2014年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.10.02 (Thu)

60HI】LEDライト購入~

141002a.jpg
はい、ということで本日は60HI水槽です。

タイトルの通り、照明をLEDライトに変更することにしました。
かなーり悩んだんですけどね。
明るさ自体は全然問題なかったので。
交換目的はコケ抑制が一番。LEDはコケにくいという話を聞いたことがあるので。
実際30HIのほうはLEDに変えてからは本格的なコケに悩まされたことがありません。
変える前は黒ひげとかでそこそこ苦戦したことがありましたね。

球の交換サイクル的にも春まで待つほうが得策だったんですけど、
ロタラがどうしてもコケまくる状況をなんとか打破すべく、思い切って購入してみることにしました。






141002b.jpg
その前にロタラの現状。
はい、コケマミレです。
茶苔・・・なんですかねえ。茶色に染まってます。
コケ取りのエビとか増量すれば解決するんかなあ・・・。






141002c.jpg
はい、では本題。
今回購入したのはこちら。KOTOBUKI FLAT LED 600。
コトブキ工芸の60cm水槽用LEDライトです。

お値段amazonで一本5000円ちょい、それを2つ購入しました。







141002d.jpg
825l,の明るさ、色温度8500k、演色性Ra87と結構高めの数字。
照射角120度のワイド配光に65cmまで対応するスライドリフトスタンド。
消費電力は14Wと、一本のW数は30HIのクリスタルアクアと同等です。








141002e.jpg
中身はこんな感じ。薄型の板のようなライト基部に付けられたLEDチップ。
LEDは白と赤と青。見た目黄色いチップが白で透明なチップが赤と青です。
この赤と青を補完することで演色性を上げているようです。

あとACアダプタは水濡れ厳禁。コンセントはアダプタからケーブルが伸びているので
置き場さえクリアできればなんとかなる感じ。



今日まで使っていたビバライトスリムは4灯の蛍光灯の組み合わせの為性格な色温度は不明ですが、
中白色系2つと水草用ピンク1つ、10000kの青白系1つってことで、ちょっと色温度低めでした。
ではカメラをWB太陽光・ISO1600・F8・シャッター速度1/100に固定して明るさと色味をみていきましょう。
使用カメラはオリンパスのE-M5、使用レンズはキットレンズの12-50mmです。






141002f.jpg
まずこれがビバライトスリム。24Wx4の96W蛍光灯なので明るさは間違いない品物です。





141002g.jpg
これがフラットLED600を1つだけ設置した状態。
さすがに96Wと14Wでは勝負になりません。

が、若干暗めではありますが、水草をやらないなら十分な明るさがあると思いました。
金魚とかなら1つでいいかも。







141002h.jpg
これがフラットLED2灯。かなり明るくなりました。が、まだビバライトスリムには敵いません。
96Wvs28Wですからね。消費電力では4倍近い差があるので当然です。
が、明るさは4倍ほどの差がない点は優秀な感じがします。






141002i.jpg
では最後。
前に買ってビバライトスリムを置いてから撤去していたルシファ パワーLED600を追加した3灯。
これでビバライトスリムに匹敵する明るさになりました。
ルシファは20Wなのであわせて48W、ちょうど半分の消費電力ですね。
消費電力半分で明るさほぼ五分。水草適合波長がどんなもんかはわかりませんが、
W数あたりの明るさだけなら倍近い効率ということになります。






141002j.jpg
上から並んでいるだけでは分かりにくいと思ったので二枚の比較。
左がLED3灯。右がビバライトスリム。
底砂の明るさだけならLEDのほうが上回ってますね。
流木についた気泡もLEDのほうが明るく写ってます。
一方で暗部は蛍光灯のほうがちょっと明るい感じですね。

均一に明るい蛍光灯と陰影が出やすいLEDの特徴が出ています。
が、拡散多灯のおかげでLEDの陰影もかなり弱めになっています。


あと、色味についてですがやはりLEDの光は白っぽいなーというのが正直な感想。
ビバライトスリムとくらべて色みが減ってアッサリした感じになりました。
色温度がかなり上がったので青白く見えるのを除いて、やはり色自体が全体的に薄くなっている感じがあります。
個人的にはこれにシアン~エメラルドグリーンと、赤色の光を追加してやりたい感じ。

レッド・グリーン蛍光体を使った3波長LEDのゼンスイパーフェクトクリアでも乗せるとバランスとれるだろうか。
エメラレルドグリーンを加色しているLEDって少ないんですよね。

赤みはプラント用のピンク系で補完できそうですが、緑は補完できないので緑がアッサリしたままなのは改善せず。
白色LED+赤+エメラルドグリーンチップのLEDライトがあるとシックリくると思います。
いまんとこそんな市販品ないですけど。






141002k.jpg
オマケ。
コトブキフラットLED600には白だけ消して赤と青だけ光らせる事ができます。
まあ・・・あんまり使うこともない機能ですが、赤色と青色がどの程度の強さで水槽を照らしているのかが
これでわかりやすいんじゃないかと思います。結構照らしてますよ。






141002l.jpg
ピンクに染まってますが青色LEDも光っているのでグリーンネオンの青もキレイにひかってます。






141002m.jpg
これは1灯だけ白を消した状態。後部の排水パイプあたりが紫色ついてるのがわかります。
ちょっと引き締まった感じがしてこれはこれで面白いです。






141002n.jpg
水面側から反射するLEDの様子。
こんな感じです。ルシファはだいぶ色温度高い青白いLED使ってますね。
コトブキの赤と青は純色的な赤と青で、こんな感じでちょろっと配置されています。
2/3くらいは白です。






141002o.jpg
サカサジャナイナマズとクラウンローチ。
LEDの色みのおかげか、クラウンローチの色みもかなりアッサリして見えますね。
こっちのが自然的な色合いにも見えますけど。







141002p.jpg
こっち蛍光灯。赤みが強調されてちょっとオレンジが強い感じ。
その代わりヒレの赤さが鮮烈になってていい感じです。





141002q.jpg
これも蛍光灯。
赤みはLEDの弱い部分ですからね。フラットLEDは赤色LEDついてるけど・・・
今回はガタガタやっていたせいでクラウンローチが手前にきてくれなかったので
手前にきたときどう見えるのか不明な感じになっちゃってます。
次回以降チェックいれてみましょう。






141002r.jpg
サカサナマズ。
照明のお題とは関係ないけどキレイにとれたのでw
一番ちっちゃい子です。






141002s.jpg
コケまみれで葉っぱもはげちゃってるロタラ。
蛍光灯だと茶色だったんですがLEDだと黄色っぽい感じに見えます。







141002t.jpg
ミクロラスボラspHanabi。
ヒレの赤みが抑えられてオレンジ色に。というかこれが本来の色なんだろうなあという気も。
色の正確さという点では以前より上なのかもしれない。

しかし、鑑賞目的において正確であることとキレイに見えること、どっちが大事かというと難しい問題。
そもそも蛍光灯で赤く見えたHanabiのヒレがキレイだったかどうかともまた別問題。







141002u.jpg
このあたりは赤色LEDの影響範囲外なのか、よりオレンジがくすんだ感じに。
この事から赤色LEDの影響は確かにあることがわかります。
赤色LED圏外のRaは80くらいだろうか?






141002v.jpg
オマケのヤマトヌマエビ一匹だけですが元気にやってます。
コケ食べてるのかなあ。謎すぎる。エビの増量してみるかなあ。
クラウンローチ一匹だけになったからそうそう食われないと思うし・・・
サカサナマズは小型のエビだと食べちゃうらしいが、ミナミはどうだろう・・・。






141002x.jpg
そんなわけで、急遽ビバライトスリムからコトブキフラットLED600 x2、ルシファパワーLEDホワイトの
3灯だてに変更した60Hi水槽でした。
これでこの水槽のコケ事情が変わるといいなあ。


スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

タグ : 熱帯魚 クラウンローチ フラット LED600 FLAT

18:10  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2014.10.09 (Thu)

写真】141008皆既月食

141009a.jpg
はい、ということで今回は皆既月食。
1時間もの間皆既月食状態が続くってすごいですねー。
残念ながらその大半が雲に覆われてしまってロクに見られませんでしたけど。

とりあえず上は欠けてる最中のお月様。
月食の撮影は二回目ですが、このくらいは余裕で撮影できます。






141009b.jpg
引いてもっと明るくして撮影。
1枚めの写真で真っ暗になっていた部分もちゃんと円があるのがわかります。






141009c.jpg
大分欠けた状態。






141009d.jpg
刻一刻と欠けていく様子は普段では見られない面白い光景ですよね。






141009e.jpg
暗部側に合わせた状態。
この状態の撮影ってのがホント難しい。

二回の月食撮影をやってわかったのですが、
月の移動速度が意外とあるので低速シャッターだとボケちゃうんですよね。
なので、明るい大望遠レンズで、感度上げて撮影するのが正解みたいです。
あとはヘタな一眼レフより高倍率ズームのコンデジのほうがキレイに撮影できるかもしれない。






141009f.jpg
月食状態。
影になりつつも赤く光るってのは面白いですよね。







141009g.jpg
明るく撮影しようとガンバってみましたがやはり移動ボケをしてしまいます。
感度あげるとK-rではノイズが多くキツいです。
ていうか、今回やってみたホットピクセルがすごい多かった。そろそろ限界かなあ。






141009h.jpg
引きで撮影。手前と右の影は家です。
今回はこんな感じで上辺はちょろっと明るかったですね。

後半はこの明るさの位置が移動してたと思うのですが、
その時には雲で覆われて確認できませんでした。






141009i.jpg
一瞬ブラしてしまって二重映りになったけど、これが一番クッキリ撮れたかなあ。
ブラしてしまったのが残念すぎる(´・ω・`)


ということで、皆既月食でした。次は来年の4月4日らしいです。
土曜日でお花見シーズンなのでお花見しながら皆既月食という
なかなかおもしろいシチュエーションになるっぽいですよ。


テーマ : 月の写真 ジャンル : 写真

タグ : 皆既月食

16:22  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2014.10.16 (Thu)

30HI】怪しい雲行き・・・?

141016a.jpg
はい、ということで30HIです。

基本問題が少なくまったり維持できている水槽ですが、
少し雲行きが怪しくなってきました。






141016b.jpg
手前のハイグロspダークブラウンは育ちだして増えてきてる感じです。






141016c.jpg
ロタラ。元気いいやつは元気がいい。
LEDの光もあっていい感じに赤くなってます。






141016d.jpg
こっちは青色LEDがあたってて青くなってますw
でもちょっと外れた所は赤だし、その先もオレンジっぽくていい感じ。






141016h.jpg
ところが、少しだけですがこんな感じに茶色くしなびれた感じになっちゃったロタラが。
そのすぐ近く、裏側にあるロタラはきれいな緑色してるんですけどね。
場所的な問題ではなくこのロタラだけがこうなってるような感じ。
光や水の問題なら他のロタラも同じような症状になるはずなのに・・・
うーん、不明・・・。







141016e.jpg
ハイグロセイロンは地味に成長しつつ形状もいい感じ。
安定してますね。






141016f.jpg
ブリジッタエは元気健在。
上層だけじゃなく中層当たりで泳いでることは相変わらず。






141016g.jpg
写真にはないですが、ゴールデンテトラの残り一匹と黒コリも健在です。
朝のエサタイムには必ず顔を出すのでそこで確認しています。






141016i.jpg
ミナミは姿が見えたり見えなかったり今は見えてます。






141016j.jpg
ちっちゃめな稚エビも確認。







141016k.jpg
卵持ちも発見。
こっちはこのまま安定増殖してほしいですね。






141016l.jpg
ということで、ロタラに少しコケにやられたのが出てきてちょっと注意が必要になった30HI水槽でした。

しばし様子見しつつ現状は維持の方向でいってみます。
エビの死因になる底砂の嫌気層にだけは気をつけないとなー。

テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

タグ : 熱帯魚 ボララス・ブリジッタエ ミナミヌマエビ

17:35  |  30cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2014.10.23 (Thu)

スマホ】au SOL26 Xperia Z3 購入~【レビュー

2014/10/25 10時ごろ 追記有

141023a.jpg
はい、ということで購入しちゃいました、au SOL26 XperiaZ3。
前のHTL21 HTC J Butterflyを購入して22ヶ月、ということでいろいろ悩みましたが
コレに収まりました。

その辺についてはもう1アクションを年明けに起こすのでその時に。

ひとまず今回はこの端末についてのレビューです。


まずはスペックから。
OS:Android 4.4.4(KitKat)
画面:5.2インチ 1920x1080 高色域LEDトリルミナスモバイルディスプレイ
メモリ:3GB
ストレージ:32GB
カメラ:2070万画素 25mm(35mm換算)最高ISO12800
バッテリー:3100mAh
重量:152g

となっています。細かいスペックは他にもいろいろあるけど、ザックリ。
オマケに今まで使っていたHTL21のスペックも。

OS:Android 4.2(初期は4.1)
画面:5.0インチ 1920x1080 SuperLED3 FHDディスプレイ
メモリ:2GB
ストレージ:16GB
カメラ:800万画素 F2.0 33mm相当
バッテリー:2020mAh
重量:140g

となっています。
大きな違いとしてはメモリが2GBから3GBへ、ストレージも16GBから32GBへ。
ちなみにストレージはカタログではよくROMと表記されますが、
ROMってRead Only Memoryの略なので書込みできてる時点でROMって言い方おかしいんですよね。
なので勝手な個人的反逆(?)でROMと呼ばずストレージと呼んでいます。
バッテリーも2020mAhから3100mAhへ。
重量は140から152gということで微増。
まあ、概ねスペックアップしていますが画面の大きさ解像度はほぼ変わらず。
5インチと5.2インチはさすがに誤差に近いです。


では写真を交えて見て行きましょう~




141023b.jpg
内容物。
本体、充電スタンド(充電器はなし)、アンテナケーブル、取説類と至ってシンプル。
左上がスタンド、その右にある小さいのはカバーを付けた時用の経の太いスロットです。
コレのおかげでカバーをつけたままでも充電可能になります。




141023c.jpg
本体。色は黒にしました。そのほうがカバーで色つけても不自然じゃなくなりますからね。
白いカバーにしてもよし、新色のカッパーな色のカバーがあればそれでなんちゃってカッパーも出来ます。

いやー、それにしても薄いですね~。
上下に見える形で電話のマイクとスピーカーがついていますが、
下のマイク口はスピーカーも備えていて動画再生して横画面で見るときは
フロントからステレオで音声が出るようになっています。

結構なスマホが裏にスピーカーがついていて、手で反射させないと音がかなり小さくなってしまったりするので
これはありがたい機能。ちなみにHTL21も裏スピーカー型でした。
最新のTHL23とその前のHTL22はフロントステレオになってますけどね。





141023d.jpg
厚さ比較。
SOL26のほうが薄いです。
丁度HTL21の白黒の境目あたりがSOL26の厚さ。







141023e.jpg
画面起動して初期画面はこんな感じ。
アイコンが大きめに作られてます。
最初からフォルダでGoogleと基本機能が作られています。
下のアイコンはハイレゾ対応なWalkman、アルバム、ムービー、そしてPS4の遠隔操作アプリ。
スマホとPS4のコントローラーを使って家の中や屋外でも自宅のPS4と通信して操作できるっていうアプリです。
ウチはPS4ないから試せないですけどね。
屋外で操作したら遅延はどんなもんあるんでしょうね。
室内はほぼ遅延を感じないレベルというレビューを見ましたね。







141023j.jpg
さっそくNOVALauncherやら何やら入れて前と同じような構成に変更。
シンプルですが自分としては使いやすいのでよしとします。





141023k.jpg
ちなみにこの壁紙、標準のものですが使っているところころ色が変わります。
結構面白いですが、時々真っ赤みたいなキツイ色になることもw







141023f.jpg
液晶比較。
SOL26は高色域トリルミナスモバイルディスプレイということで、発色のよさをアピールしています。
左がSOL26、右がHTL21です。
直撮りじゃかなりわかりにくいですが・・・右のほうがほんのり黄色いです。
紙っぽい、ちょっとだけ黄色の入った白。
SOL26は色温度高め?8000kくらいだろうか。青白いまでは行かないですが、スッキリした色をしています。







141023h.jpg
白の次は純色比較。特に赤ってことでCarWatch。
この画像でも色の違いは出てるけど、ちょっと分かりにくいかな~・・・




141023i.jpg
ってことで、SOL26のメニュー周りだけをTHL21の上にかぶせてみました。
どうでしょう。結構色違うのがわかりますでしょうか。
SOL26の赤に対してHTL21は朱色、という感じで赤の純度に目に見えるレベルで差が出ています。
さすがは高色域LEDのトリルミナスディスプレイ。
通常白色LEDは青色LEDに黄色蛍光体を被せて白にしていますが、
SOL26のLEDは青色LEDに緑と赤の蛍光体を被せて三波長化されています。
その差が出ている、ということですね。

赤だけじゃなく、青も緑もSOL26のほうが純度の高い色が出ています。
HTL21でもそれだけで見ていれば気になるレベルではないんですけどね、SOL26と比べるとさすが。

ちなみにXperiaZ2も同じディスプレイなのですが、auのZL2だけZ1の頃のVAパネルなんですよね。
なのでauのXperiaでこのディスプレイは今回が初です。DocomoはZ2のマイチェン版て感じになりますね。
Z2とZ3のスペック差はかなり小さいですので。Z4は大幅に代わるなんてウワサがすでに出ていますが、
自分としてはコレがあれば当面不満が出ることはないと思われるのでキニシナイでおきます。



●10/25 追記
ディスプレイの明るさはMAXにするとすごく明るいです。
また、明るさの自動調整も当然ありますが、自動調整の中での明るさの変更も可能です。

さらにホワイトバランス(色温度)調整機能も標準で搭載。
設定-ディスプレイ-ホワイトバランスの調整 からできます。
青白いなーと思ったら、手作業で緑と赤を足すことで色温度を下げられます。
緑をちょこっと、赤を真ん中くらいまで足すとかなりナチュラルホワイトに。

数字は基準が0なので、上げすぎて明るくなっちゃったと思ったら自動調整の明るさを下げればOK。
素の性能が高く、調整も細かく出来るのでかなり優秀です。







141023g.jpg
あと、ディスプレイで気になった点。仕様知っていたのでわかってはいたんですけどね。
THL21はバックやホームなんかのキーが画面から独立した静電容量式のボタンになっていました。
今回のSOL26はタブレットみたいな画面内にキーがあるタイプです。
そのため、表示領域が少し占領されえてしまっています。
表示はドルフィンブラウザなのですが、上のアドレスバー固定表示かつ、下にメニューアイコンが並ぶため
SOL26では表示領域が圧迫されてかなりしんどいことになっています。

なので、新しいブラウザ探しました。おかげでいいもの見つかりました。






141023l.jpg
ということで、新しく使うことにしたブラウザ、Habit Browserです。
下側にメニューアイコンが並んでいるという点はDolphin Browserと同じなのですが、
上にURLが表示されない分広く使えるようになっています。
また、下側にお気に入りアイコンが用意されており、ブックマークが片手で開けるというのが
大きなポイント。Dolphin Browserは左端からスワイプで出たのでこちらも使いやすかったのですが、
たいていのブラウザは右上にアイコンがあるため、非常に使いづらいんですよね。

クセで、左片手で使うことが多いので、右上は基本届かないのです。
そのため、左右はしスワイプか下段メニューというのが私にとって必須項目だったりします。
あと、終了ボタンがあるとなお良しで、このHabitにもあります。
ということでこのブラウザを今後のデフォルトとして使っていきます。






141023m.jpg
左右端からスワイプでリングメニューも出てきます。カンペキ。
ちなみにインターフェースのカラーは設定から変更可能。これはデフォルト。
色は選択式で手作りは出来ません。






141023n.jpg
続いてテレビ機能。
SOL26でテレビを見るときはこのようなアンテナケーブルの接続が必要です。
イヤホン端子に指しますが、先端もイヤホンが挿せるようになっています。







141023o.jpg
アンテナの強さで勝手にフルセグとワンセグが切り替わりますが、
室内じゃ余裕のワンセグでした。






141023p.jpg
あと、画面視野角について。
正面からは良好なのですが・・・





141023q.jpg
斜めにすると暗部のコントラストがかなり落ちます。
同じ画像ですがここまで選別難しい感じに。






141023r.jpg
明るい画像の場合はあまり変化なし。
暗い部分だけコントラストが弱くなる模様。
まーそんな傾けてみることもないから実用上の問題はなさそうです。






141023s.jpg
あと、考慮してなかったけど意外と便利そうな機能を発見。
スマート画面回転とスマートバックライトという機能があります。
スマートバックライトは、端末を手に持っているうちは自動消灯しないというもの。
放置した時だけタイマー通りに消灯します。

スマート画面回転は・・・普通、回転をオンにしていると傾ければ上の写真のように
傾きを検出して横向きに画面が変更されます。
普段、例えばベッドで横になって使う時は設定から回転をOFFにして使うのが基本です。
が、このスマート画面回転をオンにしておくと、”傾ける速度”を検出し、
ゆっくり傾けることで・・・





141023t.jpg
このように、傾き機能オンなのに画面が傾かないようにすることが出来るのです。
これすごい便利そう。
傾けたい時はスパッと回転させれば普通に回転します。
デフォルトはOFFになっているので、設定の画面のトコからONにしましょう。







141023u.jpg
こちら、オマケでもらったボールペン。
上はXPERIAのロゴ入り、下はSONYロゴ。







141023v.jpg
キャンペーンでやっている先着25000名へmoraの楽曲最大4200円(一回の支払いでお釣りなし)を
プレゼントというもの。4200円分のポイントでない所が微妙にいやらしいw
なおSOL26のキャンペーンなのでDocomoのZ3では対象外、またオンラインストアも対象外だそうです。






141023w.jpg
細かい所で気づいた点としてはHTL21とくらべてスワイプの追従性が高いですね。
スクロールの時以前よりもしっかり付いてきているのを感じました。
前は多少雑で大雑把にやっていた所が自然とついてくるのであれ、と気になりました。
接点の小さいスタイラスペンにも対応しているということでその辺の性能もいいんでしょうね。


HTL21比でまとめると、画面の発色よくなった、画面がキー分狭くなった(動画は問題なし)、
指の追従性は良くなったっぽい。前の引っ掛かりのようなついてこない感がなくなった。
音がフロントステレオになって音質が安定。Walkman機能としてハイレゾ対応。

あ、Walkman機能は試していません、すみません。ハイレゾは対応のイヤホンを別途購入が必要で、
そちらは購入していません。ただ、高音質化回路があるのでその分の差を聴き比べてみるのも
面白いかもしれません。それはまたいずれということで。というか私の耳じゃ誤差で違いわからないかもw

あとは1.5倍に増えたバッテリーでどれだけ寿命が伸びたのかは今後使ってチェックする次第です。
基本的には使用感は指の追従性の向上くらいであんまり差はないはずです。
が、発色や音質といった所で改善されているところがミソ。
あとはメモリ3GB、ストレージ32GBと余裕のあるスペックというところですね。
電子書籍を詰め込むのにストレージは欠かせないので大事な要素ですw


ということで、au SOL26 XperiaZ3のレビューでした。


テーマ : XPERIA ジャンル : 携帯電話・PHS

タグ : Xperia Z3 HTL21 SOL26 au レビュー

20:33  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2014.10.30 (Thu)

60HI】フラットLED導入その後

141030a.jpg
はい、ということで今週は60HIでーす。






141030b.jpg
水草はっというと・・・うーん・・・残念ながら改善の様相はありません。
コケが酷い所をトリミングして差し戻したのですが、元気がないまま。
新しいのを植えてくると変わるかなあ・・・・一緒かなあ・・・。


ただ、以前よりはコケがつきにくくなりました。これは確実にです。
ガラス面や、石のコケの付き方が大幅に緩和されました。
LEDに変えたことでの効果はアリ。ただ水草自体が元々貧弱だったせいか、
それとも効果がないのか、コケのパワーダウンと同じくらいLEDの影響でロタラがパワーダウンしてるのか、
原因はわかりませんがロタラの成長は改善されず、というところです。

その辺はまた新しいのを植えてみれば選択肢を狭められるのですが、あいにく30HIのロタラも
パワーダウンしているのでどうなるやら・・・。





141030c.jpg
うーん、貧相。茎マックロ。黒いのはコケのせい。
このままじゃダメっぽいです。






141030d.jpg
そしてお魚編。
グリーンネオンは今12かな?一部模様がボロボロなのもいますねえ。







141030e.jpg
アップ。キレイなコはキレイです。







141030f.jpg
hanabi。綺麗に撮れました。
明るさ自体は以前よりも明るくなっているのでシャッター速度は早くなってますね。
前はISO3200固定なくらいでしたが今はISO2000とかになったりもします(ISOオート)。







141030g.jpg
三匹が一度に写った写真。
正面の黄色いラインの発色はいい感じですね~。






141030h.jpg
オトシンネグロ。
このへんが定番スペース。
ヤマトは大きい流木の裏から出てきてくれませんでした。






141030i.jpg
クラウンローチ。
こっちも撮影バッチリです。
キレイに撮れます。
懸念していたヒレの赤色も見ての通り、いい感じ。
前よりはやっぱり赤み弱いですけど、自然な範囲内に収まっています。






141030k.jpg
サカサナマズとも仲良くなっているようで、サカサナマズの一匹が近くについて泳いでいました。
そしてソレにつられて別のサカサナマズが合流。

クラウンローチは最後の一匹になってしまいましたが、サカサナマズと仲良くやっているようです。




141030l.jpg
ということで、水草は相変わらず芳しくないもののコケについては改善がみられた60HI水槽でした。
水草は次の新しいロタラを30HIから移植できるのを待つ段階ですが、30HIのロタラが芳しくなく、
ちょっと時間が掛かりそうな感じです。

改善はよ!


テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

タグ : 熱帯魚 クラウンローチ サカサナマズ

17:29  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。