをしっかりキープして、足場の水平安定にゴムバンドを引っ掛けてあります。
これでハルがどう動いても足場は一切動きません。








131107d.jpg
もう一段下が高さ20cm弱であるんですが、そちらに降りるのは怖いようで今のところここまで。






131107e.jpg
さて、冬支度ということで今回新たに購入したのはこちら。
ペット用のヒーターです。
ウチはエアコンで室内温度は快適をキープしていますが、
それでも足元側はどうしても冷たく、ハルのケージは足元も金網のため
ちょっとお腹が冷えているんじゃないのか、という懸念がありまして
今年は導入することにしました。
置き場はいろいろ考えた結果横にする予定。
そのうち置いて写真撮ります。まだそこまで冷えていないのでとりあえず待機。






131107f.jpg
さて牧草。
いつも利用しているcharmさんから25年度新狩りが登場しました。
これを待っていた。

というのも、ハルはどうも古い年度末期ロットはキライなようでほとんど食べなかったんです。
右が夏に購入した24年度刈り。右が25年度新刈り。
見ての通り色みがぜんぜん違うんですよね。
匂いや葉の質も全然別物です。

年度末期の古いロットは全体的に硬くて太く、匂いも甘ったるい感じになってて、
新刈りは細く、匂いも爽やかな感じ。

この旧ロットになって全然牧草減らなくなってホント困りました。







131107g.jpg
そこでその間お世話になったのが左の牧草。
◆うさぎの牧草.com◆さんのオリジナル、うさチモ一番刈り。
こちらの牧草は匂いはちょっと違いますけど、末期ロットのワリに太くなくていい感じの牧草でした。
送料もかかってcharmさんの牧草よりお値段は上がりましたけど、安定して食べてくれたので
大助かり。

charmさんのロットが末期になるとこうなるってのは前から知ってたんですけどね。
モグは気にする所でなかったのでスルーしてましたが、ハルは結構好き嫌いあるようですw

ハルの好みはcharm新刈り>うさチモ>>>>charm旧刈り
といった感じ。食べなかったから返品とかできないのでロットが古くなるタイミングを
見極めて購入先を変えなきゃならんのがめんどくさいっちゃあめんどくさいなあ。
しくじって古いロットが来てしまったら全部モグが必死に消化しなきゃならんくなるのでw







131107h.jpg
ということで、牧草がおいしくなって冬支度もバッチリなハルでした~ヽ(´ー`)ノ



スポンサーサイト

テーマ : うさぎ ジャンル : ペット

タグ : ホーランドロップ ロップイヤー ウサギ

20:45  |  リチャ・ウサギ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2013.11.14 (Thu)

30HI】ナゾの卵発見

131114a.jpg

はい、ということで本日は30HI水槽でっす。
ロタラのトリミング時期が近いなあ。






131114b.jpg
ハイグロspダークブラウンはなんか調子が落ちてます。
なんだろう・・・日陰のほうが好きなんだろうか、この草は。
ロタラに近いほうがキレイで、開けた所にあるのは全体的に調子悪そう。
ちょっと日陰化してみましょうかね・・・。






131114c.jpg
億の調子いいヤツはこんな感じ。
葉っぱも大きく厚くいい感じ。






131114d.jpg
ハイグロセイロンは例によってグングン伸びてます。
トリミングして株増やしてます。






131114e.jpg
ロタラも絶好調。こっちの水槽では常にこの状態ですね。








131114f.jpg
こっからいきもの編。
ミナミヌマエビ。
まだ数は増えてきていない感じ。
ん~・・・・。






131114g.jpg
オトシンネグロ。マイペースでやってます。






131114h.jpg
こっちも特に変わらずのブリジッタエ。
綺麗に撮れました。






131114i.jpg
下から水面側へ向かって撮影してみた。







131114j.jpg
ちょっと面白い絵が撮れたかな。
中央したの白いのは水槽のガラスに反射した蛍光灯。
北部屋なので日中も点灯(最大じゃないけど)
消して撮影すればよかった(´・ω・)






131114k.jpg
さて、本題。
今日水換えしようと思ったらマツモにこんな卵のカタマリが5つほどついているのを発見。
とりあえず回収して小さいプラ水槽に移しました。
これって何の卵だろうか・・・・。

テトラはバラマキ産卵型だからこんなカタマリがつくことないだろうし、
ブリジッタエも同じくバラマキ型の模様。

オトシンは壁面に粘着で付くタイプだし、そもそも今1匹しかいないし。
エビは抱卵して産み付けることはない。

となると、スネイルってことになるんだろうけど・・・
まず、カワコザラガイはサイズ的にあり得ない。
ちょうど右端側に写ってる白いのがカワコザラガイです。
卵の時点でフルサイズってないわー。

じゃあヒラマキミズマイマイ?
しかし、それでも本体サイズより卵のが大きいか、よくて同サイズなんだよなあ。
こんな卵を産めるような大きさのは見たこと無いんだけど・・・。


多分、ヒラマキミズマイマイじゃないかなあ、と思うんだけど
このサイズのカタマリが5つありまして、
そんな大規模な産卵が出来る大きさのを見落としているとは思えなくて・・・

カメのエサ用のレッドラムズホーンでも落っことして、それが卵生んだのだろうか・・・。
だとしたらえらいこっちゃ・・・。
にしても5つって・・・うーん・・・。
どれにしても、なんかピンと来ないのです。


とりあえず経過観察中~。
産まれたらまた報告致しますヽ(´ー`)ノ


テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

タグ : ボララス・ブリジッタエ ミナミヌマエビ 熱帯魚

15:46  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2013.11.21 (Thu)

30HI】ナゾの卵の正体

131121a.jpg
はい、というわけで今週も30HIです。
ロタラが伸びまくったのでトリミングしました。

さて、先週発見したナゾの卵の正体が判明しました。



その正体とは・・・・












131121b.jpg
マツモの花でした!
マツモって花咲かせるんだね。しかも水中で。
検索かけるとちゃんと出てきます。
赤い丸で囲っているのが花びら。
数日後、これが隔離したプラケースに浮いているのを発見しました。
いきものじゃなかった。稚貝じゃなくてよかったw






131121c.jpg
花びらが散った後。
こっから実がなったりするんだろうか?






131121d.jpg
あとはオマケ?
ちょっと手前側の不調っぷりが酷いので一旦抜いて底砂掃除しました。
ヨゴレの可能性もあるので。
これで回復するといいなあ。






131121e.jpg
ロタラとハイグロセイロンは今日も元気です。






131121f.jpg
気泡いっぱい。
ただ、この気泡はロタラが吐いた酸素ではなく、
水換えで減った水面に吐出された排水が泡立たせて出来た泡粒がまとわりついたものw






131121g.jpg
ハイグロセイロンはこれ以上増えたら60行きだなあ。






131121h.jpg
ミナミヌマエビ。オス。
見分けはしっぽの形状。







131121i.jpg
メス。卵抱えています。ようやく軌道に乗ったかな。
メスはしっかり卵を抱えられるように、尻尾の側面が幅広になっています。
オスは機動力が下がるだけなのでそれがないです。






131121j.jpg
何やら壁面を奥から手前に目一杯かじりまくっていたネグロ。
スタートラインはホント一番奥で、写真とってたらここまで移動してきた。






131121k.jpg
ブリジッタエ。
今日はこのブリジッタエを使って、
光と写真写りの関係について見て行きましょう~。


これは日陰状態。
本体は暗くてぼやーっとしてしまっています。






131121l.jpg
これは薄明かりの状態。
いい感じに陰影がついてディテールアップ。
明るすぎない分、ディテールの写りがすごくいいですね。






131121m.jpg
これも薄明かりだけど、尻尾の方にちょっと強く光があたっているので
下半身が赤く発光しているように見えます。






131121n.jpg
光がしっかり当たっている状態。
明るく輝いていますね~。しかし、光が強いもんでちょっと色が飛んでしまってます。
薄明かりのほうがディテールはしっかりしてますね。
一方こちらは発色が鮮やかな感じでしょうか。






131121o.jpg
ラスト、赤LED直下。
赤い照り返しがハンパなくてボディが真っ赤っ赤になってしまいました。
ここまで来るとちょっとドギツイ感じですね(´・ω・)

ということで、同じ魚でも光の当たり加減によってこれだけ見え方が変わるんだよーというコーナーでした。
これは点光源で満遍なく照らしていないからこそ出来る変化ですね。

蛍光灯を使うと全面的に明るくなるので見た目は安定しますが、
蛍光灯下でも、奥と手前でで光の当たり加減が変わるので見た目変わったりしますよ。
底モノだとあんまりわからないかもだけど、上層だと逆光と順光の違いが出ると思います。






131121p.jpg
ということで、マツモの花を発見していた30HI水槽でした~。

テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

タグ : 熱帯魚 ボララス・ブリジッタエ ミナミヌマエビ

21:49  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2013.11.28 (Thu)

車】新型フィットハイブリッド納車【フィット3

131128j.jpg

はい!
というわけで9月に契約したフィット3ハイブリッドFパッケージ、ついに納車となりました!
当初の話では12月9日と言われてましたが二週間弱早く納車されました。

ホンダの予想よりもハイブリッドが売れた為、ハイブリッドのラインを増やしたおかげですね。

色はブリリアントスポーティブルーメタリック。
何気に銀とほぼ同率で売れているカラー。
個人的には白黒でなければ銀よりもこっちのがこのデザインに似合うと思った。

フィット3はグリルの色がクセモノで、ガンメタにミラーインクコーティングして、
ガンメタに見えたりミラー調になったりと表情がコロコロと変わります。
グリルが黒~銀のどれになっても似合うのは白黒青だと、判断しました。
で、白は+3万だし、黒は趣味じゃないしで青。消去法ってだけでなく、青は好きな色なので問題なし。
問題は青はリセールバリューとしてマイナスになるという点。
白や黒は加点で値段がアップしますが、白黒銀以外は10万ほど下がっちゃうんですよね~。

それで悩んだんですけど、今回は残価設定クレジットにすることで、
最初から売価を固定してしまうことでその問題をスルーすることにしました。
渡しの場合は通常クレジットとくらべて残価5年は月々1万円安くなりました。
それの60回分なので、実質5年後乗り換える時にこのフィットを60万で売ったのと同じ扱いになります。
今回のフィット2の下取り価格は40万ちょいでしたので、+20万、次の車に使える頭金が増える事にもなります。
なお、毎月の支払いは前と同じになってます。

5年経った時買い取りするとなると、75万くらいでの買い取りになるので15万余分に
払わないといけなくなっちゃうので、また5年後は買い替え決定ですね(´・ω・)

マイチェンして特別仕様車が出ているだろう、その時のフィット3に買い換えるという手もアリ。
その辺はまた5年後に考えますw





131128a.jpg
こっちが本日までお勤めしていただいたフィット2 Lパッケージハイウェイエディション。
初期モデルのフィット2でしたがフロントグリルとバンパーを交換しました。
この左右に縦のラインが入ったアクティブプラスのバンパー、ついに5年の間で
自分以外の車が走っているのは1台しか見かけることがありませんでした。
どんだけレアなんだ。

今回はその辺まったくいじってません。






131128l.jpg
黄色のフォグランプは今回も装着。
青いボディのいいアクセントになっていると思います。
前と違いマルチコートはなし。







131128m.jpg
ヘッドライト。
外側がプロジェクター型のLEDヘッドライト。
内側がリフレクターのハロゲンヘッドライト。
その内側、カットが入っているのがウインカーとポジション球。

LEDは十分明るいんですが、やはりプロジェクター型なだけあって照射ラインがハッキリでますね。
ハイビームは点灯していませんが、きっとLEDの白さもあってオレンジなのだろう・・・。
ハイケルビンバルブと交換したいところですw







131128k.jpg
特徴的な後ろ。
この、バックドア側に伸びた赤い縦長のラインが特徴ですね。
ボルボがこれに近いですが、ボルボはあくまでボディ側についていて、ドア側には付いていません。






131128b.jpg
こっちフィット2。
初期のフィット2はバックランプにLEDを使ってなかったんですよねえ。
1.5はLEDでしたっけか。




さて、この先ダラダラとフィット2とフィット3の違いを写真で見ていきますが、
その前に改めてフィット3に乗ってみた所感を先に書いておきましょう。

まず、実際に走り出して言われるようになった点でギクシャク感。
やっぱりちょっとありますねえ。
アクセル固定で走っているのになんか急に後ろに引っ張られるように速度が落ちたり。
速度の調整が思ったように行かない感じがあります。
でも大体はちゃんと走るかなあ。
まだ速度調整の感覚が自分に出来ていない感じもあります。
上手く合うようになればほとんどのケースで問題なく走らせることが出来そうです。
走らせる時は踏めば答えてくれるし、坂道で速度も落ちづらくいい感じでした。

普通に走っている分にはアイドリングストップにモーターからハイブリッドへの切り替え、
そして7速DCTのシフトチェンジも至って自然。
帰り道にこの辺まったく意識せずに帰宅しちゃいました。

前にどっかで聞いていたのでちょっと認識していましたが
パワーオンにしてから暖房効くまでが早い。これはすごいありがたいw
ビバ電動エアコン。

ブレーキは前に覚えていたのですでに問題なく調整可能。
微妙な減速調整もしっかり対応できました。


ウインカーは最初に抵抗なしである程度下がって、そこで戻すと
三回方向指示器が動作して終了する、レーンチェンジ用の操作が追加されたせいで
ちょっと違和感がありますね。
前は遊びなしですぐ一段回目の抵抗があったので、そのつもりでつい三回ので戻してしまったり。
ここもまあ、慣れでしょう。


言われている問題の1つ、徐行速度まで落としてから停止せずアクセルを再度踏むと反応が遅れる問題。
これも早速狙って操作して体験しました。が、言われているような空ぶかし(回転数が上がって速度が伸びない)
にはならなかったなあ。ただ、なんか踏んでいるのに何も反応なくて一拍おいてから加速しだす感じ。

あとはアクセルを踏んだ初速が一拍遅いのもかわらずですね。
右折でギリギリのタイミングで飛び込むのは危険。
安全運転意識が出来ていいかも?もちろんキビキビ走るのが一番だけどねえ。
そのうちアップデートで改善されたりするんだろうか?

バックはエンジンがかかると急にクリープが強くなりますね。
モーターだけだとクリープかなり弱いです。
ちゃんとアクセル踏めば問題ないんですが、突然クリープが強くなって
少しびっくりしました。ホント少しだけで実用的な問題はなかったですが、
不安定な要素ではあります。

メーカーオプションナビでバックカメラもついているのですが、
バックカメラのガイドラインがハンドルに合わせてラインが曲がるので
バックが楽になりましたね。前よりキッチリ合わせられます。
あと、ワイド・ノーマル・見下ろしの3視点変更が便利。特に見下ろしがありがたい。
ワイドと見下ろしで十分かなw

サイドミラーはちょっと湾曲気味です。前とくらべて視界が悪くなっているかは
正直フィット3のミラーをみているだけの印象では不明。


高速走行はまだ試していないのでなんとも。
燃費はちょっとの操作でガンガン変化していくのでなんとも。
帰りにガソリンを入れて、3km先のコンビニまで行った時はリッター30越えました。
止めて撮影してたらちょっと燃費落ちちゃったけどw
131128zg.jpg


とりあえずはこんな所かな。
以下、私のフィット3の内装・外装とフィット2との比較~

テーマ : 新車・ニューモデル ジャンル : 車・バイク

タグ : 新型フィット フィットハイブリッド フィット3 GP5

20:55  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2013.11.29 (Fri)

車】追加写真とガラスコーティング【フィット3

131129c.jpg
いやー、昨夜は冷えましたね~。
クルマが結露通り越して凍結してましたよ。

さて、まずは追加写真をいくつか。
まずはフィットハイブリッド標準のリアスポイラー。
元々スポイラーのない13Gもスポイラーもどきのような形状をしていて、
その部分はそのままでそれにプラスしてスポイラーが伸びているような感じになってます。

なので、こんな感じでスポイラーの真ん中に1つ継ぎ目が入ってるような感じに。
ここはどうにかして欲しかったかなーと思うポイント。






131129d.jpg
ワイパー。
こちらも空力を考えた形状になってます。
フィット2と比べるとかなり薄くなりました。






131129e.jpg
エンジンルーム。
ワリとゴチャついてる感じ。
手前にある吸気のダクトが目立ちますね。






131129f.jpg
エンジンについているEARTH DREAMS TECHNOLOGY ■HYBRID のロゴが主張していますw






131129g.jpg
この銀色のやつがEPUだったかな?フィットのコンピューターの中核。







131129h.jpg
バッテリー。ハイブリッドということでモーターからこっちに繋がってるので
なんかいつもと違う感じ。
バッテリーのブツそのものはいつもどおりですけどね。

DC-DC型のアイドルストップをする15Xはなんか高いバッテリーになってるらしい。






131129i.jpg
ボンネットの裏まで吸音材が貼ってあります。
しかし、裏側塗装が中途半端なのが見えててなんかなーw
この辺はこの価格帯のクルマだからしょうがない、てことなんでしょうね。






131129j.jpg
エンジンルームと室内の間にも吸音材。
こういう所で前のフィット2よりワンランク上のクルマなんだなーって思えたりしますw






131129r.jpg
そういや、アルミホイールのバルブがメタルバルブになってました。
前のフィット2のディーラーオプションホイールはゴムバルブでそのままだったので
ここもさり気なく前よりパワーアップw






131129q.jpg
ブルーアースE50のドレットパターン。
やはり市販品のブルーアースのどれとも違いますね。

基本的には市販のブルーアースより劣るグレードになると思うのだけれど。








さて、こっからガラスコーティングのお話。
今回購入したのはこちら。
131129a.jpg
◆(株)フェニックスのスーパーピカピカレイン DIAMOND◆です。
このガラスコーティング剤は数少ない、本当のガラスコーティング剤として売られている商品です。
ガラス瓶が本物の証。(プラ容器は溶剤が溶かしてしまうから使えない。使える=ガラス繊維入りポリマー)

ポリマー系との違いは、本物のガラスでコーティングされるので3年間コーティングが剥がれない事。
ポリマー系は施行が洗車して濡れたクルマにスプレーして拭きとるだけ、ということですごい簡単。
ただし皮膜は数ヶ月で剥がれます。普通に洗車のタイミングで施行すれば十分キレイに維持できそう。

施行の簡単さはポリマー系なんですが、最初の一発くらいは
こういうのでちょっと気合いれてやってもいいかーと思って今回購入しました。
ちなみにさらに光沢の増したハイパーピカピカレインも発売されていますが、
撥水系の為、色の濃いクルマはウォータースポットが発生しやすくてオススメしません。
スーパーは親水性なので濃い目のクルマに合ってます。







131129b.jpg
ちなみに写真に写っているSDカードはサイズ比較用w
こんな小さい小瓶ですが、施行すると普通に余ります。
スポンジは3つついてきましたが2つ使いました。大きめのクルマでもこれだけあればやれそう。

あと拭き取り用のマイクロファイバータオル。

施工方法は乾燥させたボディに数滴垂らしたスポンジで液を伸ばして拭き取るというもの。
意外と液が伸びるんですが、溶剤の揮発も結構早いそうで、ささっとやっていかないと
拭き取る前に乾いてしまうとか。

正直、拭きムラつくっちゃったかなーと思ってます。
後日みてみないとわからないし、そこまで気になるものかどうかってのもあるけど。
というか、最初少量でやっててちゃんとコーティングできてるのか不安になってしまいましたw
気にしなくて良かった可能性もあります。






131129k.jpg
比較にマニュアルでシャッター速度とか合わせて撮影してみたんですが、
ぶっちゃけ朝~昼と時間経過で天候も光源も変わってしまうので何の比較にもならない・・・w

一応載せときます。
これは施行前。






131129l.jpg
同じく施行前。






131129m.jpg
施行後。
ボンネットに雲が写ってますが、朝は雲がなかっただけですw
まぁ、このガラスコーティング剤の真価は雨なんかで汚れた後ですね。
水洗いだけでさーっとキレイになるそうなので。
本来は雨だけでキレイになるからピカピカレインって品名みたいですが、
最近は雨水の汚れ自体がバカになりませんからねー。
普段は頑固な汚れをサッと洗って流せる事に意味があります。

それはその時にまたレポートしましょうか。






131129n.jpg
後ろから。
元々キレイだからよーわからんw
このボディカラーもクルマ自体のギラギラと光の反射が程よくて
イマイチ鏡面って感じでもないですからねー。
その分カラーのワリに汚れが目立ちにくい、と期待してるんですけどねw






131129o.jpg
使い込んだスポンジと新品のスポンジ。
ここまで変色しました。
ガラスコーティング剤に色がついてるんだろうか?

ガラスコーティングしてる時、未添付の所はザラザラと引っかかる感じがあって
コーティング剤を塗った所はスルスルと滑るようになるので、それで添付の度合いを確認して
施工してました。

時間は2時間くらいかかりましたかねー。
こまめに塗っては拭いてを繰り返したので、ポリマー系より時間はやはりかかります。
拭き取りで結構ウデが痛くなりましたw






131129p.jpg
コーティング剤を拭きとったクロス。
どうですか、この水弾きw
親水コーティングですが、最初はこんな感じで撥水しちゃうみたいです。
タオルなのに水通さなくなっちゃいました。

実際のクルマのほうは、施行後12時間は水に濡らさないようにってことなので
何も確認できていません。
明日の結露の様子でもみれば何かわかるかな。









131129s.jpg
ということで、追加写真とガラスコーティングのお話でした~ヽ(´ー`)ノ


テーマ : 新車・ニューモデル ジャンル : 車・バイク

タグ : FIT3 新型フィット フィットHV スーパーピカピカレイン ガラスコーティング

21:12  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。