2016年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2016.04.07 (Thu)

写真】160406/戸田川緑地公園

160407a.jpg
はい、ということでちょっとやることが多い中早朝に時間作って桜撮影いってきました。
今回はクリックすると長辺1280で拡大表示されます。





160407b.jpg

桜は満開、散り始めと一番いいタイミングだったんじゃないでしょうか。
早速雨降っちゃったので、今週末はもう葉っぱが多そうですね。






160407c.jpg
早朝ならではの光の入り方。
桜は昼より朝や夕方のほうがいいと思うのです。






160407d.jpg
こういう、幹や太い枝から直接ちょろっと咲いてる花がなんかいいですよね。






160407e.jpg
これも朝日光源が効いてる写真。
桜の赤みが強調されますね。






160407f.jpg

ちょっと曇ってたタイミングで撮影。
青白くなり、また背景も白身が多いので朝日とはまた違った雰囲気に。






160407g.jpg
これも日陰で、さらに黒い被写体を背景において撮影。
こうすることで桜の白さが引き立ちます。

全面白くするのも、黒背景に白い花をおくのも、どちらもいい感じになります。
黒背景は花を少なめにしたほうが引き立つかな。





160407h.jpg
桜並木。
こちらは西側の為、朝は日陰ぎみ。







160407i.jpg
これもこの時期の定番、ユキヤナギ。
白い沢山の花がいいですねー。






160407j.jpg
ヤマザクラだったかな。色んな種類の桜が数本ずつですが植えられています。
数本ずつだけど種類が多いので結構な量です。






160407k.jpg
日陰の側から日向を向いて撮影してみました。
が、やはり写真&モニタでは光の表現に限界がありますねー。
HDRみたいに強烈な陰影つけられないと生の光加減は表現しきれませんね。






160407l.jpg
逆光気味に。
光で縁取られてるのがいい感じです。






160407m.jpg
野鳥が花の蜜をついばみに来ていました。






160407n.jpg
強烈な青空と太陽に照らされた桜のコントラスト。
昼の桜だと、こういう絵がメインになるかな。






160407o.jpg
並木道の反対側のちょっとしたスペース。







160407p.jpg
これも逆光で撮影したんですが、特に綺麗に撮れました。
光でキラキラしてていい感じです。
植物って順光よりも逆光のほうが綺麗だと思うんですよねー。






160407q.jpg
さらに極端な写真。
なんかこう、露出いじりながら撮影してたらこうなっちゃいましたw
露出結果を見ながら撮影できるE-M10のおかげで撮れた一枚。






160407r.jpg
最後に桜以外も。
戸田川緑地の花壇でもいろいろな花が咲いていました。





160407s.jpg
パンジーと桜と休憩所。
いい感じに被写体を収められました。






160407t.jpg
パンジー畑。実に色とりどりです。






160407u.jpg
名前知らないけど、紫陽花のような小ぶりで明るい色の青い花。






160407v.jpg
ということで、戸田川緑地公園でした~。
ここは立派な桜が沢山植えられているので撮りごたえありますねー。


スポンサーサイト

テーマ : 季節の花たち ジャンル : 写真

タグ : 戸田川緑地

16:33  |  写真  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2016.04.14 (Thu)

PC】VAIO Duo11のSSD交換とWin10アップデート

160414a.jpg

はい、ということでこちらのVAIO Duo11。
オーナーメイドモデルで、SSDを128GBにして使っていたのですが、
そろそろ残容量が厳しくなってきたので交換することにしました。

当時は高かったSSDも、今ではかなりお手頃価格になりましたねえ。





160414b.jpg 
裏面。
パット見スマートなのですが、この裏面に19本のネジがついており、
そのネジで固定されております。
なので、SSDを交換するにはそのネジを外す必要があります。
一般的なノートPCと違って、半タブレットのモバイルPCということもあり、
このモデルではSSD(HDD)の交換は考慮されておりません。

その為、交換したらその場でメーカー保証終了となります。
まあ、このモデルはとっくにメーカー保証なくなってるんだけどね (゚ω゚=)





160414c.jpg 
ということで、ネジがこれだけあります。
全19箇所。
ゴム足の裏とか、拡張バッテリーコネクタの横とか、
うまい具合に隠蔽されています。
一番めんどくさいのはスピーカーネットの裏かな。
両面テープではっついてるだけなので、慎重にペリペリと剥がします。







160414d.jpg 
外したネジは混ざらないように前の位置どおりに並べて作業しました。
ネジの種類は一種類ではないので配慮が必要になります。






160414e.jpg 
全部外してオープン。
あ、カバー部についてるアシストボタンや音量ボタンなんかのための
フラットケーブルが一本刺さっているので注意して下さい。
このケーブル、すごいですねー。
オス側ですが、コネクタらしいコネクタはなく、ケーブルから線をむき出しにして
ソレをそのまま突っ込んでるような感じになってます。
こういう限界に挑む努力の果てに薄型PCは成り立ってるんですねえ。






160414f.jpg 
この、幅広のケーブルの裏にあるのがターゲットのSSD。
まずはこのケーブルを外します。
例によってコネクタらしいコネクタのないフラットケーブル。

あと、手前側。
SSDの上にバッテリーの固定ネジが一本、上にきています。
なので、バッテリーもどかしてやらなきゃいけません。
バッテリーもネジを外していきます。
交換考慮してバッテリーを下にしてくれればいいのに。





160414g.jpg 
バッテリーをどかして漸くアクセスできるようになりました。
SSDのチップは東芝製だったようですね。






160414h.jpg 
反対側にはシリコンシート。






160414i.jpg 
今回交換するのはこちら。
SanDiskの ULTRAII 256GB。
ちなみにこの形状のSSDはmSATAという規格になっています。

このSanDiskのSSDはTLCという、現状で最大記録密度のタイプになるのですが、
TLCの欠点として、寿命が非常に短いということがあります。
この製品はその欠点を解決するために、一部SLCという、一番高寿命で
記録密度の低い方式をキャッシュとして使うことでTLCの書き込み頻度を最小限に押さえて
MCL並の高寿命を実現したモデルとなっています。
ちなみにSLC>MLC>TLC の順番です。




160414j.jpg 
中身はこんな感じ。上がSanDisc。
チップが二枚に増えています。
一方で余剰部分の細かな部品がだいぶ少ないですねー。
時代の進歩によるものなんでしょう。






160414k.jpg 
今回はデータのコピーはせず、クリーンインストールしました。
メディアは購入時にUSBで作っておいたので、そこからのインストールになります。
その為容量はたっぷり。
ここからデータをいろいろ追加して、今半分くらいになっています。

大きなデータの追加は予定していないので、これで当面は大丈夫でしょう。


あと、ついでにWindows10アップデートも行いました。
すっからかんの状態からのWin10アップデートだから何も恐れるものはないですからね。
ただ、問題が少しありました。解決はしました。

まず、アップデート直後ではWin10にアップデート出来ませんでした。
予約みたいなカタチになって、アップデートは翌深夜となりました。
なのでWin10が確認できたのは二日後の朝。マトモに触ったのはその夜。

さらにここで問題発生。ライセンス認証エラーがでて認証が通りませんでした。
原因は、SSDを交換したせいですね。
これでハードウェア構成が変わってしまったため、別ハード扱いを受けてしまったのです。
で、どうしたのかというと、電話認証の方法でマイクロソフトに電話をし、
これもだめで、別の部署(0120-54-2244)へ電話するよう誘導され、
そこで遠隔操作で状態を見ながら新しいライセンスコードを発行してもらい、
無事登録完了しました。
ちなみに担当者と繋がるまで1時間くらいかかりました。
フリーダイヤルなのでスピーカーモードにして放置して他事しながら繋がるのを待ちました。

VAIO DuoのWin10化自体は一切問題なく、内蔵機器のドライバも問題なく動作しています。
閉じるボタンなんかがWin10だとWin8.1比で縦に大型化されて押しやすくなってますので
タッチパネル操作としてはWin10のほうが使いやすですねー。
あと、ウインドウの左右と下の縁がなくなっているので、微妙に画面が広くなってます。
正直使い勝手に影響する部分ではないですけどね。

右端からスワイプでコントールパネル等のメニューが出てこない等、
OS違いによるインターフェース違いや、自動で隠れるようにしてある
下のタスクバーを引っ張りだす方法がカーソルを下につける、から
下端から上へスワイプする、に変わっている等、慣れの問題部分があります。
この辺はそのうちなれるでしょう。

ということで、VAIO Duo11の近代化改修でしたw


タグ : SSD交換 Windows10

14:32  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2016.04.28 (Thu)

セルフエアコンクリーニング

160428a.jpg
先週ちょっと忙しくてBlog更新できませんでした、すみません。

ということで、先週やっていた作業の1つ。
エアコンを以前クリーニングをお願いして3年経って、再び埃臭さが気になるようになったんですが、
この時期はエアコンなくても快適ですからねー。クリーニングするなら今しかないです。
そしてこの時期はエアコンクリーニングの業者さんもかきいれ時で予約が難しいのです。
そして今年は車の車検等もありお金に余裕がないので自前でクリーニングしてみる事にしました。

用意したのはこちら。
放熱フィン用のエアコン内部クリーナーシュ!シュ!と、
ブロワーファン洗浄用の2本一組、くうきれいです。




160428b.jpg 
クリーニング前のファンの様子。
見事に埃まみれです。
ハルの抜け毛もみられますねえ。





160428c.jpg 
くうきれい付属の保護シートを装着。
両面テープでガッツリ貼り付けるタイプになっています。
プロの掃除屋さんが使うものと違い、ビニール内に汚水を受け止めるようになっています。
あのスプレー缶で完結させる構造ですからそれで十分ですよね。
・・・完結できれば。





160428d.jpg 
まずはくうきれいのムースをブロワーファンに吹き付けます。
そうすると、もこもこと泡がどんどん発泡していきます。
ブロワーファンを割り箸で回転させながらまんべんなく塗りつけていきます。





160428e.jpg 
40分ほど放置。
そうすると汚れが混ざって泡も消え、どろどろと垂れてきます。
そしてその40分の間にフィンのほうへシュ!シュ!を吹き付けます。
あっちはもう、吹き付けるだけなので特にこれといった要素なし。
スプレーされた液体はドレンを伝って排出されるとのこと。
まあ最悪排出されきらなくても送風口から出てくるから問題なし、と。






160428f.jpg 
あとはリンスをスプレーして残った泡を洗い流してやります。
うーん、真っ黒。

ところが、ここで問題発生。
リンス・・・全然足りてません。
泡残りまくりです。

これはいかん、ということで別途スプレーを用意して放水。
ペットボトルに取り付けてポンプで内部を加圧、トリガーを押すと内部の圧力が
なくなるまで勢い良く水が出続ける、高圧洗浄機のオモチャ版みたいなスプレーを使いました。
んでまあ、落ちるわ落ちるわ。次から次へと真っ黒い水と、埃の塊が。

止まるまでやり続けた結果、この標準のシートでは水が溜まりすぎて
いつ剥がれ落ちるかわからない状況に。
さすがに怖いので、バケツに組みだしていきました。





160428g.jpg 
うーん、真っ黒。
結果、二時間くらい水を汲みに行ってスプレーして、汚水組だしてを繰り返して
ようやく終了。
本格的な洗浄機があればもっと速く終わったんだろうなあ。
あとで軽く調べてみたところ、ケルヒャーのような高圧洗浄機は圧力が強すぎるため、
農作業向けの噴霧器がちょうどいいということです。5000円くらいでいいものありそう。

今回は1Lのペットボトルを使ってたんですが、持ち上げ続け、トリガーを押し続け、
何度も水汲みに往復して、と相当な労力となりました。

終わったら数時間送風させて乾燥させます。





160428h.jpg 
仕上がり。
んー・・・ちょこっとだけ、埃のカスみたいなのがついてる・・・?
でもまあ、大体は綺麗サッパリしたんでOKでしょう。
苦労した甲斐があったというものです。
実際に稼働させても掃除前にあった埃臭さは消えました。
少なくとも今シーズンくらいは快適に使えるでしょう。

もしまた臭くなってきたら次回は噴霧器を買って洗浄しようと思います。
放熱フィンのほうはスプレーがまだ残っているのでまた汚れてきたらスプレーしてやります。




160428i.jpg 
ということで、セルフエアコンクリーニングでした~。





タグ : エアコンクリーニング

15:33  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。