2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.07.02 (Thu)

デジカメ】eyefi mobiカード

150702a.jpg
eyefi、というものをご存知でしょうか。

これは対応したデジカメ(昨今のものはほぼ対応してます)にこのカードを挿すことで、
このカードに搭載されたWifiの電波を使ってスマホやパソコンにデータを送ることが出来る、というものです。
今回、ウチで契約してるフレッツ光の会員ポイントでこのカードと交換しました。

eyefiは低価格なmobi(Mobile用)と高価格なProがあり、Proになるとアドホック通信にも対応します。
こちらはアドホックに対応していません。
何が変わるのかというと、eyefiに接続中はインターネットルーターとの接続が解除されます。
なので、大量のデータ通信をしていると結構な時間がかかるのですが
暇つぶしにインターネットをみるとかができなくなります。
その場合はスマホや他のPCをご利用下さい、とそんな感じです。

あとRAW転送もProのみ対応してます。

普通のSDカードとしても使えるので、遠出して何百枚も撮影した場合は
有線でやったほうが速度も早くていいかもしれないですね。
やっぱり無線なので通信速度は遅めです。





150702b.jpg
さて、内容物はこちらの2つ。
一つは本体となるSDカード。もう一つは認証用のコードが書かれたカードとなっています。






150702c.jpg
まずは公式サイトなんかから専用のソフトをDLします。
スマホは各ストア経由でDL可能です。






150702d.jpg
ここでカードに書かれた認証コードを入力します。
そうすると、PCがそのコードのeyefiを検索し、見つけたら接続する、という仕組みです。
なので、近隣にeyefiを使っている人がいても認証コードが通っていないので接続されることはありません。






150702e.jpg
認証後は専用のソフトウェアが起動し、またデジカメ内に未転送のデータがある場合、
自動的に転送が開始されます。

このWindows用のソフトウェアは自動的にスタートアップで起動しているので、
毎回勝手に通信されるのが困る、という場合はmsconfigのスタートアップからソフト起動のチェックを外しましょう。
詳しくはWEBで「eye-fi 自動的に起動させない」で検索してみてください。





150702f.jpg
こんな感じで転送中の画像がサルネイム表示されます。



Wifi環境が必要で、mobiの場合はルーター経由での接続もできません。(Proは出来るらしいです)
なので、Wifiのない自作PCなんかの場合は別途1000円前後で売られているUSBのWifi子機を買うと使えます。
毎回カードの出し入れをしたり、USBを挿すためにカバーを開けたり閉じたり、端子の抜き差しをしていると
そこから故障することもあるので無線でどこもいじらず転送できるのは商品の耐久問題でも嬉しい機能です。

これからはこんな感じで熱帯魚写真はカンタンに転送できるので楽になりそうです。




 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : SDメモリーカード ジャンル : コンピュータ

タグ : eyefi

15:43  |  PC・デジカメ・家電  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://temix.blog74.fc2.com/tb.php/605-9304829e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。