2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.06.18 (Thu)

60HI】環境改善成功?

150618a.jpg
前回水草と魚、エビを一挙に投入して二週間が経ちました。

最悪この二週間で水草が溶けることも考えたのですが・・・
思いのほかうまく行っています!






150618b.jpg
ルドウィジア ブレビペス。
オレンジ色の水中葉が伸びてきました。
色づきもいい感じです。






150618c.jpg
ハイグロポリスペルマ。
色づきはまだですが、こっちも水中葉が伸びてきています。






150618d.jpg
ポリゴナムspピンク
こっちも順調に水中葉が伸びてきています。
水中葉がピンク色なのでわかりやすいw

葉っぱに虫食いがあるのですが・・・ミナミか、グリーンネオンのしわざですかね。






150618e.jpg
最後にロタラ・ロトンディフォリア。
こっちも色は緑ですが水中葉が伸びてきています。
溶けそうな気配は微塵もなし!




150618f.jpg
いきなり底を這いまわってます。
光が十分な強さを持っているという証拠ですね。
ウチの水槽の照明はコトブキのフラットLED600を2つとルシファーのパワーホワイトです。


ということで、水草はどれも元気に成長しています。
ヘタしたら調子が落ちてる30HIよりも今はこっちのほうが調子いいかもしれません。
予想以上の進捗の良さにびっくりしています。

この進捗の良さを導き出しているのは、まずは直前に大量の水換えを行って
水分中のコケ分とその元となる栄養素を大幅に削ったこと、あとは同時に大量投入したミナミヌマエビの
おかげに寄るものと見て間違いないでしょう。





150618g.jpg
その証拠がこれ。流木。
毎週コケまみれで日干ししてコケ退治していたのですが、この二週間、日干しもいらないきれいな状態をキープ。
というかコケ退治後とくらべてもキレイでまるで新品流木みたいに。

流木をキレイにしてくれたのはいうまでもなくミナミヌマエビ。
ついでにシャワーパイプもキレイになりましたw
ミナミのコケ取り能力、わかってはいたもののやはり侮りがたし。

とはいえやはりカンペキではないようで、壁面にコケがついてたりはしました。
あとは水の色をよっく観察して水換えの量を考えていきます。






150618h.jpg
さって生き物編。

ニューゴールデンホワイトネオンとミナミヌマエビ(抱卵)
ミナミヌマエビはやはり投入時より減ってる感じ。
でも死体はすぐナマズかローチが食べちゃうのか見当たらず。
ただ結構な数が生き残って今も元気にやっています。






150618i.jpg
グリーンネオンも水草が増えたおかげか結構あっちこっち泳ぎまわるように。






150618j.jpg
チェリーレッドシュリンプは最低3匹は生存しているのを確認しています。







150618k.jpg
その中でも最もキレイに赤くなっているコがこのコですねえ。
水槽の中央付近によくいます。1枚めの写真でもその姿が確認できますw






150618l.jpg
オトシンネグロもハイプまわりだけじゃなくてこういう所でも見かけるように。





150618m.jpg
サカサナマズも水草の下に出張中。
というかなんか新芽?が出てきてますね。
しかし、モノが増えたおかげで底物の撮影が大変になりそうですw






150618n.jpg
クラウンローチ。手前に出てくるまで粘ってなんとか撮影。
ワリとでてきてくれるコだけど、こうもモノが多いとシャッターチャンスが難しいw



それにしても、水槽の華々しさがすごいです。先月までの殺風景から一新。
というか60HIは殺風景がデフォなところありましたからねえ。
こんだけ賑やかになったのはホント久しぶりです。
これからもこういう水槽であり続けられるように管理ガンバります。

で、先週水槽掃除してて気づいたんですが・・・エビのフンが凄いんですよ。
そこら中に堆積しています。
でも、エビのフンという固形物になっているお陰で水が淀みにくくなっているような気がします。
前までは水全体が濁っていたのが、エビのフンという固形物化することで、
水質自体はクリアな状態を保てている、と。
掃除もエビのフンを重点的に吸い上げれば水自体が汚れていないので
これで綺麗さっぱりになる、と。
もちろん水がまったく汚れていないなんてことはないので掃除は必要ですが、
汚れる速度がエビのおかげで落ちるというのなら、60HIの水質維持におけるエビの重要度が
極めて高いと認識しておく必要がありそうです。

エビとの共存を念頭において水質維持を頑張っていこうと思います。





150618o.jpg
ということで、一気に華やかさが増した60HIでした。
あとはこの水槽のキープ、ガンバるぞ~!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 ジャンル : ペット

タグ : 熱帯魚 ミナミヌマエビ クラウンローチ チェリーレッドシュリンプ

16:17  |  60cm水槽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://temix.blog74.fc2.com/tb.php/603-8da07e65

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。