2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.10.08 (Thu)

うさ】ケージと棚一新

151008a.jpg
え~・・・年始には予定していた計画をようやく実行に移すことになりました。

長かった。
まぁ、あれやこれやといろいろ考えた結果なんですけどね。
これが買いたい直前のケージと、その周りの棚の様子。


まず、この棚とケージの歴史を振り返ってみましょう。

まずここにあったのは本棚に使われていたカラーボックスが2つ。
ホントはもう一つ、高さ二倍のカラーボックスもありましたが、
最初にリチャードソンジリスを飼う時に撤去、上の写真で使われているカラーボックス2つの上に
パイン材の板を起き、その上にフェレット用のケージを置いてそこで二匹のリチャードソンジリスを飼いました。


最初はそれでよかったのですが、時が経つと発情期に入るようになり、次第にケンカが増えるように。
最初の発情期はケンカしつつもやりすごしたものの、このままではいけない、と
カラーボックスの片方をツブし、そこに自作のアクリルケージを1つ、縦長置きにして
このスペースにケージを2つ置くことにしました。


ところが、下のケージの住人となったリチャのネムが病気で2年弱で死んでしまい、
ケージが空白に。
日をおいてそこへ新たにホーランドロップのハルが入居。
ウサに完全アクリルケージは適さないということで、右面と正面を金網へ交換しました。
正面は上段のフェレットケージの内側をアクリル板で覆う際に採寸を誤ったせいで
取り付けられなくなった一面のものを使用。
右側はホームセンターで購入して、結束バンドで固定。


足場はバーベキュー網を飼育開始当初使っていましたがハルが大きくなるにつれて
重みでフレームが耐え切れなくなった為、ステンレス網を製造している会社に個人受注で
特注サイズの金網を作ってもらいました。

ところが、金網が硬かったせいでハルの足の裏にホアソック(足の裏が擦れて血が滲んでしまう症状)が発生。
一応そういう可能性があるということは考慮していた為、すぐにプラスチックすのこを金網に貼り付けて
ホアソック保護。

しかしこのプラすのこにも問題が発生。
プラすのこの穴と、金網の網の目の間隔が異なっているために
一部非常に細い穴が開くようなカタチになってしまい、そこに爪が挟まって、折れてしまうという
問題が発生しました。

これではいけない、と新たに平板ではなく、コを立てたような、高さのあるプラすのこを購入。
これにより爪がプラすのこと金網の間に挟まってしまう問題は解決。
ところが・・・というかこれは最初からわかっていた問題なのですが、その場合
金網とプラすのこの高さの隙間に落ちそびれたフンや抜け毛、牧草のカスなんかが溜まってしまうのです。


とまあ、あれやこれやとやってきたのですが、結論最大の難所は「足場」だったワケですね。
自作ケージ=市販品に存在しないサイズ。
これがいろいろと問題を呼ぶことになったワケです。
リチャの時は金網でなく、トレイで済んだので問題はなかったんですが、
フンが落ちる構造が必要なウサギには自作ケージは適さなかった、ということです。
毎日フンの掃除をするなら自作でもいいかもしれませんが・・・相当に大変ですよ?


そこで今回改めて出した対策が、この際ちゃんとしたうさぎ用ケージを買おう、というワケです。
で、物色した結果、今のケージと同等以上なサイズの市販ケージもあることがわかり、
あとはそれを置く環境をどうしよう、という事になりました。

今の特注のカラーボックスベースの改造棚では収まらないことが確定していましたからね。
最初に考えたのはカラーボックス改造の時に使ったパイン材を用いたDIY棚でした。
重量を縦に支える構造さえきちんとできれば重量やサイズによる苦労を無視すれば
カンタンに作れると踏んでいたんですが・・・
そのために必要な材料費を見積もってみたら3万オーバーということで、
これはちょっと貯金が必要だなあ・・・としばらくこの計画は凍結することになりました。

が、いろいろ物色してた所ふと気づいたのが・・・ルミナスでお馴染みメタルラックです。
寸法図って確認してみたら・・・なんと5500円ほどでいいサイズのラックがあるじゃないですか。

ただ、棚として使うためにいろいろと追加オプションが必要で、あとは物好きでさらに追加オプションも買い・・・
結果としてメタルラック関連で2万円、ケージで1万円の累計3万円となりました。
まあ・・・当初棚だけで3万+組み立て労働の予定だったのでこれは大助かりですわ。


問題は今の棚の解体作業なので、以前改造棚作る時にも手伝ってくれた友人に応援を頼んで
決行したのが先日10月7日。
無事に作業が完了しました~。




151008b.jpg
ドーン・・・と、いうにはホントスッキリしましたw

今回、ケージは最下段に移動。
一般の横長ケージになりました。
モノはマルカン クリアケージMになります。
サイズは82×56.5×60.5cmということで、以前のケージより幅も奥行きも増えてます。(縦横入れ替え計算して)

その上にコルクシートを敷いてゴミを落ちないようにしたうえで牧草コンテナとその他もろもろが入ってるカゴ。
ただ・・・牧草コンテナは最上段にして、この位置にトイレ砂置くかも。重量の関係で。
その上は・・・最近置き場に困っていたガンプラスペースとなっていますw
写ってませんが最上段にはキャリー等。






151008c.jpg
横長になったことで、以前はトイレのすぐとなりにペレット入れがあったのが、かなり距離がとれました。
これの何が良いって、入り口がちゃんと入り口らしくなったことですよw
前は入口の前をペレット入れとかが塞いでましたからねえ。
そして最下段に移動したことで、うさが自力で出られるようになりました。
その分出たら困るときは扉を締めてフタしなきゃになりますけどね。
出てもいい時は自由に出られるようになるので是非自由に闊歩してもらいたいですね。

ただ、今のところ出てくる様子がないです。というかこのままでは出づらいっぽいですね。
微妙に入り口のゲートが高く、またゲートの下辺から地面の高さがあるんですよ。
そのせいで結構たいへんみたいです。なので本日早速SANKOのウッドステップを購入。
届いたら使ってみます。

あと、トイレも新しいものになりました。
カワイのメラミントイレットになります。
こちらはメラミン樹脂を採用しており、通常のプラ製トイレよりも強度が高く、かじられても安心、との事。
実際触ってみるとプラと陶器の中間のような、なんともシッカリした手応えを感じます。
あと、四角型なのもポイント。
以前の三角形トイレはハルにはギリギリの大きさで、三角形のせいでカドに手がきちんと置けずに
なんとももどかしそうな感じでした。
今回のトイレは四角で十分な大きさがあり、余裕を持ってトイレに座れます。

商品的には磁石で固定、とありますが、底面磁石となっていて
プラすのこのこのケージには機能しませんでした。
他に引っ掛けパーツもなくてどうしようかと悩んだ所、
外回りのメタルラックのこの字バーにゴムひものフックを引っ掛けることで固定に成功。
なかなか強固に押さえつけてくれています。


また、クリアケージMにはケージ内に設置するロフトがついてきたのですが、
ネットで検索するとロフトから落下して骨を折ったり、背骨を折ってそのまま死んでしまったなんていう
事例がいくつもでてきて、ウサギのケージにロフトを使うことの危険性を提唱しているページがいくつかありました。
うさぎは前足が短く後ろ足が長い為、坂道の登り降りはまだしも、こういう直角の登り降りには適さない、
というのがそもそもの原因と、あとは本来の骨の弱さですね。
ロフトで寝て落っこちて骨を~というケースもあるそうです。
あとは着地時に前足を折ったり。とまあ、そんなわけでロフトは今回最初からナシにしました。
ウサギ自体はロフトを設置すると気にいることが多いようですが、それが命がけとなると、ちょっとね。
一方でこの話は公園から遊具が危険だからと撤去されている風景にも似ているなあ、と思ったりも。






151008d.jpg
とまあ、そういうわけで新ケージに引越し完了。
さすがに引っ越したばかりの時は新しいケージにおっかなビックリでそこら中の匂いを嗅いで回ったりと
落ち着きがありませんでしたが一日経った今日はもうすっかり通常モードに移行しています。
ウチに来た時も一日で落ち着いたっけなあ。結構マイペースな性格なようです。

あと、左にちらっと写ってるのは新しい本棚、アイリスオーヤマの収納カート75x20サイズのものになります。
厚さ20cmとコミックス収納にいいサイズで、キャスター付きなので、
このように隙間に設置して本を出す時に引き出しす事ができます。
ただ、1つ買ってから気づいた問題があって、コミックスってサイズがいくつかあるんですよね。
ジャンプやマガジンといった週刊誌マンガのコミックスの新書サイズ、
主に青年誌で使われるB6サイズ、そしてジャンプの完全版等のA5サイズ。

この棚は正直A5サイズはキツイです。
また、B6サイズの場合、その高さで棚を2つ作ると残りの1つは新書サイズも入りません。
文庫サイズなら入ります。
私は最上段は寝かせて新書サイズを置くカタチにしました。
あと3cm高さがあればなあ( ´ω`)
新書サイズ2段+B6サイズ1段が一番効率のいいサイズじゃないでしょうか。

キャスターは4隅にプラスして中央にもあるので底抜けや変形の心配はありません。




ということで、うさケージようやく一新しました~というお話でしたヽ(´ー`)ノ







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ ジャンル : ペット

タグ : ホーランドロップ クリアケージM メラミントイレット

17:20  |  リチャ・ウサギ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://temix.blog74.fc2.com/tb.php/620-8f82a1e3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。