2016年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2016.10.10 (Mon)

スマホ】ASUS Zenfone3購入~

ちょっと時間ないので写真はまた。

ということで、今話題(?)のSimフリースマホ、Zenfone3を買いましたー。
日本版の価格が39800円+税ということで、海外輸入の方が安いともっぱら評判。

ただ、技適マークがないとか、サポートが問題とかいろいろあるので、
自分は大人しく国内版を買いました。ASUSのサポートが残念なのも有名なので
何かあったら購入店に持ち込めばOKってのは大きい。


自分のスマホといえば前はSonyのXperiaZ3のau版を購入し、3年は使うぞーと
意気込んでいたんですが・・・壊れてくれまして。

調べてみると、Xperiaの持病みたいなんですよね。
電池が長時間の使用で膨らんでくると、内部からタッチパネルに干渉するようで
タッチが反応しなくなってくるんです。

たしかに壊れるちょっと前から反応が悪いなあと思う事はありました。
ただ、反応はいていたので気にしなかったんですよね。
で、ある時完全に中央から真下のホームキーにかかるまでタッチが機能しなくなり。

これじゃ使えないってことで急遽昔のHTC J HTL21に戻して
電池1日しかもたないわー、動作悪いわーと我慢しながら次の機種の物色。
そんな時に発表されたのがZenfone3。

最新のミドルSoC Snapdragon625、メモリ3GB、そして二つのSimの運用可能。
あ、これいいわ。となって。

なんとか日本版発表まで待ち続けて買いました

XperiaZ3からの引き継ぎ関係は、OTGケーブル経由でマウスを繋いで操作しました。
幸いタッチパネルだけですからね、問題は。マウス経由で操作は可能でした。


大体のスペック
SoC(CPU):Snapdragon 625
Mem(RAM):3GB
ROM(ストレージ):32GB
SD:最大128GB(ただしSim2スロットと排他)
バッテリー:2650mAh

モニタ:5.2インチ 1920x1080 IPS液晶
カメラ:1.6M画素 Sony製センサー 35mm換算23mm、F2.0
 3軸光学式手振れ補正、ASUS第二世代レーザーオートフォーカス

他:ハイレゾオーディオ対応、5マグネットモノラルスピーカー、背面指紋認証
DSDS(Dual Sim Dual Standby)対応、auVolte対応、USB2.0 TypeCコネクタ

こんな感じ。
一言でいうなら「必要十分なスペックでお値打ちなスマホ」、です。
ライバルは楽天モバイルのみで売られているファーウェイのHonor8ですか。
液晶の画質ならあっちが上。メモリ4GBでバッテリーも3000mAh。
カメラが1.2MのデュアルカメラでDSDSなし。
あっちは今だけSim契約とセットで35000円くらいらしいです。税込で4万弱かな。


さて、数日使っての使用感ですが、とりわけ快適です。
カバーがないと手から滑り落ちそうで怖いかなーってくらい。
レイアウト製のハード+TPUハイブリッドケースにストラップをつけました。
ストラップがあると手から滑り落ちても安心。
Z3でも、これで落下を免れた事が1~2回ですがありました。

特筆すべきは画面の滑りの良さですね。
何か塗ってるのかって感じでひっかかりがなくつるつる滑ります。
おかげで操作が快適。
あ、保護フィルムは貼ってません。2.5Dガラスパネルで貼りにくく、
HTC Jも貼らずに使い倒して今も問題ないですから、ゴリラガラス3らしい
Zenfone3のガラスなら荒い使い方をしなければ大丈夫でしょう。
フリップケースは好みじゃないので使ってません。
タブレットはフリップにしてますけどね。

現在充電から外して37時間ほど、通勤時のWEB&電子書籍と
休憩時間にゲームを累計40分程遊んだ感じですが、バッテリー残量55%と十分。
この減り具合はXperiaZ3より若干多いかな、というくらいで、二日まるまる持つ、
といえる減り具合です。Z3と違ってDSDS運用しているので、電池容量の少なさを
SoCの省電力で覆してる格好ですね。

あと、某所で液晶の発色が悪いとか言われてますが、Xperiaよりは確かに劣りますが、
4年前のHTC J HTL21よりは発色がいいです。
つまり問題なく使えるレベルで、それなりに色にこだわりがある自分でも不満もありません。
ただし、現状情報が少なく、もしかすると複数のパネルメーカー調達がされており、
発色の違う当たりハズレが存在する可能性があります。
自分の端末の発色は特に問題なく綺麗な範疇だった、としておきます。

ゲームの動作も快適、そこそこ長く動かしていてもZ3のように高発熱することもなし。
非常に安定動作しています。ちなみにゲームはPSO2esです。


一言でいえば買って後悔はない機種です。もしご購入の際は
技適マーク無しによる問題やトラブル対応等を自己責任として目をつぶれるなら海外輸入、
そうでないなら高くても大人しく国内版を家電量販店で買いましょう。
あ、国内版でもポケモンGOは一部フォントが中国フォント化するそうですよ。
多分端末が台湾製として扱われてポケモンGO側でそっちのフォントを適応しているせいでしょう。
ハードではなくグローバル端末に対するソフトウェア側の問題っぽいです。


スポンサーサイト

タグ : Zenfone3

15:02  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。